ドローン

ドローンを使った副業は本当に儲かるのか?~費用やリスクまで~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
副業ガイド編集部

副業ガイド編集部

副業ガイド編集部。 ~あらゆる人に副収入を~をモットーに日々、副業や副収入に関する情報を発信していきます。LINEやTwitterでフォローをお願いいたします。

ドローン副業とは?

実際に、ドローンを副業にしている人は

①昔からラジコンや、ヘリが好きでドローンが出たときに空撮などが商売につながると分かってやっている人。
②最近いろいろな本などに乗っているからドローンから副業やってみようと思ってやっている人。

のどちらかが多いです。

趣味でやっていて、お金がもらえるようになったのは素晴らしい事だと思ってます。

ドローン副業の仕事内容とは?

お仕事としては空撮(ドローンを飛ばして撮影する空中写真)がメインになりますが

・イベントや催事、展示会での撮影(集合写真など)
・施設等を撮影(一般家屋の屋根、ソーラーパネル、ダムなど点検用として)
・プロモーション用の動画や写真

が用途としては多いです。

 

災害等があった時に、防災協定などで地方自治体から依頼が来る事もあります。

 

ドローンの副業仕事の取り方


自分のサイトを立ち上げて、ドローンの依頼を受けるのをおすすめです。

クラウドソーシングサイトなども仕事依頼はありますが、ダンピングの価格勝負になってしまいます。

制作会社は社内で、ドローンを飛ばせる部隊を持っていることが多いので制作会社への営業などは効果が薄いです。

photo by 日刊スポーツ

 

ドローン副業の収益

ドローンでの1回の撮影の平均依頼相場価格は約4万円です(撮影による時間拘束とデータ納品)

依頼の日程は平日になることもあるため、普段会社で働いている人がドローン空撮の副業となると、出来る人が限られてしまいます。

 

ドローンなどの費用(コスト)

photo by DJI

ファントム(Phantom)は15万円〜
5回程の撮影で元が取れる価格です。

ドローン操縦士になるためにドローンスクールに通えばできる。(基本フライトコース)

 

国内のドローンスクールについて

日本ドローンアカデミー

Robotics Academy(デジタルハリウッド)

ドローンスクールジャパン東京

上記3つのドローンスクールを比較してみました。

 

 

誰でも気軽に操縦士になれるという意味でドローンスクールの意義は大きく、ドローンのすそ野が広がったのは良い事だと思います。

リスクとしては、資格発行の為に出来るだけ身近時間の操縦で資格発行などが起きてしまうと、ドローン操縦の経験が浅い方が操縦して事故が起こる可能性はあります。

 

ドローン副業をする場合の必要な資格について

ドローン副業での資格は基本はいりませんが、ドローンを飛ばす場所によっては国土交通省への申請・許可が必要です。
住宅密集地域(人口集中地区)や、150メートル以上ドローンを飛行するとき。
人や建物の30メートル以内には飛ばすのもダメです。
国土交通省の航空法に規制されています。詳しくは国土交通省のホームページで確認してみてください。

photo by 国土交通省

 

 

ドローンビジネス注目分野:i-Constructionとは?

photo by テラドローン

国土交通省は建設現場の生産性向上を目的として、2017年4月に建設業の新基準を制定し「i-Construction(アイ・コンストラクション)」の取り組みを開始しました。

その中でICT技術を活用する分野において、ドローンの活用は注目されています。

具体的には今まで、飛行機やヘリコプターを使っていた場面でのドローン活用。

通常は、気流が安定しない場所でもドローンの性能が上がっているために、自動的に姿勢の制御をドローンが行います。

 

また、ダムやトンネル、高層ビルなどでの、ドローンでの定期的な点検なども今までだと足場を組んだり工事を中断したりといった工程の調整などもありましたが、ドローンだと手軽に工程にも影響を出さずにチェックが可能です。

そのため、i-Constructionはドローンビジネスで特に有望な分野といわれております。

 

ドローンを使った副業は本当に儲かるのか?~費用やリスクまで~まとめ

ドローンが一般的になり、これから市場も拡大していきますが、今後はドローンの操縦だけではなく画像処理、動画処理ができるとドローン操縦だけではなく価値が上がってきます。

また、i-Constructionでの利用が拡大するため測量の知識を持っていると依頼される仕事の幅も広がると思います。

 

 

 

 

この記事どうだった? 参考になった 参考にならなかった
参考になった×4
参考にならなかった×0

副業ガイド編集部おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る