仮想通貨

NEM(ネム)ってどんな仮想通貨?〜概要から特徴、今後について〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
副業ガイド編集部

副業ガイド編集部

副業ガイド編集部。 ~あらゆる人に副収入を~をモットーに日々、副業や副収入に関する情報を発信していきます。LINEやTwitterでフォローをお願いいたします。

仮想通貨 NEM(ネム)の概要

 

「NEM(ネム)」の意味は、New Economy Movement(新しい経済運動)の頭文字でしたが、今は、NEMという単語として使われている意味合いが大きいです。

そのため、NEMは新しい経済圏を世の中に作り出すことを目的として開始された仮想通貨の事業になります。

 

2014年1月、ビットコイン関連のフォーラムで「Utopianfuture」というハンドルネームの人物によって、このNEMの原企画が出され、2015年3月に一般的に公開されました。

 

NEMは、仮想通貨の価格や価値が管理されるのを最小限に抑えるために、より分散した状態で仮想通貨を分配するという考えがあり、特徴としては、全く新しいブロックチェーン技術として、「より単純で」「より拡張しやすく」「より外部のアプリケーションと統合が容易である」という点があります。

具体的な機能としては、資産や所有権の管理、独自トークンの発行、電子署名など多岐にわたります。

 

また、NEMの仮想通貨単位は「XEM(ゼム)」といい、XEMの総発行数量は「8,999,999,999XEM」となっています。

 

NEMは、ビットコインでいうところの「マイニング(採掘)」というものがなく、どのように仮想通貨の分配が行われているかというと、後述いたしますが、NEMネットワークへの貢献度が高い者への報酬として、「ハーベスティング(収穫)」という形でNEMの仮想通貨が分配される仕組みになっているのもまたNEMの大きな特徴の1つです。

【関連記事】

仮想通貨のマイニング(採掘)で副業!~実践編~

 

独自トークンMosaic(モザイク)について

NEMのブロックチェーン上で発行する独自のトークンはMosaic(モザイク)と呼ばれていて、Mosaicは、Namespace(ネームスペース)というインターネットでいうところのドメインのようなものを取得することで発行することができます。

なので、NEMのブロックチェーン上でであれば、独自トークンを発行するのに長時間もかからずにで作成することができます。

 

また、NEMのブロックチェーン上で発行する独自トークンMosaicには以下のような特徴があります。

 

・発行数量が自由に設定できる

・一定期間後に失効が可能

・現実のアセットを担保にすることが可能

 

POI(Proof of Importance)について

 

NEMのブロックの生成間隔は約1分となっていて、ビットコインのブロックの生成間隔と比べると、ブロック生成間隔が約1分というのはとても早いです。

ビットコインでの送金などをした後に、XEMでの送金などをするとトランザクションの承認の速さが脅威的であるのを実感できるかと思います。

 

ビットコインのマイニングのように多大な資金を投入してマイニングをする必要があることや、一部のマイナーに報酬や権力がかたよってしまうことを防ぐ目的で設計されている素晴らしい仮想通貨です。

これによって、ビットコインなどの他のマイニングを必要とする仮想通貨と違い、NEMは少ない電力かつ、より堅牢なセキュリティを実現することができています。

 

NEMの特徴の1つとして、NEMのアカウントにはImportance(重要度)というPOIスコアがそれぞれ紐づけられています。

これは保持しているXEMの数量と取引を行った金額、取引を実施した人も考慮に入れる形でPOIスコアが決まっていき、POIスコアが高ければ高いほど、後述するハーベスティングで報酬が得られる確率が高くなるようになっています。

Importanceを上げるためには、XEMの取引を主体的かつ積極的に実施するなどNEMのネットワークに対して活発に活動を行うのが最も重要となってきます。

 

また、この仕組みが優れていると言われている点は、富の再分配がされるところです。

NEMのネットワークに積極的に貢献した人であれば、誰でもXEMを手に入れることができるということは、つまり誰でも平等に仮想通貨=富をえることができる機会を得られるという事です。

NEMの活動の目標の1つが一般の人々に力や力を与えることであることが見て取れます。

 

POIスコアを上昇させる方法を簡単にまとめると、

 

・1回に1000XEM以上の送金

・10000XEM以上保有しているユーザーからの入金

・約30日以内の取引の実施

 

であるという条件があります。

 

ちなみに、同じアドレスに対して何度も繰り返し送金を行うなどの不正を働いてもXEMが分配されることがないように設計されているので、不正をするだけ意味がないですし、もしくは、不正をするだけの効果が見られないというように、卑怯な手段でPOIスコアを上げることで利益を得ることができないように対応策が施されています。

 

