副業ニュース

年金未納はなぜダメ?財産差し押さえられるってホント?

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

約3人に一人の割合で、年金を払ってない人がいるのをご存知ですか?

この一文を見て自分のことだと「ドキッ!」とした方や「だったら自分も払わなくていい?」と思った人は、この記事を最後までしっかり読みましょう。

今回は、年金を払うことで受けられるメリットと年金を払わないとどうなるか、生活が厳しく年金が払えない人の猶予方法をご説明します。

年金はなぜ払うべきなのか

まずは年金を払うことで受けられる恩恵を3つご紹介します。

1.老後を支えるお金になる

年金は、「老齢基礎年金」として、老後の生活基金になります。

国民年金や厚生年金保険などに加入して保険料を納めた人が受け取ることのできる年金です。

加入期間に応じて年金額が計算されます。

2.障害や遺族保障が充実

保険料を払っている人が障害を負ったときには、「障害基礎年金」を受け取ることができます。

厚生年金保険、国民年金、共済年金を払っている人が対象になります。

障害年金では、眼・聴覚・言語・肢体・精神・呼吸疾患・循環器・肝疾患・血液など様々な傷病が対象になります。

また、保険料を払っている人や基礎年金受給者が亡くなった場合、遺族の生活を支える「遺族基礎年金」をもらうことができます。

国民年金の加入者はもちろん、厚生年金の加入者で会っても条件を満たしていれば、支給されます。

対象者は、18歳到達年度の末日までの子がいる配偶者またはその子です。

3.保険料の全額所得控除

払った保険料の全額がその年の所得から控除されます。

それによって、所得税や住民税を軽減させることができます。

年金を払わないとどうなる?

冒頭で、約3人に一人の割合で、年金を払ってない人がいるというデータをお伝えしました。

それでは、払っていない人にはどのような罰則があるのでしょうか?

1.最終催告状などの通知書が届く

保険料を納付していない人にはまず、日本年金機構から通知書が届きます。

正確には「国民年金未納保険料納付推奨通知書」と言って、年金の加入状況や保険料の納付状況、未納金額が記載されたものです。

ちなみに、納付期限を過ぎても2年間は後から納付できますが、2年たつと時効になります。

2.督促と差し押さえ予告

通知書(最終催告状)が届いているにも関わらず、長期的に滞納していた場合、督促されます。

督促状が送られ、指定期限までに納付されないと財産の差し押さえをされることを伝えられます。

延滞金についてや、世帯主や配偶者の財産差し押さえについても記載があります。

督促状をも無視した場合、差し押さえ予告が来ます。

財政調査が入り、分割納付もできなくなります。

3.差し押さえ

それでも納付しなかった場合は、差し押さえられます。

差し押さえの対象は、年収が300万円以上あるにもかかわらず、7カ月以上未納していた人が対象です。

2014年には、年収400万円以上あるにもかかわらず、13カ月以上未納していた人が対象でした。

対象制限が厳しくなっているので、今後もっと厳しくなる可能性もあります。

それでも「本当に差し押さえまでされているの?」と疑問に思っている人もいると思います。

結論から言うと本当に差し押さえされていますよ。

毎日40件近くが、差し押さえられている!

未納による差し押さえは年間で1万4000件をこえています。(平成29年度)

365日で割ると、毎月40件近くが差し押さえられています。

思ったより多いと思う人もいるのではないでしょうか?

「3人に一人の割合で、年金を払ってない人がいるから、自分も払わなくていいのでは?」と思っている人は考えを改めましょう。

それでは差し押さえられるとどうなるのでしょうか。

差し押さえられるとどうなるの?

預金口座や給与の差し押さえ、不動産、有価証券の差し押さえ、自動車など換金可能な資産が全て調査対象に入ります。

家や水道が使えなくなったり、給与が振り込まれなくなったりなど生活機能が停止してしまいます。

年金未納の場合、普段の生活には戻れないと考えていいと思います。

生活が厳しく、年金を払えない人は?

生活が厳しいなどの理由で、年金を払うことができない人には、免除制度や納付猶予制度があります。

この制度を利用すれば、未納のままにならないので、差し押さえの対象から外れます。

学生納付特例制度や保険料免除制度、納付猶予制度などがあります。

20歳以上の学生で、所得が一定金額以下の人や失業した場合、本人や配偶者の前年所得が一定以下の場合、産前産後、障害年金を受給している人などが免除対象になります。

詳しくは年金事務所に相談しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

年金を払った際のメリットと、払わなかった時の差し押さえまでの流れをご説明しました。

生活が厳しい、まだ学生で稼げていないなどの理由で年金を払うことができない人は、年金事務所に相談してみましょう。

年金の支払いを猶予されたり、免除されることもありますよ。

The following two tabs change content below.
アバター
minami
ライター歴2年目。海外の記事の翻訳やまとめ記事の執筆を行っています。 主に日本にはない概念や副業方法、ライフスタイルをご紹介していきます。 皆さんが副業を始める際の手助けになれば幸いです!
  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業ガイド編集部おすすめ記事

あなたにオススメの記事

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業リスト