働き方

起業したいけどスキルがない!という人は副業でプチ起業すべき

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

サラリーマンなら1度くらいは「起業して成功したいなぁ」と思うものですよね。

ただその資金やスキル、そして勇気がなくて思いとどまっている人も多いことでしょう。

今回は起業する際におさえておきたいポイントや準備の方法などをまとめてご紹介します。

起業に必要なスキルとは?

起業するためには様々なスキルがあるに越したことはありません。

ただ、スキルがないから起業は絶対に無理、というわけでもありません。

充分なスキルが身に付くのを待っていたらいつになるかわかりませんし、万一事業に失敗するとしたら年齢的に若い方がダメージも少なくて済みます。

あまりにも無謀な挑戦はいただけませんが「実力がないから」「周囲が反対するから」などと尻込みばかりする類の人はそもそも起業して成功することは難しいでしょう。

本業で安定した収入を得ながら、起業に必要な基本スキルを学んだうえで身の丈に合った規模で起業し、実践で力をつけていくしかありません。

床の上で泳ぎの練習をしていても水泳選手にはなれません。

実際に水に浸かって、浮いたり沈んだりしながら泳ぎをマスターするように、小さくとも自分自身で商売をしなければ本当の力はつきにくいでしょう。

起業に必要なスキルをどうやって身につけるか?

では、基本スキルとはどんなものなのでしょう。

起業するにあたって必ずおさえておきたいのが「ヒト」「モノ」「カネ」と言われています。

ヒト=人材、人脈

時代が変わってもやはり基本となるのは「人材」であり「人脈」です。

会社はいかに質の高い人材に支えられているかで社風や業績が大きく左右されます。

また、例え学歴が低くても、資産家の子息でなくても、人脈によって成功を手繰り寄せた人は大勢います。

今ここから人脈を築いていくのであれば

・異業種交流会や自治体のイベントに参加する

・趣味のサークルに参加する

・会員制クラブに入会する

・SNSを活用する

などが有効です。

様々な会合やクラブに参加してリアルな人間関係を構築するのは昔も今も不変の鉄則です。

それに加えて近年ではやはりSNSを活用するという手段は必須項目です。

ブログやTwitter、Facebookなどで情報を発信することはPR活動となりファンを獲得できる上に、同じ業界の人とつながって有益な情報交換をすることができます。

勿論、これまで付き合ってきた学生時代の友人知人や職場の上司・同僚も素晴らしい人脈です。

もし、過去に良好な人間関係を作っておらず今さら頼れる人がいないとしても遅くはありません。

現在の職場や関わる取引先、お客様、全ての人に信頼されるような働き方を明日から始めて下さい。

過去がどうであれ勝負はこれからです。

他人の信頼を勝ち得る誠実な仕事をすることで、人脈を広げることも含めそのすべてがあなたの起業に必ず役立ちます。

モノ=物的資本

あなたの起業する分野が店舗を構えて集客するタイプであれば立地条件を精査する必要があります。

そのためにはひととおりの宅建や不動産知識、マーケティング力などが必要となります。

逆に出張での販売やサービスを提供する事業であれば、地域性や顧客の特性を違った角度からリサーチしておかなければなりません。

展開する事業の知識のみならずこういったスキルも起業に活きてきます。

カネ=金銭管理

起業するからには、自社の資金をいかに運用するかを司るファイナンスの知識は外せません。

それに加えて「企業会計」とも呼ばれるアカウンティングによって、「感覚」ではなく「数値」でパフォーマンスを表現する技術も求められてきます。

起業を思い立ったらまず、金銭管理にまつわるスキルを少しずつ習得しておきましょう。

起業スキルを身につける副業とは?

いま「プチ起業」がちょっとしたブームです。

これは、本業以外の雇用主に雇われて労働の対価を得る「副業」とは異なり、本業を続けながら個人事業主としても開業するという手法です。

手続きとしては税務署に開業届を提出すれば最短で即日「社長」になれる上にお金もかかりません。

プチ起業のメリットとしては

・起業のノウハウを会得できる

・自分の判断で事業を展開できる

・金銭的リスクが低い

・本格的起業時の資金を蓄えられる

など、本業のかたわらでやるからこそのローリスクが挙げられます。

この期間に基本スキルを学びつつトライ&エラーを繰り返すことで様々な経験が得られます。

どんなプチ起業でもやってみる価値はありますが、ネット上で完結してしまうアフィリエイトや一人で活動する投資などでは人脈は広がりにくいでしょう。

プログラミングや動画編集など企業から依頼されるような仕事や、これまでの経験・実績の活かせるコンサル業など、多くの人と関わりあえる仕事だと、本格的な起業の際に宝となる人脈を築けるチャンスが広がります。

まとめ

いかがでしたか?

結局は人に使われる「副業」と違って「起業」は無限の可能性を秘めています。

スキルがないとあきらめるのはまだ早い!

今ここから真剣に取り組めば成功への第一歩が踏み出せますよ。

The following two tabs change content below.
長崎小町
長崎小町
夫・犬1・猫2とにぎやかに暮らす主婦です。 副業からはじめたライター業が本業となり丁寧な暮らしが出来るようになりました☆ 私の体験談や「仕事とライフスタイル」の新たな関係・発想についてご提案していきます。 みなさんの働き方や生き方のヒントにしていただければ幸いです。
  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業ガイド編集部おすすめ記事

あなたにオススメの記事

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業リスト