仮想通貨

仮想通貨取引所の徹底比較ランキングについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
ビットコイナー

ビットコイナー

初めまして、仮想通貨関連の記事を担当する「ビットコイナー」と申します。テレビや新聞などのメディアでも取り上げられることが多くなってきたビットコインをはじめとする仮想通貨ですが、お金の形が変わる、インターネットに次ぐ革命といわれています。 世の中ではまだあまり広がっていない今から、仮想通貨の知識を深めて先行者利益を取っていきましょう! 私は2013年からビットコインに注目していて、当時からビットコインも購入しています。現在では数十種類以上の仮想通貨保有・運用しています。 初心者から中級者の方でもためになるような有益な情報をお届けしていくつもりです。

国内仮想通貨取引所の概要

前回の記事では、仮想通貨の取引所と販売所の違いや取引所の選び方をお伝えしましたが

■関連記事

仮想通貨取引所って??ビットコインの購入ってどうやるの?

 

今回は、各仮想通貨取引所の概要や手数料はどこが安いのか?どんな取り扱い通貨があるのか?と言った特徴について解説していきます。

 

1.coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
もともとはstorys.jpというWebメディアなどの運営していた企業でしたが、2014年8月に仮想通貨事業に参入しました。

国内の中ではいち早く信用取引を取り入れた仮想通貨取引所です。

取引所だけでなく、日本国内の決済サービスでは最大のシェアを持っているとみられるcoincheck paymentも提供しています。

また、国内の取引所の中ではビットコインの多くの種類の仮想通貨の購入が可能な取引所です。

 

さらに、不正ログインによる損失補償サービスも提供しています。

不正ログインされ被害が発生した場合には、二段階認証を設定しているユーザーのみになりますが、1回あたり100万円まで損失を補償してくれるサービスがついています。

 

サイトやアプリが分かりやすく使いやすいのも特徴です。

ある取引所のサイトでは、各仮想通貨の相場を一覧で見ようとすると、数ページか移動しないと見れない場合があります。

その点、coincheckはサイトもアプリもとても分かりやすく使いやすいです。

 

さらに、coincheckには貸仮想通貨サービスというものがあります。

自分が保有している仮想通貨をcoincheckに貸出し、貸出期間によって最大年率5%で仮想通貨を得ることができるサービスで、coincheckで取り扱っているすべての仮想通貨を貸し出すことが可能です。

 

目立ったデメリットもなく、まだ1つも取引所にアカウントを持っていないのであれば迷わず開きたいのがcoincheckです。

 


2.bitFlyer

photo by bitflyer


2014年1月に設立されました。

2015年1月、リクルートやGMOから約1億3千万円、8月には、三菱UFJキャピタル、電通デジタル・ホールディングスなどから約5億1千万円、2016年4月にはSBIインベストメントなどから約30億円の資金調達を行うなど、大企業が株主に名を連ね、日本国内の取引所では最も資金力のある企業です。


豊富な資金力を活かし、セキュリティなどの安全面にも力を入れているのが特徴で、coincheckと同様に不正ログインなどの補償サービスがあります。(coincheckと異なり補償対象は日本円に限られています。)

しかも、資産総額(円換算)で100万円を超える二段階認証を使っている使用者への最高補償額は500万円です。(それ以外の二段階認証を使っている使用者は10万円です)


取引所の運営以外に、ビットコイン・クラウドファンディングの「fundFlyer」やブロックエクスプローラーの「chainFlyer」、ビットコイン決済サービスの「bitWire」など様々なビットコイン関連のサービスを提供しています。

 

bitFlyerのサイトでは、ビットコイン売買だけではなく、ビットコインを使ってショッピングや決済にも使うこともできます。

「bitWire SHOP」では、自分の店やサービスの決済手段をビットコインに設定することができです。

登録も簡単で、月額の利用料などもかからなく、決済手数料1%のみで済むのでとても便利です。

 

他には、レバレッジ最大15倍の信用取引をすることもできます。

coindheckでは5倍、Zaifでは7.77倍ですので、より少ない資金で大きな取引を行うことができます。

高機能なチャートも使うことができ、トレード目的のユーザーにとってとても魅力的なサービスとなっています。

 

