主婦の副業

主婦がクラウドソーシングで記事作成して副業する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
副業ガイド編集部

副業ガイド編集部

副業ガイド編集部。 ~あらゆる人に副収入を~をモットーに日々、副業や副収入に関する情報を発信していきます。LINEやTwitterでフォローをお願いいたします。

自身の紹介

私は、三重出身で海外在住しています。年齢は30歳でパートナーと同居して主婦をしています。

同居前は、7年間医療の最前線で働いていました。

現在は家事を中心に担当しているため働きには出ていないのですが、少しでも生活の質を上げるために副収入が欲しいと思っていました。また、働くことも好きなので、自分で仕事を探したいと思っていました。

クラウドソーシングを利用し始めて2年になります。元々パソコンが苦手で、ワードやエクセルも基本的な機能しか使えませんでした。

不足が多いものの仕事を継続していることで少しづつ収入は上がり、現在では主婦業の傍らクラウドソーシングで副収入を得ています。一般的な仕事と比較すると収入は少ないですが、世界中のどこにいても稼ぐことが出来、少ないながらも生活の足しにはなっているので助かっています。

クラウドソーシングで記事作成をするきっかけ

クラウドソーシングを利用し始めたきっかけは、海外旅行です。

ワーキングホリデーをきっかけにして海外生活を続けている私は、新しい土地に引っ越したり、国が代わる度に就職活動を何度も繰り返さなくてはいけませんでした。

新しい土地で働くことはとても楽しいのですが、新しい仕事の仕組みや国の制度、言語の壁を越えなければならず苦戦することが多いのも事実です。また、就職活動がスムーズに進まないと収入が途絶え、本当に来月の家賃が払えないなど生活が困難になるという問題もあります。実際に今も海外在住してますので、気軽に「アルバイトしよう!」と思っても難しいのが現実です。

 

そこでインターネットを使えば安定した収入が得られるのでは、と思って始めたのがクラウドソーシングでした。

元々パソコンが苦手だった私は、クラウドソーシングを始めたばかりの頃はクラウドソーシングのシステムを理解するのにも戸惑いました。アンケートやクリックなど、1作業1円の簡単なものから取り組み続けているうちに20円、30円とわずかながらもお金が増えていくのが楽しかったのを覚えています。

 

新しいことには何でも挑戦してみたい性格の私は、特別な知識や技術はないものの、自分でも出来そうな仕事は何でも自分から提案していきました。

もちろん断られる提案がほとんどでしたが、その中でも私の提案を拾ってくれるクライエントもいました。もらった仕事は迅速かつ丁寧にこなすように心がけ、少しづつ決まったクライアントとの関係性が構築されていったことも収入が上がってきた理由です。

ただ、始めた当初は簡単なタスクでもメッセージのやりとりやアプリのダウンロードなど含めると意外とタスクの時間がかかって、作業時間で割ると1時間300円程度で働いていた期間も長く、さらに安定して仕事が得られていたわけではないので最初の半年は本当にお小遣い程度の収入でした。

それがクラウドソーシングを始めて1年目経つ頃には1時間に800円程度稼ぐことが出来るようになり、安定して仕事をもらえるようになってからは働けば働いた分だけ稼げる状態になりました。

クラウドソーシングでの記事作成の内容(作成方法など)

記事作成に当たっては、まずはしっかりとマニュアルを理解するところからはじめます。どのクライエントからも必ずマニュアルを渡されるので、最初から最後までしっかりと読み、慣れるまでは記事完成後にもう一度マニュアルを確認して、執筆のルールから外れていないかどうかチェックします。

マニュアルで指示されているルールが守れていないと継続的な仕事に繋がらないので、記事作成のタスクではマニュアルに沿うことが最低条件です。

 

また、クライエントが何の目的で使用する記事なのかも把握しておくといいでしょう。獲得出来た仕事は、自分から良いものにして納品することでクライエントとの信頼関係がぐっと向上します。

内容が曖昧なまま記事を提出するのではなく、堅苦しく考えすぎずに大切なポイントはしっかりとクライエントとコミュニケーションをとって、記事のイメージを固めてから執筆にとりかかるのが成功のコツです。

 

記事を書く場合は、読み手を想定して執筆することも大切です。ブログのような若い世代が気軽に読む内容であれば、難しい専門的な言葉は使わずに、文章もなるべく短く区切った方が理解しやすいです。

自分の得意分野について少し専門的に話せる場であれば、情報やデータを明確に伝えることが大切です。自分が使った参考文献や、引用したウェブサイトを参考として追記しておきます。参考文献を拾うときは、厚生省など国の機関から発表されているデータや、根拠がしっかりとしているデータが望ましいです。

クラウドソーシングでの記事作成で意識したこと(作業のコツや仕事の取り方など)

記事作成は働き方次第で上限なく稼ぐことが出来ます。しかし自分の仕事への時間配分はとても大切です。たくさんの仕事を請けて納期に追われるようになってしまうと、チェックが不十分になってミスが多くなったり、納期までに納品出来ないことでクライエントとの信頼を失ってしまいます。

私は自分が余裕を持ってこなせるだけの仕事を請け負って、地道にしっかりと納期を守って納品することを繰り返しました。

実際に主婦がクラウドソーシングで2年経験して月額いくらくらい稼げるのか?

主婦の私がクラウドソーシングを初めて2年で今は、月次●万円稼いでます。今後はもっと稼ぐ為に、現在お仕事を頂いているクライエント様とのコネクションをより強め、自ら新しい方向性など提案していけるくらい積極的に取り組んでいきたいと思っています。

 

下記のLINE@登録で主婦がクラウドソーシングを初めて2年目での月次のリアルな月収がわかります。

 

 

単価の交渉も1年以上一緒にお仕事をしているクライアント様には相談していて、少しづつ上がってきているので今後も信頼できるクライアント様とのお仕事を大切にしていきたいです。

 

 

この記事どうだった? 参考になった 参考にならなかった
参考になった×0
参考にならなかった×0
続きを読む
ライター募集
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る