FX投資

副業にも最適!FXスキャルピング専業生活を実践!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
副業ガイド編集部

副業ガイド編集部

副業ガイド編集部。 ~あらゆる人に副収入を~をモットーに日々、副業や副収入に関する情報を発信していきます。LINEやTwitterでフォローをお願いいたします。

皆さんのなかには普段の仕事とは別に副業でFX投資をされている方がいらっしゃることと思います。

もしくは今は兼業でFX投資をしているものの、今後は専業に移り変わろうと検討しているかもいらっしゃることでしょう。

実際に、副業ガイドの「あなたがやってみたい副業は何か?」というアンケートにも、投資は約20%の人がやってみたい副業として挙げてます。

アンケート

 

そこで今回は、そんな投資の中でもFX投資に絞って、実際にFX投資の専業生活をおくるなかでの成功例や失敗例、工夫している点などの体験談をご紹介します。

まず私のFX投資歴は、毎日やってきたわけではないですが5、6年ほどです。FXトレーダーとして専業になってから1年ほどです。

簡単な経歴ですが、国内の金融機関に約10年間勤務し、信託銀行やアセットマネジメント会社などの、いわゆる機関投資家向けに株式セールス業務を6年経験。国内外株式のリサーチ業務にも3年ほど携わってきました。

その後の海外の金融機関では、日本の投資家に現地の金融・経済情報をお伝えする業務を経験。

そして業務を終え帰宅した後などに、不定期ではありましたがFX投資を行っていました。

FX投資の前はネット銀行で口座開設をして、外貨投資なども行った経験もあります。FX投資を週に頻繁にやり始めたのは、2年ほど前くらいからです。

なぜ副業でFX投資をしようと思ったのか

FX,副業

もともと金融機関に勤め、業務も資産運用にダイレクトに関わった仕事であったため、自分自身でもいつか投資をしてみたいという思いは強かったです。

そして初めて投資を行ったのが、FXではないですが、リーマンショック後の株式投資でした。

その時はどれを買っても歴史的に見ても安く買えるため、その後放っておいても上手く株価が上昇し、元手の倍の資産になったことを鮮明に覚えています。

そのため、投資に対するイメージは決して負のものではなかったです。

株式投資は一般的な教科書通りの長期投資ですが、もっと短期間で利益をあげたい思いもあり、たまたま友人がやっていたFX投資を勉強し始めました。

ビギナーズラックというのもあり、FX投資でもコツコツと資産を増やしていくことができました。

専業になろうと思ったきっかけは、本業の月収よりも多い収入が数か月続いたからです。

今思うと大した知識やスキルもないのに、それまでの安定収入を捨て、専業になったなと思いますが、一度しかない人生、やりたいことに挑戦したいという思いの方が強かったようです。

FX投資の成功例、FX投資の失敗例

FX

投資の成功例としては、FX投資の場合、個人の資金量はたかが知れています。そのため、上げ相場にしても、下げ相場にしても大きな流れができた時に、自分もその流れに乗っかり同じ方向についていくことによって、高い確率で利益をあげられると思います。

例えば2016年、ドナルド・トランプ氏がヒラリー・クリントン氏に土壇場で勝利した大統領選後、代表的な通貨であるドル円は猛烈な勢いで上昇しました。この時は何も考えず流れにそのまま乗っかるだけで大きく勝てました。

逆にリーマンショックの時は、ほとんどすべての金融商品がものすごい勢いで値下がりしたので、自分自身もその流れに乗ることによって高い確率で利益を得ることができました。

一方で、FX投資で大きく失敗したこともたくさんあります。まず損切りが遅すぎたことです。これはドル円、あとユーロ円でも大失敗しました。大きな流れができて、その流れに乗ったつもりが実はもうその流れは終わり逆方向に動いていたとします。

自分自身は、また戻ってくるだろうと高をくくり、ナンピンを繰り返し、含み損が少しずつ膨らんでもロスカットせずにいました。

そして、最終的には100万円単位まで損が拡大したところで、資産が全部なくなってしまっては困ると思い、泣く泣くポジションを切ったことがあります。

私がやっているようなスキャルピングは、コツコツと小さな利益を積み重ねて、結果として資産がふえていればいいのですが、このように一度に大きな損を出してしますと、それを取り返すのはとても大変になります。

 

FX投資にお勧めのスキャルピング投資とは?

