エンジニア

フリーランスのエンジニアがこの先も安定して仕事を続けられる理由?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
副業ガイド編集部

副業ガイド編集部

副業ガイド編集部。 ~あらゆる人に副収入を~をモットーに日々、副業や副収入に関する情報を発信していきます。LINEやTwitterでフォローをお願いいたします。

フリーランスエンジニアのあなたの仕事は安定してますか?
プロジェクト単位で毎回クライアントが変わってしまったり、来年以降も仕事依頼が来るのか悩んでしまうことありますよね。

企業に勤めていたほうが生活は安定はしますが、その分、時間的な自由度は奪われてしまう。

私もエンジニアとして勤めていた会社をやめて、フリーランスになって、今年で10年目になりました。私も数年前まであなたと同じように悩んでいました。

悩んだ末に、私が「やってて良かった。」と思えたものはフリーランス向けのエージェントサイトに登録することでした。

現在は働き方も多様化が進んでおり、フリーランスのエンジニア向けのエージェントも増えてきました。

また、クラウドソーシングなどのサービスも多くある中で、フリーランスエンジニアが将来安定して仕事をするためにエージェントを利用するメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は、フリーランスのエージェントに登録した場合のメリットや選ぶ基準を解説するだけでなく、実際に利用する価値のあるエージェントをご紹介します。

 

 

多くのフリーランスエンジニアが抱える3つの問題

そもそも、なぜフリーランスになったのか。お金のため、時間のため、上司に愛想が尽きた為、色々あると思いますがここではフリーランスエンジニアが抱える問題を挙げておきます。

あなたも「自分もそうだ。。」と思うのでは?

 

1、会社勤めが苦手

 

毎朝、満員電車に乗って、会社に行き社長や上司のありがたい?話や数字報告を聞いてPCに向かう。

はっきり言って時間の無駄と思って会社をやめてフリーランスになった方は多いのでは?

私もそうですw

満員電車に乗って、朝会社に行く必要を感じれなかったのでフリーランスになったので今更、会社員に戻るなんて選択肢は持てない。さらに、社内での人間関係や営業からのよく分からない指示など時間の無駄だと感じませんでしたか?

 

2、給料が安定しない

会社勤めが苦手なのが、フリーランスになった理由だとしたら、会社員時代のように給料が安定することが無いのがフリーランスの問題点です。

実力がないのではなく、営業をした事がないので前の職場や友人から仕事を振ってもらっていた経験しかないのでもし今のクライアントが終わってしまったら、今までの給料を維持する事が出来るのか?という不安は常につきまとっています。

 

3、現状を相談できる人が居ない。

フリーランスは、同僚が居ない分悩みを打ち明ける事がなかなか出来ません。

奥さんに話してしまうと、心配されてしまうかも、、と思ってしまいなかなか言えない。

ただし、本当に自分のキャリアは今のままで大丈夫なのか?不安にならないフリーランスの人間は逆に危ういのではないかと思います。

 

フリーランスエンジニアは一般企業に勤めている人と比べて、給料や人間関係、精神的にも安定しているとは言い切れません。

案件と案件との間に空白の時間が生まれてしまいますよね。

そこで、エージェントを利用することによって、不安定な立場にあるフリーランスでも、安定して仕事を続けることが可能なのです。

 

フリーランスエンジニアがエージェントを選ぶ理由

 

会社勤めが苦手、給料が不安定、相談できる人がいない、と言う問題点を解決できるのがエージェントです。

ただ闇雲にエージェントに登録することは、手間もかかるし好ましいとは言えません。

何を基準にしてエージェントを選べばいいのかを考えてみましょう。

 

報酬単価の高さ

エージェントを利用するメリットのひとつとして、仕事の可能性が広がることを挙げました。どれだけ個人で営業をしても、受注することが難しい仕事は存在します。特に単価の高い仕事を得るためには、それ相応の苦労が必要です。

 

せっかくフリーランスエンジニアとして働いているのだから、合理的かつ高い報酬を獲得したいですよね。

photo by レバテックHP

 

レバテックフリーランスの強みは、何と言っても高単価案件を多数取り揃えていることです。

参画先企業と直接取引をすることによって、マージンを最小限に抑えている為、業界でも最高レベルの高単価を実現しています。

ITベンチャー企業の案件に強く、登録者の平均年収は801万円(2016年実績)となっています。

 

さらに特筆すべき点は、報酬支払いまでの期間が業界内でも最短クラスであることです。一般的な正社員であれば25日くらいに振込まれますが、レバテックフリーランスでは月末締め翌15日払いの15日サイトとなっています。

 

 

求人案件数が多いかどうか?

