主婦の副業

本当に!?クラウドソーシングで主婦は本当に稼げるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
副業ガイド編集部

副業ガイド編集部

副業ガイド編集部。 ~あらゆる人に副収入を~をモットーに日々、副業や副収入に関する情報を発信していきます。LINEやTwitterでフォローをお願いいたします。

経験ゼロ!PCなし!そこからスタートしたクラウドソーシング

クラウドソーシングなんて聞いたこともありませんでした。きっかけは、2人目の出産。産後しばらく保育園探しに追われ自宅で過ごしていました。

自宅にいながらできる仕事がないか調べ始めて、出会ったのがクラウドソーシングでした。文章を書くことが好きだったので、「私でも少しだったら書けるかな」とクラウドソーシングに登録。

目標金額は「子供のおやつ代の足しになればいいかな」程度でした。文章を書くことが好きと言っても、経験ゼロ。パソコンも持っていませんでした。

しかし、募集内容はPC必須の案件ばかり。スタート半月ほどスマホで仕事をしていましたが、結局実家から余っていたPCを譲ってもらいました。

スタート時は、クラウドソーシングと育児で過ごしていました。現在は、昼間はパートにでて、副業でクラウドソーシングを行っています。

 

クラウドソーシングの仕事内容

クラウドソーシングのお仕事と言っても、サイトによって様々なお仕事があります。

【クラウドソーシングのお仕事の種類】

・事務作業

・ライティング

・翻訳

・デザイン作成

 

私の場合、「ライティング部門」でお仕事をしています。案件は、主に「○○について2000字執筆してください」、「○○についてブログ風記事作成」です。

ライティングと言っても、ジャンルは様々です。金融、ドラマ内容、小説、婚活、育児など自分が得意なジャンルで書いています。私の場合、介護、婚活、恋愛、仕事のスキルアップなどです。

 

クラウドソーシングのお仕事の進め方

仕事募集をチェックして、「このお仕事をしたいな」と思ったら、見積もりを出します。見積もりは、簡単に言えば「立候補」ですね。

この案件をやりたいという意思を発注先に示します。

【作成手順】

・案件に見積もりを出す

・依頼内容の詳細、納期を発注先と確認する

・記事作成

・納品

クラウドソーシングで主婦が気を付けたい記事作成での4つの注意

記事作成をスタートして、1年。200~300記事を納品しました。そこで学んだ注意点をご紹介します。

【1】コピペは厳禁

記事を作る際に、必ずいろんなサイトで情報収集をしますよね。参考にしたサイトと自分が作った文章が酷似していると、トラブルの元になるので厳禁。

ライターとして当たり前のことですが、クラウドソーシングでは多いトラブルの一つのようです。どの募集案件にも、コピペに対する注意書きは必ずあります。

 

【2】納期は無理のない範囲で

納期に追われて文章を書くのは初心者にはプレッシャーですよね。私自身、最初の頃は1記事で作成に、まるっと1週間かかっていました。

副業で記事を作るなんてとても考えられませんでした。最初のうちは、無理をせず納期を発注先に提案してみましょう。ちなみに私は、1記事1週間でお願いしました。

これは、副業になった現在も同様です。

 

【3】連絡はきちんと返しましょう

発注先と話を進めて「よし!作業開始!」と早まってしまいがち。まだ、相手が返信を待っていることもあります。

記事作成の注意、納期を確認してから「では、作成にはいります」と一言送れば間違いないでしょう。忙しい主婦だからこそ、PCメールをスマホにも届くように設定しておくと連絡ミスも防げますよ。

 

【4】修正が入るのは当たり前

せっかく、長時間かけて書き上げた記事に修正が入ることもあります。慣れないうちは、修正指示にガッカリしたり、相手の修正して欲しいポイントがわからないことも。書き上げた記事は、修正されると、自分自身の記事作成のスキルアップにつながります。

ノウハウがまったくなかった私ですが、修正が発注先から入るたびに修正。続けていくうちに記事がまとまり、読みやすくなりました。

 

 

ご紹介した注意点を見て、「当たり前のことだらけ」と思う方が多いでしょう。そうです、当たり前のことをきちんとしていれば、収入も徐々に上がってきます。

 

 

クラウドソーシングに収益の安定はあるのか?

副業とはいっても、安定があるかは重要なポイントですよね。実際に、安定を感じ始めたのは半年後からでした。

継続的に発注はありますが、途切れることもあります。しかし、募集は沢山ありますので実際に途切れて困ったということはありません。

大切なのは、発注先との関係性をたいせつにすることです。信用は先ほどご紹介した注意点4つを守っていれば、信頼され発注先から指名してもらえることも増えてきます。

ライターとしては嬉しい限りですよね。

 

 

実際に主婦がクラウドソーシングで月額いくらくらい稼げるのか?

私の場合、最高月額7万円稼ぎました。忙しい月も1~2万円入ります。

週4日は朝から夕方までパートに出て、子供たちも手がかかる時期。1~2万円が無理なく副業できる範囲だと思っています。

和訳できる人や写真加工や看護師やFPの資格を持っている方は、専門知識を活かした高単価の案件も沢山あります。

専門知識があれば副業でも10万以上稼ぐライターさんも多いようですよ。

記事作成に必要な環境さえ整っていれば、ライター側にはマイナス要素が少ない仕事だと思います。ペースも自分で調整できるのでトライしやすい副業と言えるでしょう。

この記事どうだった? 参考になった 参考にならなかった
参考になった×2
参考にならなかった×0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る