フリーランス

フリーランスのマーケティングコンサルになる方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.

R.Y

大学卒業後、コンサルティング会社に勤務。 7年コンサルティング会社に勤務したのちに、フリーランスへ転身。

デザイナーや翻訳家などフリーランスとして活動できる仕事は様々なものが存在しますが、今フリーランスが不足している職種の一つが企業のマーケティングコンサルタントです。

マーケティングコンサルタントとは、企業のマーケティングについてコンサルティングを行う事で、企業の相談を受けてどのようにマーケティングによって業績をあげられるかを示し時には外注先と協力してパンフレットやホームページの作成などの実務を担当することもあります。

本記事では私がマーケティングコンサルタントになるまでの経緯やなるために必要な事などについてざっくばらんにお伝えします。

 

■関連記事

エンジニア未経験からフリーランスのエンジニアになった話

 

フリーランスになるまでの経歴

私は大学を卒業した後に、コンサルティング会社で約7年間働いていました。

コンサルティングには採用や新卒研修などの人事系のテーマから、セールスの指導や業務改善などのより実務に近いテーマ、システム導入などのITが伴う様々なテーマがありますが、私は新卒入社後2年目からマーケティングのコンサルティングに関する部署に配属され退職する7年目までマーケティングのコンサルタントとして活動していました。

 

マーケティングと一口に言っても社内で能力を差別化しなければ案件を獲得しなければならないため、私はWEB活用が遅れている業界に注目してコンサルティングを行いました。

例えば、当時は医療や士業事務所はマーケティングが下手で駅に看板を出したり、紹介を探しに行く、お客さんが訪れるまでじっと待つというのが主流でしたが、ここ数年WEBサイトを使った集客が主流となりました。

 

実はこのように普通のコンサルティング会社がターゲットにしないような事業所はまだまだ存在していて、中小企業はマーケティング担当者を雇う余裕が無ければ、育成できないという所も多いのでマーケティングコンサルタントが活躍する領域はまだまだ残されていると言えます。

フリーランスのマーケティングコンサルタントの仕事の取り方

7年勤めた後にコンサルティング会社を退職しフリーランスとなったわけですが、人によって仕事の取り方は様々です。

私はWEB制作会社や税理士からの紹介を中心に案件を獲得しており、自分では積極的に営業はしていません。

同じように辞めた元同僚のケースを見ると、このように紹介を中心に案件を発生させるパターンもあれば、積極的に仕事を獲得しに行くコンサルタントの場合は、セミナーを開催したり本を出版したりというのが主流な仕事の取り方となります。

 

ただ、一つ注意しておくべき事はコンサルタントという仕事の性質上、こちらからアウトバウンドの営業をする事はありません。

自分からオファーしていくコンサルタントに誰も頼みたいと思いませんし、仕事の内容も安く見積もられてしますからです。

仕事はインバウンドで取ってくるというのは、マーケティングコンサルタントだけではなく、すべてのコンサルタントに共通している事です。

マーケティングコンサルタントに必要なスキルは?

ひとくちにこれが必要だと言うスキルはありません。例えば、私の場合WEB活用をテーマにしているので各種WEBマーケティングに関するノウハウは常にブラッシュアップしていますし、チラシやイベントを中心にマーケティングを行っているコンサルタントはチラシ・イベントのコンテンツのネタや発信方法についてノウハウを持っています。

マーケターとして必要なスキルはどのような領域でマーケティングコンサルタントとして働きたいかによっても変わります。

 

しかし、マーケターとして働いていけそうかという資質は「事例を収集する好奇心があるか」「計数管理・把握能力があるか」という2点でどの領域でマーケターとして働く際にもこの2つは必須だと言えます。

事例を収集する好奇心があるか

1つ目の「事例を収集する好奇心があるか」という事ですが、マーケターは思い付きでマーケティング施策を考えているのではありません、その裏にはその施策の根拠となる市場調査や成功事例が存在しているのです。

マーケティング施策はお金や手間が掛かるためにこのような裏付けがなければ実行する事ができません。

市場調査はもちろんですが、重要なのは日頃から成功事例を収集する好奇心で、同業他社がどのようなチラシを撒いているのか、似たような業界の広告施策でどのような成功事例があるのかなどは常にチェックしておく必要があります。

 

計数管理・把握能力があるか

2つ目の「計数管理・把握能力があるか」という事ですが、マーケティングの仕事はなんとなく売上が上がった気がする、来店客が増えた気がするという風に抽象的に成果を説明する事はできません。

例えば、この広告施策からの来店者は何人で一人当たりの顧客獲得コストは●●円であるという風に定量的に成果を分析して割にあった広告施策であったのかを検討する必要があります。

もちろん施策によっては成果を完全に定量的に分析する事は困難ですが、それでもコスパが良かったのか悪かったのかについてはできるだけ客観的に説明する必要があります。

このような点から、計数管理・把握能力がマーケターには求められます。

会社員との違い(メリット、デメリット)

では、マーケティングコンサルタントとして会社員として働いていた頃とフリーランスとして活動している現在の違いについて説明します。

まず、大きな違いは会社というブランドが無くなる事です。私の場合は前職がコンサルティング業界で有名だったため、会社員時代は案件を受注しやすかったのですが、独立して会社のネームバリューが無くなったために、一から新規の案件を紹介以外で獲得するというのが困難となりました。

コンサルタントとして信用をどうやって担保するのかということはフリーランスにとって重要な問題点だと言えます。

また、コンサルティング以外に会計帳簿への記帳、請求書の発行、売掛金の回収などのバックヤード業務も行う必要があるので相対的にコンサルティングにかける時間が少なくなりました。

 

それでもフリーのマーケティングコンサルタントという仕事は魅力的で自分で関わる案件と関わらない案件を選択する事ができますし、会社からの中抜きもないので私の給料で考えた時の労働生産性も高くなっています。

また、時間の使い方も自由なので、クライアントへの訪問が無い日はパソコン一つ持って旅行に行ったり、好きな場所で働けたりするというのも魅力的です。

 

フリーランスでマーケティングコンサルになる方法!のまとめ

以上のようにフリーランスのマーケティングコンサルタントとしての体験談を説明しました。

需要に対してまだまだ中小企業向けのマーケティングコンサルタントは不足しているというのが私の実感です。自分のマーケティング領域をどこに絞るのか、スキルをどのように身に付けるのか、私は恵まれていてどのような会社に入社したので、自分の領域を決めスキルを身に付ける事ができましたが、私のようにマーケティングのコンサルタント出身である必要がありません。

私の周囲を見ても、事業会社出身でマーケティングの実務からコンサルタントになった人もいますし、WEB制作会社のディレクターから転身した人もいます。

これからフリーランスのマーケティングコンサルタントを目指す人が自分にはどのような強みやスキルがあって、誰にそれを販売できるのか自己分析だけでも行ってみてください。

 

フリーランス転身時の貯金額について

R.Yさんのフリーランスになった時の貯金額は下記LINE@登録で分かります!(メッセージで「R.Y」と送信後、返信で記事が届きます)

 

この記事どうだった? 参考になった 参考にならなかった
参考になった×1
参考にならなかった×0

副業ガイド編集部おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

副業リスト