ここで、私の投資スタイルをお伝えいたします。

株式は長期投資だったのは、会社に勤めていたということもあり、専業になってからはスキャルピング投資を行ってます。

スキャルピング投資は、デイトレードよりもさらに短い単位で利益を確定させる投資手法です。

常に、チャートを見ることができるのでエントリーのタイミングを計り、リスクを極力減らすために数銭もうけが出たらすぐに利益を確定させます。

全く根拠のない希望的観測だけでポジションを保持するのではなく、当初と違った方向に相場が動いた時は、問答無用で切ることが、FX投資を長く続けていくうえでとても大切なことです。

また後になって振り返ると悔しい思いがいっぱいですが、ルールを無視したトレードを繰り返し行ってしまうことです。

これは例えば、下がってくるとさらに売りたくなり、上がってくるとさらに買いたくなることにより、どん底で売りポジションが捕まり、天井で買いポジションが捕まることです。

何回かトレードがうまくいっていると、ルールを無視して調子に乗ってトレードしてしまうのでしょう。

これも先ほどのロスカットができないことと同様、繰り返し行っていると、FX投資から退場させられてしまう可能性がありますので注意してください。

FX投資をするうえで工夫していること

投資

投資をする上で工夫していることですが、これはとても重要です。

まず私は市場が開いていない土日に、その週の失敗したトレードを見直し、なぜここでポジションを持ってしまったのか、もしくはなぜもう少し利が乗るまで決済を待てなかったのかなど、次のトレードに活かせるようしっかり復習をします。

この「なぜ」を繰り返すことはとても重要だと思います。

このように、トレード一つ一つを見つめ直すことにより、エントリーするタイミングがより研ぎ澄まされたり、似たような場面を思い出して損を拡大させずにうまくロスカットできたりすることで、トレードするたびに経験値を大きく高めることができると思うからです。

また私は、失敗した事例や通貨ごとの値動きの特徴などをノートにまとめています。そして毎朝トレードをする前に、ノートを見返すことにより、何度も同じ失敗を繰り返さないように頭の中でトレードのイメージをするように心がけています。

特にスキャルピングの場合、瞬時の判断が求められるため、事前にしっかりと成功・失敗のイメージを持たせておくだけで、いざ本番の時にすぐに的確な判断ができるかと思います。

FX投資による月の儲けは?

投資

私の実際の月の儲けは多い月で100万ほど、ならすと30から40万ほどになると思います。

思ったより稼げてないなと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私の場合、一度大きな損をして痛い目にあっていますので、資産を減らさないよう、利益を得られる確率が高い時のみトレードをするようにしています。

本格的に専業トレーダーとして始めてから、まだ1年ほどしか経っていないため、これからもっと経験値を積むことで、スキャルピングのトレード回数を増やし、結果資産をさらに増やしていければと考えています。

スキャルピングは、一度の儲けは少ないですが、大切なお金をリスクにさらす時間も限られているため、利益をあげる可能性は高くなると思います。

そしてトレードを行いながら、自分自身のトレードスキルなどを向上させていけばよいと思います。

投資の世界は実践が何よりも大切です。そうはいっても、FXはリスクの高い投資であるため、極力リスクを抑える手法としてスキャルピングはおすすめです。

FX投資は資産運用として効率の良い手法

副業

しっかりとリスク管理をしてFX投資を行うことができれば、FX投資は資産運用のなかでもとても効率の良い手法だと思います。

皆さんも兼業・専業問わず、FXの勉強をして、FXの世界へ飛び込んできてください。そして大きく資産を増やしていきましょう。

関連記事:株式投資で副業する方法~勝てる投機とは

関連記事:思ったより簡単!FXの始め方と後悔しないためのポイントとは?!

この記事どうだった? 参考になった 参考にならなかった
参考になった×0
参考にならなかった×0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る