2017年秋、アメリカで「bitFlyer USA」という仮想通貨取引所を展開すると発表されており、すでに事業開始の許可は取っているようで、さらなる事業の拡大を図っています。

 

3.Zaif

photo by zaif

2014年6月に設立されました。

もともとビットコインのwalletなどを提供していましたが、ある個人が運営していたetwingsというビットコイン取引所を買収し、2015年3月より取引所を開始しています。

 

他の取引所にはない珍しいサービスを提供しているのが特徴的です。

例えば、日本国内で唯一、マイナス手数料を導入している取引所になります。

(マイナス手数料はビットコインやモナコインなど一部の仮想通貨に限ります。)

取引をするたびにユーザーが手数料をもらえてしまうサービスです。

 

他には毎月同じ金額を積み立て形式で買う「Zaifコイン積立」があります。

コイン積立は手数料がかかってくるといったデメリットはありますが、メリットも多くあります。

それは、一度設定したら手続きをしてしまえば毎回自分で購入する必要がないため手間が省ける事や売買のタイミングなどは気にせずに「ドルコスト平均法(※3)」でローリスクで運用することができるなどがあります。

ローリスクではあるものの、長期的に安定した利益を得られるメリットがあります。

 

※3:ドルコスト平均法

決まった期間ごとに買い増しをしていく投資手法の1つです。

相場の変動に関係なく一定額を買い続けるため、価格が高いときは少なく、価格が安いときは多くの量を買うことになります。

 

取引所以外にも、プライベートブロックチェーンである「mijin」の開発なども行っていることに加え、他では買えないような独自通貨も多数取り扱っています。

 

また、少し話はずれますが、Zaif取引所を運営するテックビューロという企業は、日本初のICOプラットフォームとなるCOMSAを発表し、いま注目度があがっています。

ちなみに、COMSAのトークンセールが開始され、すでに120億円以上が集まっているのですごいものです。

 

4.QUOINEX

photo by QUOINEX

 

2014年5月に設立されました。

QUOINEXは、グローバルに展開しており、アジアでも最大級のビットコイン取引所です。

最初はシンガポールで設立されましたが、2016年6月に日本に移転されました。

また資本金も20億円とbitflyerには及びませんが、かなりの資金力を誇ります。


海外取引所でありながら、日本での事業に力を入れていたこともあり、日本円の取引出来高も高く、安定しています。

そのため、取引所で通貨を交換する際の実質的な手数料となるスプレッドも狭くなっています。

 

手数料もビットコイン現物取引は無料ですし、サイトも非常に使いやすく、初心者でも安心して始めることができる取引所だと思います。

また、多くの取引所ではメールサポートのみとなっていますが、QUOINEXではLINEでのサポートもあるのが特徴です。

 

5.Kraken


2011年7月にアメリカで設立され、2014年10月に日本に進出しました。

世界最大のユーロ/ビットコインの取引の出来高がある取引所です。

 

2015年7月、日本の証券会社マネーパートナーズとの業務提携に合意しました。
海外取引所の中でも、セキュリティが高いと評判で比較的安心して使える取引所です。

外部から一度もハッキングをされたことがにないらしく、安全性・信頼性の高いセキュリティが常時維持されているようです。


ビットコイン以外にもイーサリアムなどアルトコインも多数取り扱っています。

 

 

6.bitbank



2014年5月に設立されました。
販売所である「bitbank wallet」は、クレジットカードでビットコインを購入することができます。

 

2015年7月、世界最大級の取引量である中国取引所OKCoinと提携して、日本にいながらbitbankで中国取引所OKCoinの取引が可能になり、OKCoinで取り扱われている先物取引も行うことができるようになっています。

 

2017年3月、取引所bitbank.ccが開設されました。
特徴は、ビットコイン以外の仮想通貨ライトコインやリップル、モナコインなども取り扱っている点です。

また、直接取引板でビットコインやアルトコインが取引できるため、比較的安い手数料で取引を行うことができます。

 

また、bitbankは取引所以外にもビットコインのニュースサイトBTCNなどを運営しています。

 

7.BITPoint



2016年3月に設立され、2016年7月に取引所サービスを開始しました。
もともとはエネルギー関連事業などを行う東証一部上場の株式会社リミックスポイントの子会社として設立されています。

元金融庁長官を特別顧問として採用していることも有名です。

 

