ハンドメイドの副業

ハンドメイドのサニーマット販売で副業する方法をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
副業ガイド編集部

副業ガイド編集部

副業ガイド編集部。 ~あらゆる人に副収入を~をモットーに日々、副業や副収入に関する情報を発信していきます。LINEやTwitterでフォローをお願いいたします。

都内在住、31歳専業主婦、ただいま育児真っ最中です。

突然ですが、サニーマットってご存知でしょうか? サニーマットとは、赤ちゃん用のお昼寝マットのことです。お子さんを持つママならご存知の方も多いと思いますが、ベビー用品ってどれもすっごく可愛いですよね!

でもベビー用品って意外とお値段も高い…だったら自分でハンドメイドしてみよう!ということで、私はそのサニーマットをハンドメイドで作っています。

お子さまを持つママにもオススメしたい、ハンドメイドならではのサニーマットの作成方法と販売工夫などをお話ししていきます!

サニーマットを販売するきっかけ

会社員時代、ファッション関係の仕事に携わっていたこともあり、ミシンの使い方やパターンの仕組みを学ぶ機会も多くありました。その影響もあり、デザインを考えることが好きになり、さらにそれを形にすることが楽しくてよくハンドメイドの作品を作っていました。

ですがハンドメイド商品を販売するということは考えておらず、自分が欲しいものを自分の為に作っていたんです。そんな時、妊娠をきっかけに我が子にも何か作りたいと思いました。

妊娠期間は10ヶ月、時間がたっぷりあったのでサニーマットだけではなく、クッションやベビー枕も作成しながら妊娠期間を有意義に過ごしていました。

いざ商品が完成、そのあまりの可愛さに、「ぜひ他の方にも使ってもらいたい!」このサニーマットを紹介したいと思い、販売することを決めました。

ハンドメイド商品が売れるのは、ほんの一握りの方しかいないということも知っていましたし、お客様はやはり正規品の品物を欲しがる傾向にあることも十分理解した上での販売でした。

販売先としては、たくさんの作家さん達が出品しているハンドメイドマーケットのminne(ミンネ)とユーザーがたくさん確保されているメルカリで販売することにしました。

minneで他の作家さんのハンドメイド商品を見ていると、オリジナル性があり、店頭に販売されていてもおかしくないくらいの高クオリティの商品がたくさん販売されていました。

メルカリは以前からお世話になっていたフリマアプリで、古着を売ったり買ったりなどしていたのですが、実はハンドメイド商品もたくさん販売されていることに驚きました。

サニーマットに込めた赤ちゃんへの想い

*上記写真:ライター本人作品*

サニーマットの作成方法は、インターネット上で作り方を検索し、それを参考にしながら形を変えたり自分のオリジナルのサニーマット作りに励みました。

サニーマットはほとんどが円形の形をしているのですが、それではたくさん販売されているものと似ているために、お客様の目に留まりにくいと考えました。

そのため私は長方形のサニーマットを作ることにしたのです。円形から長方形にするということで、長方形のサニーマットの作り方はもちろんインターネット上にもありませんので、サイズや縫い方は自分なりに考え、試行錯誤し作成していきました。

サニーマットは赤ちゃんが寝転んだり遊んだりするマットですので、できるだけ素材は綿100%のものを使用し、クッション性をつけるために厚めのキルト芯を挟み込むなど、赤ちゃんに優しい作りを徹底しました。

サニーマット販売で意識したこと

販売する上で、いくら商品の出来上がりが良く、デザイン性に優れていたとしても、ネット上で販売するときの写真の載せ方や商品説明の仕方によって売上の差がかなり出てくると思います。

私がネット上で販売するために工夫したことは、

・商品は一眼レフカメラで撮影すること

・実際に顔を隠した娘を寝転がしてイメージ画像を載せること

・商品説明の際には、詳細なサイズを載せて素材なども詳しく記載する

以上の3点を心がけました。

ネット上で販売することによって一番大事なのが、商品写真だと思っています。写真が暗く、ブレていたりするとせっかくの良い商品もネットを介して見ているお客様には価値を伝えることができません。

より綺麗に鮮明に撮影できる一眼レフカメラはおすすめで、実際に私も最初はスマートフォンのカメラで撮影していたのですが、一眼レフカメラで撮影したものを載せ始めてから売り上げが伸びた実績があります。

他にも、お客様がイメージしやすいように赤ちゃんを寝転がした写真を載せたり、サイズ以外にも素材の紹介をするなどして、お客様が目を引くような工夫をすることが売り上げへの第一歩となります。

サニーマットの月額売り上げは?

minneとメルカリ両方とも送料込みでサニーマットを4,100円で販売したのですが、最初の2ヶ月間はメリカリで1つ売れるだけでした。

一眼レフカメラで商品を撮影したり、サイズや素材の詳細を載せたり、実際に娘をサニーマットに寝転がせたイメージ画像を載せるなど、販売方法を大幅に改善したおかげで、3ヶ月目には5つのサニーマットが売れました。

4ヶ月目は3つ、5ヶ月目には4つのサニーマットを売り上げることに成功しました。

その後は出産が近づいていたため、サニーマットを作ることが難しくなり、販売を中止してしまったのですが、サニーマットの販売を始めてから13個のサニーマットを売り上げることができ、約26,000円の利益を得ることができました。

ハンドメイドは販売工夫次第で稼げる!

ハンドメイド商品を売るということは、思い付きで簡単に出来ることではあるのですが、売れるためには販売方法を工夫したり、値段設定が大事になってきます。

やはりハンドメイド商品というと、素人が作っているということで正規品と比べて品質が劣ることもありますし、ネット上で販売するとなると、実際に手にとって商品を見ることができないので、商品イメージをしにくいのが難点です。

しかし、ハンドメイド商品はオリジナル性があり、世界でたった1つの作品ですので特別感があります。そこを上手く商品アピールすることで、口コミが広がり爆発的な人気になるかもしれません。

今は育児で忙しく、サニーマット作りを一時中断している状態なのですが、育児が落ち着いた頃にぜひまた特別なオリジナル性あるサニーマット作りをして、販売していきたいと考えています。

関連記事:【趣味ハンドメイド副業】ヘアアクセサリー作りの副業は意外と稼げる?!

関連記事:育児商品をハンドメイドしてネットで販売する方法

この記事どうだった? 参考になった 参考にならなかった
参考になった×0
参考にならなかった×0

副業ガイド編集部おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

副業リスト