副業ニュース

ついに始動!ヤフーの副業人材募集は日本を動かすか!?

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

2020年7月15日、ヤフージャパンが副業人材募集の開始を発表しました。

コロナ禍で働き方の潮目が激変するなか、山が動き出しました。

時代に取り残されないよう、しっかりとこの流れを押さえておきましょう!

ヤフーの副業人材募集の中身とは?

副業として働く人材の募集を始めたヤフージャパン(ヤフー株式会社)。

正直、現段階ではヤフーのプレスリリース以上の詳細な情報は明らかになっていない状態ですが、おおむね内容は以下の通りです。

  • 業務委託契約を結ぶ人材約100人を募集する
  • 正式稼働は2020年10月から
  • 通販・検索及び新規事業の分野で幅広く求人
  • 応募者の職業や年齢は不問
  • 原則、出社を伴わないオンライン勤務
  • 新設する戦略立案部門の場合、月間稼働最大5時間で月収は5万円

(職種によって契約期間・内容は異なり報酬も5~15万円を想定)

ヤフーではこれまで自社従業員の副業は認めてきましたが、他社で働く人材を会社として受け入れるのは初めての試み。

まずは事業戦略関連のエンジニアやアドバイザーをおよそ100人募集する予定ですが、今後その間口は広がっていく模様です。

この副業システムがスタートする10月からはこれまでの就業規則も改訂し、全国のヤフー社員に対してテレワークの回数制限や通勤定期代の支給をなくすことを決定。

交通費は実費、通信費などの補助として月額最大7,000円を支払う形に切り替えることも発表されました。

勤務地も自宅のみならず、カフェやリゾート地なども認める方向なんだとか。

副業ワーカーからスタートし、副業記事を執筆しているわたしにとってもこの発表は少なからず衝撃を受けましたし、ポジティブな興味いっぱいで今後に期待しています!

ヤフーの発表に世間の反応は?

ヤフーの副業人材募集の発表を受けてネットでも様々な反応が見られましたが、好意的な評価が多い印象でした。

Twitterでも、著名人から一般人までいろんな意見で盛り上がっていました。

 

 

https://twitter.com/manabubannai/status/1284340126110216193

お、時代が変わってきてますね。Yahooが「副業ワーカーの募集」とのこと。内容は「ネット通販やメディア事業のコンサル」とのことで、要するにマーケターですね。僕の専門領域です。この分野、めっちゃ稼げます

https://twitter.com/takato_npng1031/status/1284340292846383105

副業するのが当たり前になってきてますね。 少し給料低くても、副業有りの会社が伸びてきそうですね

https://twitter.com/haseshout/status/1283293706682949632

Yahoo!の副業社外人材の募集ページがアップされてました。採用企画のPR効果も抜群だし、会社のスタンスもクリーンに見せられる。 「採用」という領域を超えて、企業と社会の関係構築を目指すパブリックリレーションズの戦略としても興味深いです。

https://twitter.com/katuo_ai/status/1283260780058574848

Yahooが大胆な事をしている。コアタイムという概念がなくなって、何時でも仕事ができるってのは凄いな。今後、フリーランスと聞いてイメージする働き方が寧ろ正社員の方が出来る様になっていくのかも。

https://twitter.com/Yu0___0Mi/status/1283290792568557568

Yahooは副業自体を 募集し始めたね

これでもまだ副業 やらないってやばいよね

https://twitter.com/mikamika8375/status/1283326097715691520

5万円バイト、Yahoo!っぽいといえばYahoo!っぽい。

 

 

「戦略立案部門の場合、月間稼働最大5時間で報酬は5万円」については賛否両論でしたが、これって時給1万円ですよ?良くないですか?

もちろん本業の収入が5万円だとか、稼働日数20日なのに報酬が5万ぽっちでは話になりませんが、最大稼働5時間、しかも副業ならばオイシイですよね。

わたしの想像ですが、経験豊富なかなりのスキルを持った事業戦略アドバイザーやエンジニアを求めているのではないかと思うのですが、どうなんでしょうね。

大手企業の副業募集は拡大していく!

ヤフーの副業人材募集が発表された翌日には世界有数の家庭用品メーカーであるユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社も2020年7月17日より副業人材を公募することを表明。

まずは年内に10~30人の採用を想定し、勤務時間は週2~10時間、契約期間は3か月~1年を軸に、面接から実務まで原則オンラインで行う旨がリリースされました。

ユニリーバでは企業に所属する人が副業として働くことは勿論、定年や家庭の事情で退職した人も対象とすることや、コロナ禍の影響で仕事が減った従業員を抱えている企業や、インターンシップへの参加のままならない学生に悩んでいる大学とも提携し採用を通じてバックアップしていく旨も打ち出されています。

立て続けに話題になった大手2社の副業に対するこの動きは相当な影響力をもつものと考えられます。

新型コロナウイルスによって失われた命・仕事・教育・経済は計り知れない損失ですが、一方ではそれに打ち勝つための努力と知恵も台頭してきています。

その最たるものが働き方の激変ですよね。

否応なしに始まったテレワークのおかげで従業員は通勤にかかる時間やストレスが削減され、社内の無駄な人間関係からも解放されました。

企業側は通勤費や家賃など今まで想像すらしなかった経費が激減することにおどろいたはずです。

この稀有な体験は今後の雇用制度や企業のあり方を一変させることは間違いありません。

したがって、副業についても単なる個人のお小遣い稼ぎから、企業にとっての重要な戦力という位置づけに変化していくと思われます。

労働者にとっても経営者にとっても副業ありきで様々なプランニングをしていく時代に突入したと言えるでしょう。

まとめ

2020年を境に世の中が上向くのか、急落するのかはわたしたちの踏ん張りにかかっています。

今まで当たり前だったことが出来なくなった中、今度はこれまで発想すらなかったことを生み出し花開かせるチャンスの時でもあります。

新たな副業への道が開かれたいま、いちはやくわたしたちも参入し成果を上げていきましょう!

The following two tabs change content below.
長崎小町
長崎小町
夫・犬1・猫2とにぎやかに暮らす主婦です。 副業からはじめたライター業が本業となり丁寧な暮らしが出来るようになりました☆ 私の体験談や「仕事とライフスタイル」の新たな関係・発想についてご提案していきます。 みなさんの働き方や生き方のヒントにしていただければ幸いです。
  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket
  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業リスト