出張シェフ

出張シェフの副業について!収入やメリット・デメリット、仕事の内容や問題点を徹底解説!

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket
出張シェフ

出張シェフは、飲食店などで主に調理を担当している方にお勧めのカテゴリーとなります。
利用者がパーティーやメモリアルな記念日の食事などを企画する際、特別に呼ばれて、自宅や指定された場所に出向いて料理を提供するサービスで、現役シェフの中でも副業として取り組む人が増加しています。

料理人として自分の腕を磨きながら、副業として収入を得られる出張シェフについて、詳しく解説していきます。

 

出張シェフとは

出張シェフとは、利用者(お客様)の自宅などに出向き、料理を提供するサービスです。
利用者にとっては、家に居ながらにして自分が指名したシェフによる質の高い調理サービスを受けられることや、目の前で本物のシェフが料理を振舞うことで、最近特に人気が高まっています。
出張シェフは、一回のサービスでの時間は主に3時間程度、利用者は4名分程度を前提として、調理から後片付けまでを提供します。

主に利用者の自宅キッチンで行うため、調理の手際の良さがチェックされるほか、お皿や食器類など、器物破損といった思わぬ事故のないよう、最新の注意を払う必要があります。
料理のレパートリーとしたは、和食や中華なども人気ですが、イタリアンやフレンチなど、普段なかなか気軽に楽しめない分野の料理が人気となっています。

 

出張シェフの副業がおすすめの理由

出張シェフサービスの副業がおすすめの理由としては、次のような点が挙げられます。
特に、現在シェフあるいは調理人として正業を営んでいる方には、大きな魅力だといえるでしょう。

・自分を指名してくれたお客様から直接評価され、仕事の幅が広がる
・お客様と一緒に様々なお祝いなどの場に同席し、やりがいと幸せを共有することができる
・その場の出席者から「ありがとう」「美味しい」といった感謝の評価をいただける
・自分の料理によって、利用者の役に立ったという充実感が得られる
・提供したサービスに見合った収益が確保できる
・本業以外の空いた時間で対応できる

などなど、様々な要素がありますので、副業として取り組むには大きなやりがいがあります。
さらに、関係する団体に所属する出張シェフ(認定シェフ)の資格を得られれば、さらに仕事の幅は拡大します。

出張シェフの副業のメリット、デメリット

出張シェフの副業のメリットとデメリットについてそれぞれみていきます。

メリット

出張シェフを副業でやる場合には、本業だけだと不足する収入を求めるのが主な動機だと思いますが、それを満たしてくれるメリットがあります。

1.自分の腕が直接評価される

多くの調理人は、普段は厨房にこもりっきりで、お客様の目の前で料理を行うのはごく一部のチーフシェフですが、副業で出張シェフを行う場合は、料理から食べていただくまで、お客様の反応を直接確認できます。
普段、あまりお客様の生の声を聞くことが少ないシェフは、自分の腕を磨く意味でも、かなり魅力的な機会です。

2.稼動時間が自由

出張シェフを副業で取り組む場合、稼働時間は自分で決められるので、スケジュール調整が柔軟に設定できます。
例えば本業が休日の日に稼働するとか、ランチタイムは本業に従事しディナーでは出張シェフとして副業で働くなど、バラエティに富んだ設定が可能です。

3.決済から準備まで効率的

通常、多くの飲食店は毎日の集客状況と仕込み・発注を管理していますが、どうしてもロスが出ます。
出張シェフの場合は、事前にお客様側の参加人数と料理内容が確定しており、支払いも完了しているので、食材のロスもをほぼありませんし、事前に料理手順などを検討できるので、非常に効率的な対応が可能となります。

デメリット

続いて、出張シェフを副業として取り組む際のデメリットについてみていきます。
それはズバリ、いくら副業とは言っても、仕事は食材を扱う料理という性質上、本業と遜色のないレベル(調理の腕や品質)が要求されることです。
「本業の収入が物足りないから」という単純な理由で副業を初めたとしても、本業と同じ程度の仕事量で副業をすれば、副業先では本業以下の収入しか得られないので、効率が悪い状況になるし、副業で少しの収入が増えても、疲労も募るし、プライベートの自由な時間が確保できなくなります。
結局、一馬力で自分の才能と能力を提供する副業ジャンルですから、そうした負担については事前に十分検討しておく必要があります。

