サイト売買

サイト売買仲介で世界一の仲介サイトFlippa.comの使い方を徹底解説!

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket
flippa

副業の選択肢として、インターネット上にあるサイトなどのスモールビジネスを売買して稼ぐ方法があります。

そんなスモールビジネスM&Aを海外で始めたいなと思っても、どこから情報を集めればいいのか分からないという不安はありませんか?

今回は、海外の売買仲介サイトFlippaの使い方や特徴をご紹介します。

Flippa.comとは?

flippa

2009年6月にメルボルンで創業されたサイト売買仲介の会社です。

創業者は Matt Mickiewiczと、Mark Harbottleです。

元々二人は、1999年に開発者向けのコミュニティーサイトであるSite Pointを立ち上げ、その後に派生としてサイト売買仲介サイトとして立ち上げたのがFlippa.comです。

ちなみに世界的に有名なデザイナーのクラウドソーシングサービスである99 designs もSite pointの派生として2007年に立ち上げてます。

 

過去には、Facebook創業者であるマークザッカーバーグが最初に立ち上げたFacemash.comという、ハーバード大学在籍していた女性の写真をTinder形式で評価していた伝説のサイトのドメインであるfashmash.comを日本円で約300万円以上で売却仲介した実績などがあります。

引用:Flippa Website Marketplace Passes $50M with More Websites and Less Flipping

2016年には、買収したドメイン販売の会社の売り上げと合わせて日本円で、70億円以上の売り上げを予想していました。

Flippaの使い方

①販売されているサイトを検索する

まずは、どのような事業・ビジネスが販売されているか調べてみましょう。

上記の白のボックス(e.g.fitness blog, AdSense, Shopify Storesと書いてある欄)に探したいビジネスのジャンルを打ち込みます。

その後、右隣りの緑のボタン、searchを押します。

ちなみに、検索欄の下のLive Listingsは、今何人がサイトを訪れているかを表しています。

今回はcooking blogと調べてみました。

検索結果は下の写真の通りです。

様々な料理(cooking)に関するビジネスが出てきましたね。

その中でも、letsseewhatscooking.comで見方を解説します。

typeがウェブサイト、industryがフードとドリンクと記載されています。

Monetizationは、収入源がどこから来ているかを表します。

この場合adsenceと書かれているので広告収入であることがわかります。

site ageは、サイトの運用年数を表します。この場合6年サイト運用していることがわかります。

net profitは純利益です。この場合月に7ドル程度であることが分かります。

ちなみに、thinkshadding.comの純利益の欄のN/Aはnot applicable の略で、該当しないという意味です。

右上のasking priceは販売したい値段です。

letsseewhatscooking.comの場合、2,400ドルで販売してくれます。

②詳細な情報を知る

詳細を知るには、letsseewhatscooking.comなどの商品名をクリックしましょう。

すると上記のような画面が出てきます。

緑のcontact sellerのボタンを押せば、販売者とコンタクトを取ることができます。

青色のmake offerのボタンを押すと、交渉を始めることができますよ。

また、詳細なサイトのデジタルマーケティング情報を知れるSEMRUSHの情報を入手することができます。

ただし、1サイトに付き約1,000円支払いが必要になります。

semrush

 

③新規登録・ログインをする

contact sellerやmake offer、またもっと詳細な情報が知りたい場合は、新規登録をしなければなりません。

新規登録の場合は、create your accountになっていることを確認して、名字と名前を入れます。

メールアドレスを登録して、青色のボタンcontinue を押しましょう。

Googleのアカウントでも登録できますよ。

ログインの場合は、青字で書かれているsign inを押すとログイン画面に移ります。

Flippaの特徴

①コレクションが分かりやすい

Flippaにはコレクションと言う欄があります。

初心者向けのビジネスを集めたもの、1年間で100,000ドルの利益を生み出せる可能性があるもの、成長が著しいビジネスカテゴリートップ20を集めたものなどがあります。

他にもiOSやAndroidで5,000回以上ダウンロードされているアプリをまとめたもの、少なくとも毎月10,000ドル稼げるイーコマースのサイトを集めたものなどもあります。

それぞれのテーマでまとまっているので、膨大な量からビジネスを探さなくても済みます。

参考程度に稼げるビジネスを調べたい方、手っ取り早く買収したい方はこのまとめがとても参考になると思います。

②サクセスストーリーが読める

副業としてサイト売買を成功させた人のストーリーを読むことができます。

どのようなビジネスを選んで、どのように成長・成功させたのか体験談と共に知ることができますよ。

この記事は、ご自身がビジネスを購入する際の手助けになると思います。

英語で書かれていますが、英語が苦手な方は、google translateなどで翻訳しても読めますよ。

まとめ

いかがでしたか?

サイト売買の定義や海外のサイトFlippaの使い方と特徴をご紹介しました。

コレクション機能やサクセスストーリーが読める機能などFlippaならではの特徴がありました。

日本のM&Aサイトを一通り見終わった方、海外でのビジネスチャンスを探している方は是非使ってみてください。

The following two tabs change content below.
アバター
minami
ライター歴2年目。海外の記事の翻訳やまとめ記事の執筆を行っています。 主に日本にはない概念や副業方法、ライフスタイルをご紹介していきます。 皆さんが副業を始める際の手助けになれば幸いです!
  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket
  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業リスト