在宅副業

体が描けないの!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
あじのふらい

あじのふらい

日本の地方都市に住む、30代半ばのイラストレーター兼デザイナーです。 中国の雑貨メーカーからご依頼を受け、ベビー・キッズ向けアイテムをデザインしています。

 

さてさて今回も、イラストのスキル向上メソッド(ってほどのものではないのですが)についてお話させていただこうかと思います。

私は典型的な、「顔はまあ描けんことないけれど体がどヘタ」タイプなのです。

人体を描く基礎を学ぶためにもデッサン教室に行こうかとも思うのですが、時間的・金銭的にちとキツイ。

だもんで、体を描く練習だけは毎日10分ずつずつでもやってます。

よく「トレースしてたらいつまでも描けるようにならない!」って意見を目にしますが、

練習だけならトレース・模写もそれなりに効果があるんじゃないでしょうか。

技術ゼロのところから、写真を見ながら一人でこつこつデッサンの練習を積み上げるのって、

よほどの忍耐力がないとできない気がします。

好きな作家さんの絵を見ながら、「あーこのポーズの時の腕ってここに来るんだ!」とか

「足はこう見えるんだ!」って納得しながら描いたほうがはかどるし、楽しいし。

実際私はこのやり方で、首から下を描くスキルほぼゼロから、苦労すれば若干描ける!ってレベルにはなれましたもの。

しかし、仕事の絵を描くときはそうはいきません。

トレースがダメってのはもちろんですし(トレースOKの画像集を作ってくださっている、大変ありがたいサイトもありますが)

参考に画像を探しても、自分が欲しいポーズのものなんてそうそう見つかりません。

そんな時私は、「自撮り」をします。

昼間は基本的に家で一人なので、鏡に向かってポーズを決め、スマホのタイマーで自分の画像を撮りまくっています。

スマホのカメラ設定が良く分かっていないため、

タイマーで写真を撮ると「パシャシャシャシャシャシャシャシャ!」と連続撮影になるのはどうしてでしょうか。

素っ頓狂なポーズを取った自分の画像が、ただでさえ容量少な目の私のスマホを日々圧迫していきます。

このため、私のPCデスクのそばには「不自然にでかい鏡」があります。

自撮りのためだけではなく、逐一自分の姿をチェックしながらでないと体が描けないので

そもそも、私のPCデスクはなぜかリビングにあります。

家の中で唯一wifiが途切れないのがそこだからです。

そのそばに、不自然にでかい鏡。しかも、PCに向けて置いてある。。

我が家を訪れた人は、私のことを強烈なナルシストか、ヤバいくらい風水にこだわる人、もしくは鏡の裏に見えてはいけない人型の染みがあると思っていることでしょう。

とまれかくまれ、自撮り画像をPCの「自撮りフォルダ」にどんどん貯めていっております。

私に万一のことがあった時、この自撮りフォルダだけは誰にも見られずに処分したい。

一定期間更新しなければ自動で削除されるアプリを入れようかどうか、本気で迷っているところです。

副業ガイド編集部おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

副業リスト