カラーコーディネーター

カラーコーディネーターの副業について!メリットデメリット、取得しておいた方が良い資格などを紹介!

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket
カラーコーディネーター

家やお部屋、商品のパッケージデザイン・広告デザインなど多種多様な業種での活躍が期待される「カラーコーディネーター」。

実は、カラーコディネーターは副業でもできるって知っていましたか?

今回は、カラーコーディネーターの副業が人気な理由や資格の有無・収入の相場・メリットやデメリットについて解説していきますね。

色彩感覚を使った副業をしたいという方は、必見です。

 

カラーコーディネーターとは

副業について語る前に、まずはカラーコディネーターとはどんな仕事なのかについて詳しく解説していきますね。

 

カラーコディネーターとは、「色の効果や特性を活かして様々なビジネスに役立てるお仕事」のことを指します。

具体的には、広告やチラシのデザイン・インテリア・服のコーディネート・本の装丁など様々な場面で活躍していることが多いです。

 

あなたは普段、商品を購入する時にどこをチェックしていますか?

値段や使いやすさだけでなく、無意識に色にも注目しているのではないでしょうか。

 

色は、私達の視覚から心理的な効果を与えやすいという特徴があるため、それらの特徴を活かし「いかにニーズにあったカラーの商品を販売すればいいか」を考えるのがカラーコーディネーターの仕事なのです。

 

カラーコーディネーターの副業が人気な理由

では、カラーコーディネーターの副業が人気な理由とは具体的には何なのでしょうか?

詳しく解説していきたいと思います。

 

在宅で副業することが可能

在宅

カラーコーディネーターの副業が人気な理由としては、在宅での副業が可能な部分が大きいです。

カラーコディネーター単体のお仕事自体は、非常に少ないです。

ですが、これまで培ってきた実務経験を元にアドバイザーとして独立する・ココナラなどのスキル販売サイトで、カラーコディネーターとしてのノウハウを売るなど、うまく利用して在宅で副収入を得ることはできます。

 

在宅ワークは、子育てや家事で忙しい主婦や仕事が忙しくてなかなか外で働けない会社員の人にもピッタリです。

 

「家で仕事をしながらお金を稼ぎたい」

「自分がこれまで得てきたスキルを販売したい」

 

こんな人にオススメといえるでしょう。

 

インテリアやデザインに関わるお仕事

カラーコーディネーターは、色のスペシャリストとも言えるお仕事。

顧客のニーズに合わせた色を考えられるため、インテリア・デザイン・建築・出版・ファッション・イラストレーションといった業界でも活躍することができます。

 

「子どもの頃から、デザイン系のお仕事に興味があった」

「自分のスキルを活かせる」

 

このような理由から、カラーコーディネーターが副業として人気であると考えられます。

 

カラーコーディネーターの副業で取得しておいた方が良い資格とは?

デザイン関係・服飾・インテリア系の仕事を副業で請け負いたい場合は、カラーコーディネーターの資格は取得しておいたほうがいいです。

 

カラーコーディネーターの資格単体で取りたい場合は、東京商工会議所が主催している「カラーコーディネーター検定試験」で受験するのがオススメです。

カラーコーディネーター以外で色に関係する仕事を取得したい場合は、公益社団法人色彩検定協会主催の「色彩検定」の受験も検討してみるのもいいでしょう。

 

【東京商工会議所主催「カラーコーディネーター検定試験」概要】

受験資格特になし
受験料スタンダード…5,500円

アドバンス…7,700円

試験開催日年2回

第48回…2020年6月7日

第49回…2020年11月29日

必要なもの受験票

筆記用具

身分証明書

受験エリア全国

受験エリア | 受験案内 | カラーコーディネーター検定試験®

※新型コロナウイルス感染拡大に伴い、第48回試験の申込登録期間が変更されたことにより、一時的に申込受付が停止しています。

受付の再開は4月7日10時から予定されています。

詳細は、東京商工会議所の公式サイトをチェックしてください。

参照元:カラーコーディネーター検定試験®

 

【公益社団法人色彩検定協会主催の「色彩検定」の概要】

3級

2級

1級

UC級

受験料3級…7,000円

2級…10,000円

1級…15,000円

UC級…6,000円

受験資格どの級も制限なし
合格ラインどの級も満点の70%前後
実地日3級・2級・UC級

…6月・11月

 

1級…1次試験は11月・2次試験は12月

受験エリア全国
試験時間3級…70分

2級…80分

1級…1次・2次ともに90分

UC級…60分

受検案内 合格への道|色彩検定協会/カラーコーディネーター

 

資格単体が仕事で絶対に役に立つというわけではありませんが、学んだ知識を活かすことはできます。

副業で安定して収入を得たい・未経験だけど色に関する知識を得たい場合は、上記の資格を取得してみてはいかがでしょうか?

 

カラーコーディネーターの副業のメリット、デメリット

では、カラーコーディネーターを副業で行うメリット・デメリットとは具体的にはどういったものなのでしょうか?

下記で詳しく解説していきますね。

 

メリット:デザインやアパレルなど幅広い分野で活躍することができる

この副業の最大のメリットは、デザインやアパレルなど幅広い分野で活躍することができるところです。

ニーズに合わせたカラー設定やデザインを行うので、クリエイティブ関係の仕事についていて、そのときの経験を活かしたい人にとってはまさに天職といえるでしょう。

 

また、資格や経験を様々な形で活かして副収入を得られるのもポイントです。

 

  • ヘアメイクやファッションのカラーアドバイス
  • パーソナルカラー診断アドバイザーとして活躍する
  • 顧客が要望する色合いを元にイラストを書く
  • ブログで自身の経験を書いて稼ぐ

など…。

 

様々な稼ぎ方ができるため、一つの型に縛られずに副業を行いたい人にオススメといえるでしょう。

 

デメリット:カラーコーディネーター単体の案件は少ない

一方、カラーコーディネーター単体の案件が非常に少ないのがデメリットです。

カラーコーディネーターは、あくまでデザイン関連の仕事を行うためのサブ資格として扱われることがほとんど。

そのため、デザインなどクリエイティブな業界とは無縁な場合は案件の獲得自体が非常に難しいです。

 

また、副業で収入を得ていくためには実績も必要になってきます。

資格だけ取得をして、未経験で副業を始めても最初のうちは実績がないのでなかなか収入を得づらいのが特徴です。

 

そのため「クラウドワークス」や「ランサーズ」といった大手のクラウドソーシングサイトを使い、簡単な案件をこなして徐々に実績を積んでいくのがオススメです。

案件によっては、有資格者のみ応募可能なものもありますので、定期的にチェックしておきましょう。

 

カラーコーディネーターの副業の相場収入とは

では、カラーコーディネーターの副業では、どれくらいの収入が得られるのでしょうか?

案件や職種によって異なってきますが、だいたい1案件数千円~1万円程度が相場となっています。

最初のうちは、ほんの数百円しか稼げないかもしれませんが、徐々に実績を積み上げていけば月に数十万円稼ぐことも夢ではありません。

 

まとめ

今回は、カラーコーディネーターの副業について解説していきました。

資格単体で稼げる・仕事があるというわけではありませんが、実務で培ってきた経験を元に副業をしたりアドバイザーとして活躍するなど使い方次第で副収入を得ることは可能です。

まずは小さな案件からチャレンジをして実績を積み上げ、徐々に高単価な案件に応募するのが無難です。

色に関する知識で副収入を得たい人は、これを機にぜひやってみてはいかがでしょうか?

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業ガイド編集部おすすめ記事

あなたにオススメの記事

同カテゴリーの関連している記事はありません。

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業リスト