 

出張シェフの副業を始めるには

出張シェフの副業を始めるには、出張シェフサービスを取り扱うそれぞれの運営事業者に登録し、そこから派遣されるのが基本となります。
しっかりとした事業者に登録することで、仕事も安定的に得られますし、万一の事故やその他の場合に、対応が可能ですから、自分がサービスを提供する料理に集中できます。

ただし、現役のシェフとして登録する際には、応募資格に調理現場での経験を課す案件を選ぶことが大切です。
何故かと言えば、誰でも登録できるような安易な案件の場合には、単価も低く設定されており、信頼性も低い上に、副業として自分が思っていたよりも思ったより稼げなかったり、十分なサポートが得られない場合があります。
出張シェフを副業として、プロの料理人としての腕を活かすためにも、お客様に最大の満足を与える環境が整った状態で開始しましょう。

 

出張シェフを副業にした働き方

出張シェフ

出張シェフの副業は、料理人にとって最もお勧めできる仕事です。
何故なら、業界を良く知る料理人にとっては、出張シェフの副業は他のどの仕事よりもやりがいと収入が上回るからです。
更には、上述したように、自分のスケジュールの都合で働くことが出来るため、副業として取り組むのに適しています。
もちろん、出張シェフの副業をきっかけとして、将来には本格的に出張シェフサービス一本で独立することも可能です。
このような仕事は、サラリーマンなど素人には決してできない、スキルを要する仕事であり、料理人だからこそ取り組むことができる仕事です。

 

実際の出張シェフの状況とは

下記動画は、実際に出張シェフをやられている方の体験談となります。

動画の要約

■出張シェフは、組織に雇われてるパターンとフリーランスの2パターンがある。

■組織に雇われている場合は、時給(1000円から2000円)で、1回3時間から4時間。できて週に2回

■訪問介護をやっていて、家事全般のお手伝いから家事をやるという会社があったりする。

■フリーランスの場合は、マッチング会社を使うことが多い。8,000円から5万円くらいと幅がある。

■フリーランスは、マックスで1ヶ月15回で、60万円が売り上げで、材料費を引いて30万円が手残りになる。

 

 

出張シェフの収入とは

出張シェフの単価と報酬は、派遣先との交渉によって様々ですが、目安としては一案件ごとに10,000円から50,000円程度と、かなりの幅があります。
その理由としては、基本的には自分が登録した派遣事業者が定める価格設定に幅があるためです。
一般的には10,000円~20,000円が相場のようです。
もちろん、自分で独立して対応する場合や、友人知人に呼ばれて報酬を受け取る場合には個別の交渉で高額の報酬を得る場合もありますが、独立して開業するのは、副業として成立させるのはかなりの営業力や人脈が必要となります。
なお、自分が得た報酬から、食材や交通費等の諸経費が差し引かれた額が手取りとなるため、手残りはそれよりも低くなりますので、注意が必要です。

 

まとめ

みてきたように、出張シェフの副業は、特別なイベントなどの際にお客様の自宅まで出向き、一流の料理を参加者の目の前で提供するサービスです。
このため、シェフとしての自分のスキルを活かし、また向上されるためにもやりがいの大きい仕事だといえるでしょう。
出張シェフサービスの副業でお客様からの評判と人気を得ることができれば、やがては本業として取り組むことも夢ではありません。
現在腕に覚えのある料理人関係の方にとっては、チャレンジしてみる価値のある副業だといえるでしょう。

The following two tabs change content below.
アバター
tobiuo
早稲田大学政治経済学部卒業。大手通信会社・ベンダーで海外出張は世界40都市以上、海外駐在経験はヤンゴン、ホーチミン、そしてKLです。世界最大手の調査会社で主筆経験を4年 【実績(直近)】 ・主にITモバイル系の英文和訳 ・各種サイトの文章編集・リライト業務 ・時事ネタ等を中心としたブログ執筆 ・YouTube動画からのシナリオ、ライティング起こし ・マレーシア、ホーチミン関連記事執筆
  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業ガイド編集部おすすめ記事

あなたにオススメの記事

同カテゴリーの関連している記事はありません。

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業リスト