主婦の副業

ダンサーも注目!ダンスインストラクターの副業で稼ぐには?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
副業ガイド編集部

副業ガイド編集部

副業ガイド編集部。 ~あらゆる人に副収入を~をモットーに日々、副業や副収入に関する情報を発信していきます。LINEやTwitterでフォローをお願いいたします。

育児休業中の30代主婦、関西在住、元ダンスインストラクターです。

私は学生時代スポーツに打ち込み、保健体育の教師を目指していました。大学卒業後は、もともと興味のあったダンスを本格的にやってみたいとダンススタジオへ通い続けて3年目のある日。

ひょんなことから、急遽ダンスインストラクターの代行を務めることに!これをきっかけにインストラクターへと抜擢され、私のダンスインストラクターとしての副業がはじまったのです。

それでは、ダンスインストラクターの仕事内容や、収入についてお話しさせていただきます。

ダンスインストラクターになったきっかけ

学生時代からダンスに興味があったものの、違うスポーツに打ち込んでいたので本格的にダンスをする機会がなかったのですが、大学の部活を引退しダンススタジオに通い始めました。

始めたころは、ヒップホップ、ハウス、ジャスなど違いがわからなかったので、手当たりしだいレッスンを受け、そこで自分にはまったHIP HOPのレッスンのみに通うようになりました。

また、普段はアルバイトとしてスポーツクラブの受付の仕事をしており、仕事のあと、そのスポーツクラブのスタジオレッスンのひとつである、ストリートダンスのクラスを受けることもありました。

ストリートダンスクラスのインストラクターが変更になり、新しく入ったインストラクター(Aさん)が、私が通っていたダンススタジオで一緒にレッスンを受けている生徒の一人だったのです。

あるとき、Aさんが体調不良で私が働いていたスポーツクラブのレッスンに行けないと連絡がありました。急だったため代行のインストラクターが見つからず、そのときダンス歴3年目になっていた私が急遽代行を務めることに!

私は学生時代、保健体育の教師を目指しており、教育実習でダンスを教えた経験がありました。また、通っていたダンススタジオでは、ストレッチの指導をしたりと指導経験がゼロではなかったので、緊張はしましたがだめもとで1レッスンやりきりました。これが、私のダンスインストラクターデビューのきっかけです。

そこから、Aさんが他のスポーツクラブでの代行者を探す際、誰もいなければ私に声がかかるようになりました。(Aさんは、ダンスインストラクターを本業としており、他のスポーツクラブでもたくさんレッスンを受け持っています。)

行く先々、スポーツクラブで私のレッスンの評判が良かったことで、Aさん以外のインストラクターからも代行のお願いをされることが増えました。その結果、複数のスポーツクラブでもインストラクターを務めるようになり、私の副業となったのです。

ダンスレッスン内容の工夫

ダンスインストラクターは1レッスン60分で終わり!というわけではありません。どの曲を使って、どんな振り付けにして、その振り付けの練習になるようなステップをウォーミングアップでも取り入れて、など考えることはたくさんあります。そしてもちろん事前準備もかかせません。

レッスンでは、ストレッチ、リズムトレーニング、振り移し、曲に合わせて踊る、クールダウン、といった動きの流れを限られた時間の中でこなしていきます。

そのため、時間配分はとっても大切です。

ダンスインストラクターで仕事を獲得するには

スポーツクラブでインストラクターとして活動するためには、事前にオーディションを受け、合格したらレッスンフィーやレッスンを受け持つ曜日・時間が合うかなど交渉し、お互い折り合いがついて初めて仕事獲得となります。

私の場合、代行要員としての登録、会員さんからの評判が良かったため、オーディションはなし。はじめからレギュラーとしてレッスンを受け持つことはありましたが、稀なケースだと思います。

スポーツクラブでは、10代から70代まで幅広い年代の会員さんがレッスンに参加されるので、みんなに楽しんでもらえるよう工夫するのが大変でした。

また、ダンス初心者のフォローや、高齢の方の安全にも注意した振り付けであること、なども意識しました。

ダンスインストラクターは、レッスンでいくら稼げる?

レッスンフィーは行く先々の施設によってさまざまです。私の場合はスポーツクラブを中心に活動していたので、1レッスン60分で3,000円から5,000円と差がありました。

交通費は別途支給されることが多かったです。キッズダンスの代行をしたときは、1レッスン45分で6,000円、プラス交通費が支給されることもありました。

ただ、50分のクラスもあり、その場合は、1レッスン60分で3,000円で契約しているとすると、3,000×0.8=2,400となり、1レッスンあたり2,400円となることも。

普通のアルバイトと比べると単価はいいように感じますが、移動時間を考えると、決しておいしい仕事ではありません。

スポーツクラブではなく、本格的なダンススタジオのインストラクター、例えば、ショーにでているダンサー、コリオグラファーとして活躍しているようなプロのダンサーの単価はもっといいと思います。

自分がまさかダンスでお金を稼げるようになるとは想像もしていませんでしたが、好きなことが仕事に繋がり、私のレッスンを楽しみにしてくれている会員さんがいたり、代行要員からレギュラーレッスンを持てるようになったりと、とてもやりがいのある仕事でした。

ただ、これが本業となると年齢や体力面の問題もあるので、今の私には副業とするのぴったりでした。

副業は、今の生活でも無理せずできること、そして少しでも好きな事に繋がっていることの方が、長く続けられるコツかもしれません。私のように学生時代に頑張ってきたことや、学んできたことなど、楽しかったことの中にも、キッカケはあるのかもしれませんね。

この記事どうだった? 参考になった 参考にならなかった
参考になった×1
参考にならなかった×0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る