ハーベスティングについて

先ほど少し説明しましたが、ビットコインはマイニング(採掘)という取引の承認作業によって、新規ビットコインを報酬として得ることができます。

ビットコインでは、トランザクションの承認時間は約10分となっていて、これは約10分ごとにマイニングが行われ、新規ビットコインが発行されているという意味になります。

ビットコインのマイニングでは、最初にマイニングを終わった人が、作業の報酬としてビットコインを得ることができますが、一方、NEMではマイニングはなく、ハーべスティング(収穫)と呼ばれているものが取り入れられています。

 

ハーベスティングと呼ばれている理由は、マイニング(承認作業)などをしなくても報酬を得ることができるためです。

採掘作業(マイニング)のように。労力のかかる作業をせずに、勝手に作物が育っていくイメージからハーベスティングと呼ばれています。

 

ハーベスティングは、10000XEM以上を持っているアカウントだと誰でもハーベスティングをすることが可能ですが、ウォレット内の残高だけでなく、取引の頻度なども考慮されて、上述のPOIスコアが計算されるため、多くの資金があればより富を得られるわけではない点が、このNEMの人気を集めている1つの要因になっています。

 

ハーベスティングには、大きく分けると2つの方法があり、1つは、NANO Walletをパソコンにインストールして、パソコンを起動したままで行うローカルハーベスティングと、パソコンの電源を落としてもハーベスティングが可能な委任ハーベスティングがあります。

委任とは後述するスーパーノード(上位ノード)にハーベスティングを委任することで自分自身のパソコンでハーベスティングを行わずに報酬を得ることができる方法になります。

 

委任ハーベスティングで報酬が得られる仕組みというのは、ハーベスティングを開始する前に、NEMのブロックチェーン上にトランザクションを送って、このトランザクションを自分自身のアカウントが保有するImportanceと「代理アカウント」としてマッピングすることで、「代理アカウント」は自分自身のアカウントが保有するImportanceを使い、委任ハーベスティングの形で報酬が得られるようになります。

 

※スーパーノード:通常のノードの上位版のイメージで、NEMのネットワークの中核を担っているノードです。通常ノードからスーパーノードになるためには、300万XEM以上を持っていることやチェーンが常時同期されている必要があること、1日に4回のチェックを通過することなど、複数の条件を満たす必要があり、それをクリアすることで報酬を得ることができます。スーパーノードになった場合には、他の人から上述の委任ハーベスティングを受ける方になりますので、通常のハーベスティングによる報酬をもらうこともできるようになります。

 

ハーベスティングで得らえれる報酬は山分けになるため、スーパーノードの数が多ければ多いほど1スーパーノードあたりの報酬額は少なくなっていきます。

 

NEM.io財団とは

2016年12月に国際的組織になることを目的として、シンガポールにNEM.io Foundation Ltdという保証有限責任会社(通称はNEM財団)が設立されています。

NEM財団は、各国や各地域に支部を立てていっており、支部の構成員はコミュニティを組織・運営するだけでなく、ビジネスや研究、地域の行政などとも関わり、イベントやワークショップを開催しています。

日本では、テックビューロ社のCEOである朝山氏も今年2017年6月に正式にNEM財団の理事に就任したことで話題を集めました。

NEMのコミュニティ

 

仮想通貨が価値ある投資対象となれるかの重要な要素の1つとしてコミュニティの規模や活発度、盛り上がり度が挙げられます。

日本ではモナコインのコミュニティの力が強いのが有名です。

【関連記事】

話題のモナコインの今後について~特徴から手数料比較まで~

 

仮想通貨のコミュニティ自体が「広めていこう」「普及していこう」「盛り上げていこう」という意識が強い仮想通貨は、将来的かつ継続的にみて価値が上昇する傾向が強いです。

 

NEMにもモナコインと同様に根強いファンが多くおり、盛り上げようとする動きがあります。

例えば、2017年12月16日には、東京都台東区にある入谷ホールで「NEMket」と呼ばれるNEMで決済をすることができるフリーマーケットが開かれましたし、2017年12月にはNEMで決済ができるバー「NEM Bar」が渋谷にOPEN予定です。

また、モナコインにもあった「tipmona」と似たシステムがNEMにもあり、Twitterの投げ銭システムである「tipNEM」と呼ばれるサービスがあります。

 

Catapult(カタパルト)とは

今後NEMが期待されている大きな要素の1つにCatapult(カタパルト)というものがあります。

Catapultとは、シンプルに説明するとNEMの大型アップデートのことです。

後述するmijinというプラットフォームに新規で改良・修正をすることで、今まで以上にさらに情報処理の速度を上げることや、イーサリアムで広く知れ渡ったスマートコントラクトが、NEMのブロックチェーン上で行うことが可能になります。

 

