副業アイデア

テレワーカー・在宅ワーカー必見!充実の生活スタイルを構築する方法!

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

10年ほど前から大企業を中心に取り組まれてきたテレワークコロナ禍の影響で一気に広まった昨今。

あまりにも急激な変化に戸惑っている方も多いかもしれませんね。

今回はテレワークそして在宅ワークをしている方に向けて、効率&やる気がアップする工夫や時間管理についてご案内します!

出社と在宅、あなたはどっちがいい?

現在わたしは副業からはじめたライターの仕事が本業となり年明けより100%在宅ワーカーとして働いています。

わたしの場合、フルタイム勤務→週4日勤務の派遣(約1年)→週2日勤務に移行(約半年)→完全在宅ワーク、と段階的に勤務体系が変化したので徐々に対応していくことが出来ましたが、今回突然テレワークを言い渡された人の中にはいまだ順応できかねている方もいらっしゃるかもしれません。

そもそも在宅で仕事をするメリットとデメリットって何なのでしょう?

在宅のメリット

企業からの指示でテレワークをするのと、わたしのようにフリーの在宅ワーカーとでは働き方がかなり異なるものの、共通したメリットとしては

  • 通勤時間が不要
  • 通勤にともなうストレスや疲労がなくなる
  • スケジュールが柔軟に組める
  • 自由に仕事の段取りがとれる

などが挙げられます。

わたし自身、長年勤めていた会社を辞めたのは往復2時間以上かかっていた通勤時間の長さとそのストレスが一番の原因でした。

この部分が丸々なくなるのはどなたにとっても喜ばしいところでしょう。

また、職場で最もやっかいな「割り込み仕事」が入りにくいのもありがたいですね。

在宅のデメリット

逆にデメリットとしては

  • 公私の切り替えがつきにくい
  • 仲間とのコミュニケーションが取りづらい
  • 長時間労働になることもある

といったところでしょうか。

Zoomなどで始業と終業を上司に報告する必要がなければ公私の区切りがつきにくく、なかなか仕事を始められなかったり、開始が遅くなった分だらだらと夜まで働いてしまったりして結果、労働時間が出社している時より増えている場合もあります。

コミュニケーションの部分ではわたしの元同僚が今回テレワークをしてみてはじめて自分の仕事が周りに支えられていたと実感したと話してくれました。

オフィスではひと声かければすぐに解決する疑問や問題でも、ひとりではなかなか克服できず時間を要すこともあるようですね。

在宅勤務を謳歌する工夫について考えてみた!

人の目がない所で仕事するとなると身なりがおざなりになったり、いろんな誘惑や雑念で散漫になったりと甘えが出てしまいがちです。

また、コロナ禍の状況では学校や保育施設も休業となっていることもあり、在宅中の子供の世話で仕事どころではない環境に身を置いている方も多いことでしょう。

様々な事情はあると思いますが、基本的に改善の余地がある部分を考えてみました。

身支度を整える

自分の経験則から身支度を整えることは絶対に外せない部分だと感じています。

わたしも在宅ワーク開始当初は着替えもメイクも割愛してその分、執筆や家事の時間にあてた方が効率的だと考えていたのですが、これは大きな間違いでした。

だらしない恰好でいると必ずだらしなく1日を過ごします。

小腹がすけば何か口に入れるし、疲れたらすぐに横になる。

これを防止するにはきちんとした身なりをするのが一番です。

スーツを着る必要はありませんが、すぐにでも出かけられる程度の服を身に着け、女性ならばメイクを施すことで必ず仕事スイッチが入ります。

朝時間を活用する

わたしは午前4時起きの早起き大好き人間なので1日の中で最も頭の冴えている早朝は最高の執筆タイムです。

会社勤めの頃は朝の5時とか6時から出社して業務開始することは出来ませんでしたが今はどんなに早い時間でも自由に仕事が始められます。

いくらテレワークでも早朝から動き出すのが難しい業種や会社の規定もあるとは思いますが、可能な限り仕事は早目に取り掛かり早目に終わることを心がけると在宅ならではの自由で建設的な時間が生まれるでしょう。

ライフログを記録する

家の中にいるがゆえに家事・育児・雑用に手を取られかえって仕事が捗らない、あるいは意味もなくダラけて時間を無駄にし仕事に集中できないといった人もいることでしょう。

こういった状況を打開するには、一定期間ライフログをとってみることをお勧めします。

1週間ほど自分の行動を時間軸にそって記録することで、必ずやタイムロスや調整すべき部分が見えてきます。

その結果をもとにタイムテーブルを作成した上で日々ブラッシュアップしていくと、しっかりとした時間管理が身についてきます。

ワークスペースを作る

自室を持っている方以外はリビングで仕事をしている方が多いようですね。

これも公私の切り替えがつきにくい原因のひとつです。

もし、部屋に余裕があるのであれば1室の片隅でもいいのでワークスペースを作るほうが精神的なシフトチェンジが簡単になります。

どうしてもダイニングテーブルなどで仕事をしなければならない場合も、なるべく机上は生活感のない状態に整えた上で業務を開始しましょう。

犬と一緒に過ごしたいわたしも仕事はリビング派なのですが、必ずパソコンの横に大きめの卓上鏡を設置してこまめに表情をチェックすることにしています。

これは会社員時代からなのですが、パソコンの画面に集中していると口角が下がりとんでもなく老け込んだ醜い表情になっているんですよね。

放置しているとその表情がデフォルトとして刻みついてしまいます。

鏡を見るとき人は自分の一番いい顔をしようとします。

定期的にするいい顔を自分の定番フェイスにしていくとともに、鏡があるとフッと気持ちが切り替わりますのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

何をやるにも腰を上げるのが遅いわたしが在宅ワークをはじめて一番の難関が時間管理=自分管理でした。

さぼろうと思えばどれだけでもさぼれる環境の中でいかに自分を律して仕事もプライベートも充実させるか考えた上でいきついたのは「罪悪感」でした。

のんべんだらりと過ごした日の罪悪感といったら本当に嫌なものです。

それを味わいたくないと思ったことから工夫を重ね、いまでは会社員だった頃の何倍も快適な生活スタイルを作ることが出来ています。

みなさんも現在置かれた環境を最大限活用できる工夫をしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
長崎小町
長崎小町
夫・犬1・猫2とにぎやかに暮らす主婦です。 副業からはじめたライター業が本業となり丁寧な暮らしが出来るようになりました☆ 私の体験談や「仕事とライフスタイル」の新たな関係・発想についてご提案していきます。 みなさんの働き方や生き方のヒントにしていただければ幸いです。
  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket
  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業リスト