主婦の副業

専業主婦でもお金を借りられる方法はある?銀行系、消費者金融系に分けて解説!

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

生活費を得るためにお金を借りる方法として最もイメージしやすいものの1つとして、消費者金融が挙げられます。最短即日でお金を借りられる便利な方法ではありますが、消費者金融は総量規制の対象になっているため、収入のない専業主婦は利用することができません。

今回は、専業主婦でもお金を借りられる方法があるのか、いくつかの方法を解説します。

 

専業主婦でもお金を借りられるのは、銀行系!

専業主婦がお金を借りたい場合は、まず銀行系を当たってみましょう。銀行は総量規制(※)の対象外であるため、収入がない人でも借入できる場合があります。

 

※総量規制…借りられるお金の上限を規制する法律の1つ。本人の年収の3分の1を超えた借入はできないと定められているため、そもそも収入がゼロである専業主婦の場合、借入そのものができません。

 

イオン銀行

イオン銀行は、収入のない人が借りる場合「配偶者に安定かつ継続した収入があること」を条件としています。この条件をクリアしているのであれば、限度額50万円までの借入を行えます。

その他、パート、アルバイト、自営業を営んでいる人でも借入を行えます。

 

セブン銀行

セブン銀行は、配偶者に収入のある専業主婦や年金受給者でも比較的借りやすい銀行として知られています。

限度額は、10万円、30万円、50万円の3つのコースに分かれているので、必要に応じて使い分けましょう。

 

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行も、配偶者に安定した収入があれば申し込めます。

ただし、申し込み時に配偶者の年収を示す証明書を添付する必要があること、配偶者の勤務先に在籍確認の電話をかけられる可能性があることを承知しておきましょう。事前に配偶者への相談が必要です。

 

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは、安定した収入のある人の配偶者であれば申し込み可能と定めているため、専業主婦でも問題ありません。

ただし、神奈川県、東京都、群馬県の一部地域(前橋市・高崎市・桐生市)に住んでいる人、もしくは通勤している人にのみ対象が限られていますので、条件を確認してから相談しましょう。

 

新生銀行スマートカードローン プラス

新生銀行スマートカードローンプラスも、配偶者に安定した収入のある専業主婦であれば申し込むことができます。

配偶者による同意書や電話確認なしで審査できるため、家族にバレたくない人が利用しやすい銀行だと言えるでしょう。

HP上で簡単な借り入れ診断ができますので、どれくらい借りられるかの目安として利用してみるのもおすすめです。

 

地方銀行のカードローン

銀行によりますが、地方銀行のカードローンも専業主婦に対して貸し付けを行っている場合があります。

地域にある銀行の情報を集め、審査基準や条件をチェックしてみましょう。

 

ベルーナノーティスレディースローン

ベルーナノーティスレディースローンは、消費者金融でありながら唯一配偶者貸し付けを行っています。

配偶者の年収の3分の1を基準とし、もし他からも借り入れをしているのであればその金額を差し引いた残金分を審査に回すことができます。

ただし、2020年1月現在、専業主婦への貸し付けに消極的になっているという情報も入っています。審査基準が厳しくなっている可能性がありますので、相談してみましょう。

 

最短翌日に融資を受けられる

借り入れの申し込みを行い、実際に融資が実行されるまでの期間は「最短翌日」とされています。金融機関によって多少の差が出る場合もありますが、比較的短期間でお金を手にすることができます。

消費者金融や他の手段では即日融資を謳っているケースもありますが、銀行系では即日融資することが禁止されているため、最低でも翌日までは待つ余裕を持ちましょう。

 

夫へ借金がバレない方法もある!

一部金融機関を除き、基本的に銀行系カードローンは配偶者や配偶者の勤務先に確認の電話を入れません。

また、配偶者の年収を審査材料として使用する場合でも、年収証明書や課税証明書を求めない銀行も多いのです。

妻による自己申告のみで審査することができますので、借金の事実が配偶者にバレにくいというメリットがあります。

一方、自己申告額のみでの審査となるため、配偶者の年収が1,000万円あったとしても少額しか融資されない可能性もあります。事前に上限額や条件について確認してみるのもよいでしょう。

 

自分に収入があれば、消費者金融系でも借りられる!

専業主婦であっても、ブログ、アフィリエイト、ネットショップ運営、クラウドソーシングサイト等、副業をすることにより少額でも収入を得ている場合、安定した収入があると判断され、消費者金融の貸し付け対象になる場合があります。

 

プロミス

プロミスは、希望利用額が50万円以内であれば、収入に関する証明書を提出する必要がありません。少額の収入しかない場合でも、50万円以下であれば借りられる可能性があります。ノンバンクローンでの満足度1位です。

 

アイフル

アイフルは、定期的な収入と返済能力を持っている人であれば貸し付けを行っています。

パートやアルバイトでの収入はもちろん、在宅ワークでの収入も元手にできます。

 

アコム

アコムは、少額な収入だとしても、長期的に働いていると判断されれば貸し付けを行っています。

借りられる金額が少なくなる可能性はありますが、月に数万円程度の収入であっても諦める必要はありません。

 

レイクALS

レイクALSでは、申し込み時に仕事をしていることを1つの条件として掲げています。

パートやアルバイトとして雇用されている場合はもちろん、個人事業主として仕事をしている場合であっても審査できるようなシステムになっていますので、チャレンジしてみるのもよいでしょう。

 

SMBCモビット

SMBCモビットも、他の消費者金融同様に「専業主婦だから」という理由で審査しないわけではありません。

本人に定期的かつ安定した収入があるかどうかを審査材料として求めますので、少額でも自分の収入があれば申し込むことは可能です。

 

30日間無利息があるジャパンネット銀行がおすすめ

専業主婦がお金を借りる方法は思っていた以上に多いことが分かりましたが、いざ借りようとするとどこの金融機関に申し込めばいいか迷ってしまうこともあるでしょう。

選ぶポイントとなるのは、返済金利やキャンペーンの有無です。

例えばジャパンネット銀行では、初めて利用する人を対象として「無利息特約」を設けています。初回借り入れから30日間は利息が0円という制度なので、1ヶ月以内に返済できる見込みがある人や、短期の借り入れのみを検討している人にとっては特に大きなメリットとなります。

また、専業主婦が無利息で借り入れできる金融機関はジャパンネット銀行だけです。他の金融機関の条件も比較しながら、自分にあったところを探していきましょう。

 

まとめ

食費、日用品費、子どもの学校や習い事にかかる費用に加え、各種保険料、スマホ料金、ママ友や親戚同士の付き合いなど、生活する上でかかるお金はどうしても増えていきがちです。節約することも大切ではありますが、日々のストレスを発散するためにたまには自分へのご褒美タイムを設けることも必要ですよね。

「専業主婦=どこからもお金を借りられない」と思ってしまいがちですが、実はちゃんと調べれば方法は出てきます。

無理のない返済プランを立てながら利用し、収支をバランスを取っていきましょう!

The following two tabs change content below.
副業ガイド編集部
副業ガイド編集部
副業ガイド編集部。~あらゆる人に副収入を~をモットーに日々、副業や副収入に関する情報を発信していきます。LINEやTwitterでフォローをお願いいたします。
  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業ガイド編集部おすすめ記事

あなたにオススメの記事

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業リスト