フリーランス

フリーランスのタイムスケジュールを公開!在宅プログラマーの1日とは?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
坂本 倫朗

坂本 倫朗

2004年から13年間フリーランスとして、ウェブ制作やアプリ制作を経験しております。 ライティングに関してWordPressのブログを運営しております。 ほかに、ウェブサイト制作、ゲームプログラミング(unity/javascript/flash)の講師を10年努めさせております。

突然ですが、フリーランスの人のイメージってどんなものでしょうか?

「自由そう」「お金持ってそう」「カフェでmacbook開いて仕事してそう」「夜中まで仕事してそう」などなど。

様々なイメージがあると思いますが、実際のフリーランスってどんな風に生活しているのか気になりませんか?

今回はフリーランス歴13年、私のとある一日をご紹介します。

読んだ後には、きっと「フリーランスってこんな風に生きてるんだ!」と、もしかしたら興味が沸くかもしれません(笑)

6:20:起床、体操(フリーランスのスケジュール)

起床時間が乱れることもありますが、基本的には早く起きることにしています。

夜に充分に寝て、朝に起きると、頭の回転も速くなり、好奇心も増します。

このことは、以前、尊敬する作家さんに教えていただきました。

早く起きるコツは、「たとえ眠くなくても、決まった時間に寝ること」だそうです。

また、病気をしてから、この時間に体操をするようにもなりました。

7:00:朝ごはん(フリーランスのスケジュール)

毎日、朝に食べるものはだいたい決まっています。

おもに野菜と玉子を中心とした食事で、炭水化物は控えます。

炭水化物のみの食事だと、血糖値が急激に上がり、そのあと、急激に下がります。そして、下がったときに眠気とだるさを感じます。

私は人より強く血糖値が上下する体質のようで、眠気を感じやすく、気を付けています。

フリーランスは食事の管理も大事だと思います。(そう言っていながら、自分では食事を作ってないのですけれども。)

7:30: 自由に文章を書く(フリーランスのスケジュール)

会社員の方だと、通勤する時間帯です。でも私は家で仕事をします。

文章を書くのが好きなので、この時間はブログや電子書籍などの記事を書くことにしています。

自分の将来のために好き勝手に書いてみたりもします。

今読んでいるこの記事も、この時間に書いたものです。仕事に関わるものを多く書きます。基本的に楽しい時間帯です。

9:00:仕事開始(フリーランスのスケジュール)

私はやる気に波があります。性格的にそうだと自覚しています。

正直に言うと、二日に一日は、朝からやる気がありません。

「私は自己管理がニガテなのでフリーランスなんて無理」、何ていう会話をよく耳にしますが、私だってそうです。私も得意ではありません。

でも、「得意じゃない」と言っていてもいられないので、何とか自分をうまく動かしてあげます。

そこで、なるべくやる気のないときでも、9時から机に座るようにしています。これは家庭が出来てから、さらに上手になりました。やはり人の目があると違いますね。

机に座ったら、ほんの少しでもいいから手を付けて、やる気が出るのを待ちます。

やる気を出すスイッチを、自分で押すのです。スイッチはほかにもたくさんあります。

最近分かったことですが、私は他の人から仕事の邪魔が入ってきそうなときにも、やる気が出ます。

あまのじゃくなのかも知れません。最近見つけたスイッチのひとつです。

自分なりのスイッチをたくさん見つけられたらいいですね。

12:00:お昼ごはん(フリーランスのスケジュール)

お昼は朝食と違い、炭水化物をとることもありますが、食事の最初には必ず野菜を食べるようにしています。

ちょっとしたことですが、違います。ご飯を食べるために、お昼に外出することは、ほぼありません。

食べた後はお昼寝することもあります。

基本的にゆっくりしたい時間ですが、忙しかったらパソコンの前で慌てて食事をすませて、そのまま仕事を続けることもあります。その日次第です。

13:00:仕事再開(フリーランスのスケジュール)

実はこの時間帯になると随分集中力は落ちてきます。

肩も凝るので、ときどき椅子から立って体を動かします。メールや電話が入ってくるのも、この時間帯です。仕事が進みにくい時間帯と言えます。

逆に言うと、この時間帯は、「集中できなくても仕方がない」のではないでしょうか。

仕方ないなと思いつつ、仕事をしています。

15:00:打ち合わせ(フリーランスのスケジュール)

ほとんど家で仕事をしている私ですが、1週間のうち2、3度は、打ち合わせのために外出します。

案件によってはskype等で済ませてしまうので、打ち合わせで直接会うか、ネットミーティングにするかは、誰と一緒に仕事をするかによると思います。

出かけるときに、あまりスーツを切ることはないですが、ジャケットは着用するようにしています。

打ち合わせ後時間があるときは、本屋によって帰ることもあります。

18:00 :帰宅、晩ごはん(フリーランスのスケジュール)

この日は、打ち合わせから帰ると食事が用意してありました。

ちょっと前までは、食事を深夜十二時に食べ始めることも普通でした。

最近は早く寝るために、早く食べ始めます。夜は何でもよく食べます。

20:00: 仕事再開(フリーランスのスケジュール)

この時間帯になると、メール返信や電話などの諸用が減ってきます。

このくらいの時間から朝までをコアタイムとするフリーランスも多いかもしれません。

外も静かになるし、邪魔されにくいのです。

私もフリーランスを始めた時は夜型にしていた時もありましたが、毎日お昼過ぎに起きていると、何か損した気分がするのでやめました。

23:00:仕事STOP、日報を書く(フリーランスのスケジュール)

この時間帯はノリノリになりやすいです。しかし、うっかりするとすぐに夜中の2時、3時がきてしまいます。

そして、たとえ気分がのっていたとしても、この時間帯を過ぎると、あまり思考力が働きません。

ソースコードは、頭が冴えていないと書けないし読めないしで、さっぱり進まないです。だから、23時で仕事はやめるようにしています。

この時間帯に締め切りに追われてコードを書いたりデバッグをやったりすると精神的にこたえますので、そうならないように仕事をしたいですね。

私は、毎日ノウハウが蓄積していることを実感したいので、その日のことを日報やノートに書きます。

お風呂に入ったりするのもこの時間帯です。

24:00:就寝(フリーランスのスケジュール)

先にも書いた通り、眠くなくても日付が変わるころには寝る準備をします。

この時間は、いつまでも、ゲームをしたり本を読んだりしていたい。

しかし、明日のために電気を消します。明日一日ずっと眠いと、面白くないからです。

この時間が明日を決めているように思います。

フリーランスはスケジュールも全て自分次第

いかがでしたでしょうか。

時間の使い方については、他のフリーランスの人と話し合ったことがありません。

だから、私の過ごし方が標準的かどうかはわかりませんが、一つの参考になればと思います。

関連記事:有名人の副業・フリーランス体験談~shin5さんの場合~

関連記事:小さなコツが収入を変える!フリーランスで稼ぎ、生活するためのコツ

この記事どうだった? 参考になった 参考にならなかった
参考になった×1
参考にならなかった×0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る