一口にエージェントと言っても、大小さまざまです。つまりは持っている案件数にも大きな違いが生じてきます。

どのような案件を持っているのかということも確かに重要ですが、多くの案件を抱えていることに越したことはありません。

 

レバテックフリーランスはフリーランスエンジニア専門エージェントとしては頭ひとつ飛び抜けた規模です。

保有案件数も多く、年間の提案数は8万1396件(2017年度)

もちろん誰もが知る有名企業だけでなく、ニッチな案件も多いのも特徴です。

 

レバテック参画先企業一例

 

一人ひとりに対して専門知識が豊富なコーディネーターが、個人のスキルや希望に合わせて提案を行ってくれます。他にも契約書類の作成や、案件に参画後であっても専任のフォロワーからの定期的なサポートを受けることができます。

 

信頼できそうか?

実際にやり取りしてみないと信頼できそうか?は、判断が難しいところです。

キャリアサポートを受けられても、相手の業界歴が浅ければ意味がありません。中には根気良く付き合ってみようと思っている人もいるかもしれませんが、ダメな営業とは極力付き合わないスタンスが良いでしょう。

レバテックサービスは10年以上の支援実績があり、保有求人数は業界トップクラス。業界での信頼度はNo.1です。

一人で悩まないで、相談できる相手がいる。と言うことは何より精神的な安定につながります。

 

 

レバテックを使った登録者の喜びの声

■40代 フロントエンジニア
いろいろと案件を紹介するエージェントを見ていき、そのなかで一番合っているかなと感じたレバテックへ利用することにしました。登録をした他のサービスもあるのですが、案件内容を見るとゲーム系が多かったりと、ちょっと自分が苦手なジャンルでしたので。また、フリーランスには福利厚生がないので、福利厚生に相当する参画者優待を受けられるのも魅力的でしたね。

■30代 ディレクター
webデザインのワークショップに参加していた時に、そこで知り合ったデザイナーさんから、「web系の案件を紹介してくれる良い会社があるよ」と教えてもらいました。実はそれより前にも、別のweb関係者からレバテックの名前を聞いたことがあって、当時は「そういうフリーランスに案件を紹介してくれる企業があるんだな」と思ったことを覚えています。

■30代 エンジニア(モバイルアプリ)
Objective-cを使った案件でご紹介頂きました。案件量が他社と比べると圧倒的に多いのと参画しているエンジニアもスキルが高く自身の成長やスキルアップに繋がると思ったのでレベテックで決めました。

■30代 JAVAエンジニア
ゲーム開発案件が多くたくさん紹介してくれたのが良かったです。
担当コーディネーターの方とカジュアルにランチMTGで話ができたのも良かったです。

 

 

まずは、無料会員登録!!求人情報や転職カウンセラーのサポートを聞いてみよう

「フリーランスは不安定」や「高度なスキルが必要」など言う人もいるかもしれませんが、そのような考えは捨てたほうが良いでしょう。むしろ、個人の働き方は多様化されており、フリーランスエンジニアを受け入れてくれる企業は増えてきています。

 

その選択肢のひとつとしてエージェントが挙げられます。

レバテックフリーランスであれば、仕事を継続的に得られる体制が整っています。エージェント選びに悩んでいる人がいるのであれば、一度無料登録だけでもしてみてはいかがでしょうか。

また、フリーランスになるかどうか悩んでいる方もまずは、無料の登録をしてみてどんな案件があるか情報収集だけでも問題ないです!

サイトにも「情報収集したいだけの方もお気軽にどうぞ!」と書いてます 笑

登録方法は簡単20秒!

まずは、リンク先からレバテックのホームページに行って必要事項を入力!

必要事項といっても、メールアドレス、電話番号、誕生日、名前、(作成済みの人はスキルシートを添付)で無料登録ボタンを押すだけ!メールアドレスに間違いがなければサンクスメールが届き、後日レバテックより連絡があります!

 

【追記】

企業の採用ニーズが高まる3月は特に良い案件が増えてますので、今が登録のチャンスです。

 

この記事どうだった? 参考になった 参考にならなかった
参考になった×2
参考にならなかった×0
続きを読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る