ネット販売

ハンドメイドで話題のレジン作品を販売する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
副業ガイド編集部

副業ガイド編集部

副業ガイド編集部。 ~あらゆる人に副収入を~をモットーに日々、副業や副収入に関する情報を発信していきます。LINEやTwitterでフォローをお願いいたします。

ここ数年、ハンドメイド作品がとても人気があり販売する人も増えてきています。minneやクリーマ、ココナラハンドメイドなどハンドメイドを売買できるアプリもありますよね。

わたしも実際にハンドメイドの販売をしていました。自分が作った作品で誰かが喜んでくれるって素敵なことです。

今回は、私が実際に行っていたハンドメイド作品の販売についてお話します。

 

自己紹介

四国地方に住むアラサーです。普段は0歳児の母として、家事に育児に追われています。

ハンドメイドを始めたのは、もうかれこれ6.7年程前になります。最初は簡単なティッシュケースなど布小物をミシンでチクチクと作っていました。

ティッシュケースがこんなに簡単に作れるのなら他の作品も作れるかも?と思いました。

レジン作品を作るようになったのはそれから1年経たないくらいです。

レジン作りの楽しさに嵌ってしまい、たくさん作っては周りの友達や姉にプレゼントしていました。

そんな中、姉の「ほんとに売り物みたい!販売したら絶対売れるよ!」という一言で私の中で自分が作ったものを売ってみたいという気持ちが芽生えました。

そして自分が作った作品を身に付けた人が喜んでくれたら本当に幸せだなぁと思い、販売することにしました。

 

ハンドメイドしたレジンの販売

販売方法は始めはネット販売で、最終的には雑貨屋さんへの委託販売が1番でした。

またInstagramからのオーダーもたくさんありました。インスタグラムのフォロワー数は現在400名ほどです。

数回ほどハンドメイドのイベントでデパートで作品を販売することもありました。

雑貨屋さんは多いときで4店舗契約しており、県外の雑貨屋の店主さんが私の作品を見て店に置きたいと言ってくれ2店舗はご連絡いただきました。残りの2店舗は自分で問い合わせて委託をお願いして、作品の売り込みをしました。

 

 

ハンドメイド商品を作るきっかけ

もともとはハンドメイドの作品をネットや雑貨屋さんで購入するのが好きでした。

ハンドメイド作品を扱っている雑貨屋さん巡りをするのも趣味の1つです。

ハンドメイド作品は1つ1つ手作業で作られているので、見ていると温かい気持ちになれます。

 

そんな中で私にも何か作れないかな?と思い、何年もしまい込んでいたミシンを取り出してきて布小物を作りました。

 

ハンドメイドには分野がたくさんあります。例えば、布小物、革小物、レザー、羊毛フェルト、編み物、刺繍、粘土など。

ハンドメイド作品はよく購入したり、雑貨屋さん巡りをしていたのでレジンのことは知っていました。

 

そして布小物を作っているうちに私もレジンにチャレンジしたいと思いました。

 

関連記事:育児商品をハンドメイドしてネットで販売する方法

 

 

ハンドメイド商品の内容(作成方法など)

レジンの押し花のスマホケースやアクセサリーを主に販売していました。ここではレジンのスマホケースについてお話しますね。

 

レジンには種類があるのですが、私が使っていたのはUVレジンです。透明や白色のスマホケースの上に押し花でデザインを作ります。押し花は繊細なので優しくピンセットを使ってデザインを決めていきます。

 

デザインが決まると、一度押し花を全部スマホケースの上から移動します。そして押し花のデザインの上下の位置関係を考えながらUVレジンで押し花を貼っていきます。その際はレジン用の筆を使います。

 

そして3分の1ほどUVレジンが塗り終わるとUVランプを使って硬化(固める)していきます。それを繰り返します。

 

レジンに未硬化な部分があればベタベタしますので、きっちり硬化します。

 

これで完成です。

 

 

ハンドメイド商品販売で意識したこと

商品販売で工夫したことは委託販売の場合は作品の後ろにくる台紙は白を使って、作品を引き立てるように意識しました。

また、ネット上に作品をアップする際の写真は必ず太陽光を使って撮るようにしました。ネット販売は写真が命なので必ず太陽光で背景には作品を際立つ色を使いました。

他の作品もそうですが、特にレジン作品は太陽光で撮るとすごく綺麗に撮れます。

 

実際にハンドメイド作品の販売で月額いくらくらい稼げるのか

私の場合、もともとは仕事をしながらの販売でしたのであまり制作時間がありませんでした。

 

実際に1番稼いだ月ですと5万円ほどです。だいたい月平均にすると2〜3万弱ほどになります。

 

ちなみにスマホケースのお値段は1つ3000〜5000円ほどです。レジンアクセサリーは1000〜1800円です。

 

委託の場合は店舗によって金額はまちまちですが、委託料なども発生していました。

最近はアプリなどで簡単にハンドメイド作品が販売できます。今回の記事が販売を考えている方の参考になれば幸いです。

 

 

この記事どうだった? 参考になった 参考にならなかった
参考になった×0
参考にならなかった×0
続きを読む
ライター募集
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る