名刺作成

【体験談】独学でデザインを学び、ロゴ作成や名刺作成の副業をしている話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【体験談】独学でデザインを学び、ロゴ作成や名刺作成の副業をしている話
The following two tabs change content below.

FM

杉並在住の20代。一人暮らしで本業は自動車関係の会社にて営業を経て、新規事業を担当。そのタイミングでデザインを勉強。副業は2016年の4月からスタート!

私は、現在は自動車関連企業で新規事業の担当をしている29歳男性です。

今の会社では、最初は営業職をしておりましたが、新規事業部が立ち上がりそちらに配属になりました。

デザインを勉強するきっかけは、新規事業を考えるにあたりデザインや制作も必要という事で覚えました。

当時の上司がイラストレーターなどを使ってデザインをしていたので、困ったことや、基礎的な部分は上司に聞ける環境だったのは助かりました。

 

ロゴ作成や名刺作成の副業をする事になったきっかけ

ロゴ作成や名刺作成の副業をする事になったきっかけは、フリーランスで働いている友人から「デザインできるなら、フリーランスの名刺をデザインしてもらえないか?」と依頼されたのがきっかけです。

軽い気持ちで引き受けて休日に、人生で初の名刺デザインを対応しました。そして、数千円ではありますが人生初の副業報酬を頂きました。

友人が名刺のデザインを気に入ってくれたことをきっかけに、その友人が営業をしてくれる形で名刺作成や、会社のロゴ制作の依頼が入るようにになりました。

一般的には、クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサイトを使うものだと思いますが、私は友人からの紹介のみです。

デザインの勉強について

社内で上司に聞ける状況でしたが、社内の人数も多い会社ではないため全て聞く訳には行かず分からない部分は基本的にインターネットで調べるか、自分で独学するのが基本でした。

デザインを勉強するうえで文字のサイズ、色、フォントの種類は知っている方が役に立つことが多いです。

デザインに関する本は、20冊くらい読んで学びました。

読んだ本の中でオススメは”腕のいいデザイン事務所で修業しないとふつうは身につかない知識と技と心得”です。

 

続編だとフォントなどについて書いているので続編もオススメです。

フォントの文字感とか好きで、明朝だとこういうところに使って、メイリオだとこういう所に使うと良い。というのが面白くなってはまりました。

 

ロゴ作成や名刺作成の副業をする頻度と収入は?

副業の収入は月に2万円~3万円といったところです。

大きい仕事が入ると最高で10万円ほど収入が入ったこともあります。

時給単価でいうと5,000円~1万円といったところです。

仕事の頻度は休日や仕事終わりを利用しております。

 

ロゴ作成や名刺作成の副業をするメリット

社内でのデザイン仕事だと、パターン化されてて新たな発見や成長につながる仕事が多くない。

副業であれば、本当に様々な仕事の依頼が受けれるので自分自身のスキルアップに非常に良いと感じています。

分からない事は勉強して、アウトプットする事は日々勉強になります。

ロゴ作成や名刺作成の副業をするデメリット

本業のお仕事が常に忙しいので、夜もしくは休日しか時間がなく、副業とはいえ納期もあるため

どうしても、、というときはデイタイムもやってしまったことがあり、本業に影響が出るのは良くない事だと反省いたしました。

 

ロゴ作成や名刺作成の副業の仕事内容は?

Webでのデザイン(ロゴのデザインなどが多いです。)紙の依頼は少ないです。

また、名刺のデザインなどが多いです。

副業ガイドのロゴも作成頂いております。

 

変わった仕事だと、都や行政からの依頼でWebデザインの依頼なども受けたりします。

こちらは、かなり金額が高いお仕事です。

 

ロゴ作成や名刺作成の副業をするときに気をつけている事

本業に支障がないのが一番だと思います。

自分の中では副業は、お金よりも本業にどうプラスになるか?メリットになるか?が重要だと思っています。

 

副業で得たお金の使い方

お酒を飲むのが好きなので、主にお酒に使っています。

あと、趣味がサバゲーでお金がかかるので、サバゲ―関連でもお金を使いました。

 

また、引き続き仕事をもらう為の自己投資は、惜しまずに使ってます。

デザイン勉強をしているときは、毎月平均1冊は自腹で本を買っていました。

難しい課題があるときに、乗り越えようと思って勉強した事で成長が出来ました。

 

ロゴ作成や名刺作成の副業の今後について

紹介してくれる友人がいるからこそ成り立っているので、もし友人からの紹介がなくなれば副業はやめます。

本業があって、お金に困ってないからこそ、無駄遣いしないように気を付けています。

この記事どうだった? 参考になった 参考にならなかった
参考になった×6
参考にならなかった×1

副業ガイド編集部おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る