特徴は、FXで有名な取引ツールであるメタトレーダー4(MT4)を導入している点です。

ビットコインATMの開発もしていたり、格安航空会社ピーチと提携したりと、幅広く事業展開をしています。

 

8.BitTrade



2016年9月に設立され、2017年3月に取引所サービスを開始しました。
既述の取引所bitbank.ccとも提携しているので、bitbank.ccの売買板を利用して取引ができるのが特徴です。

ビットコイン以外ではイーサリアムやリップル、モナコイン、ライトコインなどのアルトコインも取引が可能です。

 

9.Btcbox



2014年3月に設立されました。

現在、運営している国内取引所の中で最も古いです。

そのため、高い出来高も記録していますし、国際版btcbox.comでは、Ethereum等アルトコインのトレードも行うことが可能です。

 

10.Fisco



2016年4月に設立され、2016年8月に取引所サービスを開始しました。

金融情報などの配信事業をしているフィスコ株式会社の子会社として設立されています。

ビットコイン以外の仮想通貨では日本発の仮想通貨モナコインの取り扱いもしています。

既述の取引所Zaifとも提携していて、Zaifの板を利用して取引を行うことが可能なところがが特徴的です。

 

11.Lemuria

2015年12月に設立され、2016年3月、取引所をオープンしました。

世界の大手取引所でも使われているBitGoというセキュリティプラットフォームやウォレットサービスの導入しているのが特徴です。

 

12.みんなのビットコイン


2016年12月に設立され、2017年3月に取引所サービスを開始しました。

FXなどの金融デリバティブ事業を展開するトレイダーズグループの子会社として設立されています。
既述の取引所QUOINEXとも提携していて、QUOINEXの板を利用して取引を行うことが可能なところがが特徴的です。

 

13.GMOコイン

厳密には、GMOコインは、仮想通貨取引所ではなく仮想通貨販売所になります。

この仮想通貨販売所のGMOコインにもメリットがあるため、紹介いたします。

 

メリットである点は、表示されている価格で購入する数量を決めれば、それだけで売買が可能なため初心者向けであるという点です。

取引所の場合では、買い板・売り板をみながら注文を出す必要がありますが、経験のない方だと難しいですし、本来購入できていた価格よりも高い価格で購入してしまうなども起こりえます。

 

そのため、GMOコインであれば、販売所であるため、買いと売りの価格だけが表示されているので、表示された価格で売買が簡単にできてしまうので初心者にはとても易しくお勧めできます。

 

GMOコインはただの販売所はなく、レバレッジ最大25倍の仮想通貨FXもできます。

 

■参考記事

【話題の投資先】仮想通貨FXって知ってますか?

 

しかも注文方法も多様で、成行/指値/逆指値//IFD/OCO/IFD-OCOなど通常のFX取引と同じような取引が可能になっています。

仮想通貨FX専用のアプリ「ビットレ君」というのもリリースされており、しかも高機能になっているため、外出先でスマホで本格的な取引ができるなど上級者でも満足できるアプリもあります。

 

仮想通貨取引所の徹底比較ランキングについてまとめ

日本国内だけ見てもこれだけの取引所があります。

ではどこの取引所の口座を開設すれば良いのでしょうか?

 

以下のような破綻やハッキングなどもあるので基本的にはリスク分散のため、取引所は複数口座を開設するこをおすすめします。

 

また、複数取引所の口座を開設しておくべき理由ですが、

 

1.様々な仮想通貨を取引できるようにするため。

 

2.マウントゴックス事件のように取引所自体がハッキングなどで破綻してしまうリスクはゼロではないため、リスクヘッジとして資金は分散させておくのが安全であるため。

 

3.不正ログインなどで被害が出てしまうリスクもあるので、補償サービスが充実している取引所を選択することに加え、取引所ごとに補償額の上限が決まっているため、複数取引所に分散することで、補償される金額の合計を増やすことができるため。

 

あとはご自身の現在の状況や好みに合わせてお選びいただくのが良いかと思います。

初心者の方であれば、まずはcoinchckeの開設をしておくのをおすすめいたします。

 

▼取り扱い通貨が多い「coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

この記事どうだった? 参考になった 参考にならなかった
参考になった×0
参考にならなかった×0

副業ガイド編集部おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る