主婦の副業

男性向け有料noteで月額〇〇円の稼ぎ方を公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
岩崎みさと

岩崎みさと

フリーライター。会社員時代に副業で始めたエロブログが50万PVになったのでフリーランスに転身。独立後の月売上は最高60万超。オナニー愛好家として、女性の性や恋愛に関するコラムを執筆。プライベートでは、2016年に14歳年上の夫と結婚。現在、1歳の男の子の育児に奮闘中。

フリーライターの岩崎みさとです。私は普段、女性の恋愛や性に関するコラムを書いて生活をしています。

独立して4年。その間に「結婚、妊娠、出産」を経験し、現在は1歳の息子の育児奮闘中です。

関連記事:エロブログで累計1000万円稼げるようになるまでの軌跡

たまには育児から離れて気分転換したい。新しいことを始めたいなと思っていたときに出会ったのが、「有料で文章やイラストを販売できるサービス『note』

私はこのnoteで男性向け有料コンテンツを販売しています。

今回は、私がnoteをはじめたきっかけや有料コンテンツを販売するときの注意点など、体験をもとにお話していこうと思います。

広告に依存しない収益源=note

noteに興味をもったのは、プロブロガーのイケダハヤトさんの影響です。

少し前に彼がブログで「noteがアツい!」「noteで何百万稼いだ!」と熱弁されている記事を読んで、「そんなに稼げるなら私もやってみようかな……」と思ったことがきっかけでした。

冒頭にも書いた通り、私は毎月ブログで20~30万円ほど広告収入を得ていますが、正直、それはいつまで続くのかわかりません。

ブログは検索エンジンに依存した収益モデルなので、Google様の気まぐれで売上がゼロ……なんてこともあり得るのです。

ちょうど半年ぐらい前にも、Googleのアルゴリズム変更でブログのアクセス数が半減し、売上がガクっとさがったことがありました。

広告に依存したビジネスだと「売上がゼロになったらどうしよう…」「来月発注こなかったらどうしよう」という不安が常に付きまとい、Googleアナリティクスとにらめっこしながらビクビクする生活を送っていました。

「せっかく自由な働き方を手に入れたのに、これじゃ自由とは言えないな…」と思い、広告に依存しない新たな収益源の獲得を求めて、noteを始めました。

ブログで文章を書くときは、さまざまな制約に縛られて、書きたいことが自由に書けないと感じることがありました。

「このキーワード需要あるかな」とSEOのことばかり気にしたり、「こんな恥ずかしい体験書いて、炎上したらどうしよう」と批判を恐れたり……。

その点、noteは自分の経験や考えを自由に表現するプラットフォームとして最適だと感じました。

有料note販売は「誰に・なにを」を明確に!

実際にnoteを始めるときに難しく感じたのは、無料と有料コンテンツのすみわけをどうするかということ。

私はすでにブログで1000本近く無料のコンテンツを書いてきたので、「これ以上何を書けばいいのかな」と悩みました。

そこで工夫したのが、ターゲットを明確に分けること。ブログは女性向けにセックスのハウツーを書いてきたので、noteでは男性向けの有料コンテンツを販売することにしました。

これまでの取材で蓄積したノウハウを体系的にまとめたり、多くの男性が持っているセックスの思い込みに切り込んだ内容を記事にしたり、自分のセックス遍歴について書いてみるなど、プライベートの切り売りもしてみました(笑)

せっかくお金を出してコンテンツを買ってもらうわけですから、「買ってよかったな」と思ってもらえるような内容を心がけています。コンテンツ作りについては、まだまだ模索中。

いろんな切り口で記事を書いてみて、読者の反応をみながらキラーコンテンツを見定めていきたいです。

有料コンテンツは読者のニーズを見極めて

自分の書いた文章をわざわざお金を出して読んでいただける。これってnoteの醍醐味です。

収益性ではまだまだブログには劣りますが、広告収入よりも稼ぐ喜びがあります。

ただ頑張って書いてもまったく売れず、心が折れそうになるときもあります。

以前、「【#1私を抱いた男たち】初体験はハタチ。処女とのセックスは男の度量が試される」という記事を3時間かけて書きましたが、なんと3冊しか売れませんでした。(笑)

売上はわずか600円。時給200円のブラック労働です。

でも冷静に考えてみれば、私のプライベートなんて誰も気にならないですよね。(笑)

有料コンテンツは「これを読むとこんなことができるようになる」という部分をはっきり提示しなければ売れないということを実感しました。

note売上をあげるための工夫

気になる売上は…。

下記のLINE@登録で岩崎さんのnoteの月次売り上げが分かります。

 

課金コンテンツは、イケハヤさんやはあちゅうさんのように、すでにSNSなどで多くのファンを獲得している人のほうが圧倒的に有利です。

影響力のある人なら100円のnoteを売っても、100冊、200冊と売れるでしょうが、一般人が書いたコンテンツは、よほどエッジの効く内容でないと簡単には売れません。

100円でnoteを売っても、10冊売れて、売上は1000円。そこから手数料が15%程度引かれて、手元に残るのは850円。これでは、ランチ代にもなりません。

無名の人がnoteを始めるなら、しっかりと作り込んだボリュームのあるコンテンツを、高めの値段設定で販売するのがおすすめです。

私も「セックスで女をイカせる方法は、すべて「オナニーが教えてくれる」というミニ書籍を500円で販売しています。

このnoteの売上は好調で、販売を開始してからわずか3日で1万円近く売れました。気になる方は是非購入して読んでみてくださいね。

この記事どうだった? 参考になった 参考にならなかった
参考になった×1
参考にならなかった×0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る