フランチャイズ

副業で可能な美容系フランチャイズのメリットやデメリット、気を付けるべき点など

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket
おすすめ美容系フランチャイズ

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

美容関係の副業と聞いて、女性向けの仕事だと決めつけてませんか?

ヘアーサロン、エステ、ネイル、マツエク・・・数え上げればキリがないほど挙げられますが、

女性だけでなく、男性も参入できる副業なんです。

今回は美容系フランチャイズで成功する副業術について考えていきましょう!

副業で美容系フランチャイズをするメリット、デメリット

メリットデメリット多くの女性が副業を考える際に、選択肢のひとつにあがるのが美容業界ではないでしょうか。

女性にとって、最も身近でイメージのしやすい美容に関する仕事は、女性に向いている分野といえます。

しかし男性にとって不向きかというと、実はそうでもないんですよ。

男性女性関係なく参入できる、美容系フランチャイズのメリット・デメリットについて見ていきましょう!

美容系フランチャイズのメリット

  • 初心者でも経営のノウハウが得られる
  • 本部のブランド力が使える
  • マニュアルに沿って利益を上げやすい
  • サポートやバックアップ体制が整っている

初心者にとってイチからビジネスを始めるのはかなりハードルが高いもの。

ましてや副業となれば準備~経営までに費やせる費用や時間等も限られてきます。

フランチャイズに加盟すれば、大企業の支店を任されている店長といった立場で一定のレールの上で商売を始めることができるので、個人で開業するより有利な環境でのスタートダッシュがはかれる可能性が高いでしょう。

美容系フランチャイズのデメリット

  • 加盟金が発生する
  • ロイヤリティの支払いが必要
  • オリジナルな運営が難しい

フランチャイザー(本部)の看板を借り、個人ではとうてい不可能なテレビCMや大規模広告などの恩恵にあずかれるフランチャイジー(加盟店)は相応の加盟金やロイヤリティの支払いを求められます。

また、ブランドイメージや接客の品質などの統一を求められるため、オリジナルメニューや独自の運営方針を認められない場合が多いでしょう。

副業でおすすめの美容系フランチャイズ

おすすめフランチャイズ副業でおすすめの美容系フランチャイザーをご紹介します。

株式会社Sプラン(水素吸入器)

水素吸入器を無料設置するという未開拓分野に切り込んだビジネスです。

既存のスポーツジムやエステサロン、スパ、マッサージ店などに機器を設置してもらうのが営業活動のメインでフランチャイジー自身は無店舗で運営できます

レンタルやリースでマシンを提供するスタイルとは大きく異なる無料設置制度が注目されていて、副業として空いた時間に活動しやすい業態でもあります。

未経験者にも丁寧な指導が行われ、オンラインでのサポート体制も充実しています。

https://www.spln.co.jp/agancy

株式会社キャンアイドレッシー(ネイル)

低コストでオープンできる筆頭はネイルサロンでしょう。

高額で大掛かりなマシンが不要な上に狭い敷地でも十分対応できるネイルの施術は副業として始めやすいカテゴリのひとつです。

キャンアイドレッシーの直営店舗の実績例としては開業資金250万程、スタッフ5名の場合で年間営業利益額1000万円超が紹介されています。

ロイヤリティと更新料がかからない点なども特徴です。

http://canidressy.com/fc/

株式会社アユザック(デンタルホワイトニング)

1坪1席のスペースで開業可能な歯のセルフホワイトニング専門サロンです。

物件探しから経営アドバイスまで手厚いサポートのもと、開業資金650万円前後で月商300万円ほどを稼いでいる店舗もあり、今後伸びてきそうな分野です。

ネイルサロン同様、設備投資や開業場所への資金が抑えられる点でも副業として始めやすいでしょう。

https://ayuzak.jp/

美容系フランチャイズの体験談

体験談美容系フランチャイズに成功した人、失敗した人、それぞれの体験談をご紹介します。

成功談/40代男性

美容師をしていた妹がアイリストとしてマツエクサロンを開きたいとの相談を受けたのを機会に私も同じ敷地内でネイルサロンをオープンしようと考えました。

私自身は爪の手入れなどしない人間ですが、職場の女性はみな高いお金を払ってジェルネイルを楽しんでいることを聞いていたのでイケるんじゃないかと思ったんです。

経営・美容どちらもノウハウを持たない私は妹を口説いてフランチャイジーとしてスタートすることにしました。

マツエクは妹とその友人、ネイルは私が採用したスタッフ2名の4人体制で店舗を運営し、経営にまつわることは本業のかたわら全て私が対応しました。

それぞれの立ち位置を決めたことでお互いが尊重しあい、開業5年目の今年からはスタッフ2名を増員し2店舗目のオープンにもこぎつけました。

滑り出しがうまくいったのはフランチャイザーのネームバリューとバックアップのおかげでした。

今後も私は副業フランチャイジーとして堅実な経営をしていく考えです。

失敗談/40代女性

好きが高じてジェルネイルの資格を取得し自宅でネイルサロンをオープンしました。

来店のみならず出張サービスを始めたことが当たってひとりでは回らないほどの顧客が確保できたため、ちゃんとした店舗を借りてスタッフも私を含めて5人に増やしました。

ところが・・・経営自体は順調でしたが、人間関係で足を引っ張られてしまいました。

女性ばかりの職場、しかもオーナーの私が従業員と同じように施術者として働いている環境では上下関係が保てず、統率がとれなくなってしまったんです。

スタッフ同士のトラブルから自分の客を引き連れて辞める者が続出し、サロンの雰囲気や評判も下がってしまいました。

結局、自宅に戻って出来る範囲のお客様に対応する当初のスタイルに戻してやり直すことにしました。

経営のことを誰にも相談できないまま手を広げて借金をしてしまったことが悔やまれます。

副業で美容系フランチャイズをする場合に気をつけるべき点

美容系フランチャイズで気を付けるべき点昔から、不況でも落ち込まないのが女性の被服費や美容代といわれています。

家計を潤すために女性が外に出ると、それだけ身なりを整えるためにお金を使う傾向があるんですね。

それに加えて最近では男性も服装はもとより基礎化粧や脱毛、ネイルなど美容に関するお手入れが一般化していて、これらにまつわる副業を始めるには追い風となっています。

美容関係に限ったことではありませんが、フランチャイザーを見極める場合には目先の開業資金の安さだけで飛びつくのは要注意です。

ロイヤリティや更新料など永続的に発生する金銭についてもじっくり検討しておきましょう

事前にいくつかの説明会に参加し、本部の経営方針や担当者の人柄などもしっかり確認しておくことも重要です。

まとめ

美容系フランチャイズまとめ心豊かに生きていくためには美しくありたいという気持ちを忘れてはいけません。

小さくはじめて大きく育てることが可能な美容ビジネスは副業に向いている分野です。

美を求める人に寄り添ったあなたらしい美容系フランチャイズを初めてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
長崎小町
長崎小町
夫・犬1・猫2とにぎやかに暮らす主婦です。 副業からはじめたライター業が本業となり丁寧な暮らしが出来るようになりました☆ 私の体験談や「仕事とライフスタイル」の新たな関係・発想についてご提案していきます。 みなさんの働き方や生き方のヒントにしていただければ幸いです。
  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket
  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業リスト