簡単に説明すると、CatapultでNEMとmijinに追加される予定の新しい機能は、以下のとおりとなります。

 

1.On Chain Asset Modeling

これによって、プログラミングを必要とはしない全ての資産をトークン化してブロックチェーン上で管理することがで、プログラミングを必要としないため、システムの開発が必要なく、資産の自由な生成と利用が可能になります。

 

2.Smart Signing Contract

これによって、全ての資産の取引に対して、複数の人による承認がなければ実行することができないように設定することができ、マルチシグによる資産のコントロールが簡単であり、しかも安全に実施することが可能になります。

 

3.Aggregate Transaction

複雑な取引であったとしも、条件を満たしている場合であれば複数の取引を同時的に実施することが可能になります。

 

これらの機能の追加によって、生成期間やコストなどを大幅に減らすことができるようになるため、NEMの汎用性がさらに一気に高まり、NEMの価格が上昇するのではないかという期待が市場では高まっています。

 

Catapultが実装される時期は、2017年11月にmijinがオープンソース化に向けたβテストを開始したところので、NEMにも2017年12月末から2018年以降には実装されるのではないかと見られています。

 

NEMとmijin(ミジン)について

NEMとテックビューロ社のプライベートブロックチェーンである「mijin」の関わりはとても深いです。

なぜなら、mijinは、テックビューロ社がNEMを開発したチームを呼び、開発が行われたプライベートブロックチェーンだからです。

なので、mijinが市場からの注目を集めれば集めるほど、同じ開発チームが開発したNEMの技術にも注目が集まり、XEMの価値も上がると見られています。

 

mijinの特徴は、「速くできる」「安全である」「安くすむ」の3つになります。

mijinの技術ベースとなっているのは、ビットコインのブロックチェーンになりますが、NEMはビットコイン2.0であるため、速さや安全性、コストがビットコインよりもさらに改良された仮想通貨になります。

 

mijinは、資産の管理や決算・契約・情報処理のシステムなど多くの用途に使用することが可能です。

そのため、費用もおさえながら安全度や速度を上げるために、これから多くの企業や

団体が導入を進めていくことが予想されます。

 

mijin(ミジン)を利用する企業

 

mijinの第一期の利用の募集では、日本の企業を中心に15カ国の企業から申し込みがありました。

日本企業では以下のような名だたる有名な企業も申し込みを行っております。

 

・日本電気株式会社(NEC)

・株式会社野村総合研究所

・SBIポイント株式会社

・株式会社ミクシィ イノベーション・センター

・株式会社ドリコム

・関西テレビ放送

・freee株式会社

・株式会社オウケイウェイブ   

 

他多数

うち、オウケイウェブはテックビューロ社に出資しています。

pnoto by OKweb

 

 

NEMとCOMSA(コムサ)について

 

mijinと同様にNEMの購入や投資を考えているのであれば、「COMSA(コムサ)」についても覚えておくのをお勧めします。

COMSAとは、企業がICOを実施しやすいように発足され、ビットコインやイーサリアムに加えて、NEMのパブリックブロックチェーンも利用できるようになっています。

さらに、COMSAを運営管理しているのは、上述のmijinで重要な役割を担っているテックビューロ社が行っています。

 

また、テックビューロ社は、仮想通貨取引所Zaifも運営しているため、テックビューロ社の成長やCOMSA、mijinの発展が、NEMの価格の上昇へ大きく影響すると考えられますので、テックビューロ社は、仮想通貨業界においてとても注目すべき企業といえます。

 

NEMの購入方法

 

NEMを手に入れるには、大きく分けるとハーベスティングもしくは仮想通貨取引所での購入になります。

しかし、ハーベスティングを実施するのには、1万XEM以上を持つ必要があるので、一般の個人が行うのは現実的ではないため、仮想通貨取引所で購入するのが良いでしょう。

NEMを購入することが可能な日本の仮想通貨取引所はこちらになります。

 

1.Zaif

 

上述のmijinを開発したテックビューロ社が運営する仮想通貨取引所です。

NEMに期待をお持ちの方であれば、COMSAとmijinに関係のあるテックビューロ社が運営するZaifでNEMを購入することをお勧めします。

 

2.コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

数ある日本の仮想通貨取引所の中でも、かなり分かりやすく使い勝手が良いインターフェースに加えて、取り扱っている仮想通貨の種類が多いのが特徴です。

また、サイトが落ちにくいのも非常に操作しやすくストレスがありません。

そのため、初めて仮想通貨を購入する方には特にお勧めの仮想通貨取引所になっています。

 

NEMの時価総額ランキング

 

NEMの価格チャート

この記事どうだった? 参考になった 参考にならなかった
参考になった×1
参考にならなかった×0

副業ガイド編集部おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る