働き方

「レンタルおっさん」で稼ぐ副業体験談!ウェブショップの運営アドバイザーを紹介♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
副業ガイド編集部

副業ガイド編集部

副業ガイド編集部。 ~あらゆる人に副収入を~をモットーに日々、副業や副収入に関する情報を発信していきます。LINEやTwitterでフォローをお願いいたします。

突然ですが、「レンタルおっさん」をご存知でしょうか。自身の得意スキル、知識を登録し、利用者に時給で買って貰うシステムです。

私はこのレンタルおっさんにて、ウェブショップの運営アドバイザーの副業をしています。

また、他にもライティングの副業もしていますが、今回はこのウェブショップの運営アドバイザーの副業をご紹介したいと思います。

自己紹介

本業はアニメグッズの企画卸会社で品質管理をしております。副業ライターとしてはまだ半年強の駆け出しではありますが、出会い系アプリや、アメリカのテレビドラマ・映画についてをメインで書いています。

ウェブショップの運営については自分で運営しているわけではなく、とある個人でテキスタイルを仕入れ、一部製品化し、生地や製品の制作、販売等一連の運営を行っている方に、客観的に意見や感想をお伝えし、改善してもらうレベルでやっています。

あまり専門的なアドバイスというよりも、消費者の立場でこうあって欲しいという意見を参考にしてもらっていると言った方がいいかもしれません。

副業ウェブショップ運営アドバイザーを始めたきっかけ

きっかけは「レンタルおっさん」です。これは個人で登録し、1時間1,000円でオファーがあったいろいろなお手伝いをするものです。

ここで申し込みのあったウェブショップの運営者から依頼を受け、 在庫管理や、PLの作り方、デザイナーへの報酬の相場などをお話しています。先方とのやりとりはスカイプで行っています。

副業ウェブショップ運営アドバイザーで工夫したこと

先方のウェブサイトの趣旨に近い他ウェブサイトを参考にしながら、次回に何をアドバイスするかを一週間考えます。週に一回のスカイプでその内容を話し、先方からの更なる問題点、疑問点を伺います。

時間があるので、更にこちらでとりいれたほうが良いと思われる点を具体的に用意しておきます。通常一時間のスカイプの中で双方の意見、疑問点を洗い出して次に備えるかたちです。

ただ直接スカイプで話をしている時間よりも用意する時間の方が長いので、時給払いでは割に合っていません。

副業ウェブショップ運営アドバイザーをして良かった点&悪かった点

この副業を行なった上での良かった点、悪かった点を述べます。

副業での良かった点

良かった話は、これまでかなり丼勘定で運営しているところがあり、損益自体もはっきりしないまま進めていたのを見直し、ビジネスプランを立て直すとことろから始められたことです。お話しを頂いた時点では、まだどうにか修正できる段階だったので、ただいま絶賛修正中です。

まず在庫の管理ができていない点。10センチ単位で販売しているため、50センチのオーダーでも5センチ長くカットしてしまったり、その基準が決まっていないがために在庫の残りの長さがバラバラで把握できていませんでした。

そこで1メートル未満のおまけ分は5センチ、1メートル以上の場合は10センチと取り決めをし、計算上でも在庫量が把握できるようにしました。

もっと根本的な部分でいうと、売り上げと経費のトレースができていませんでした。仕入れと人件費でいくらかかって、売り上げがこれだけあり、月にいくら売れば黒字になるかさえ把握せずにやっていたのです。

一人で運用しているので、少しでも売り上げが上がっていることで安心してしまい、本当にビジネスとして成り立っているのかを把握しないままただ仕入れ、制作、販売を行なってきたわけです。

そこで簡単なPLの作り方をエクセルでフォーマットを作り、そこに数字を入れるよう指示しました。現在その算出に必死になっているところです。

副業での悪かった点

悪かった点は、私自身がウェブショップをやった経験があるわけではなく、今まで婦人雑貨やテーマパーク商材でMDとしてやってきたノウハウを通用するかわからないままにアドバイスをしてしまっている点です。

正直なところ大々的にウェブショップの運営をお手伝いできるレベルではないと思いつつも、なんとかビジネスプランの作り方で根本を見直し、細かい修正を繰り返し、運営上うまくいって欲しいと手探りでやっています。

副業ウェブショップ運営アドバイザーでいくら稼げた?

現在この案件については、3回のスカイプで3,500円が入金されています。ですがレンタルおっさんの登録料が月約5,000円かかりますので、これだけだと赤字です。

ですがもう一件、外資系法務部のプレゼンテーションのアドバイスという案件も受けたので、そちらが2,500円となり、7月一ヶ月では1,000円の儲けです。

もちろんこれでは採算が合わない故、最初に述べたように別にライターの仕事もしています。こちらの仕事は月に約30,000円にはなり、何もしていない自由時間にやっていますので、時間と頭を使う以外は元手はかかっておりません。

今後の副業方針

現在レンタルの方は9月で更新しない心算でいます。もちろん自分のアピール度が不足していることを反省すべきなのですが、ただ話をして時給1,000円もらえるわけではなく、話をするための仕込みにも時間を費やすことになり、その時間は何も支払われないのです。

ですから、その時間をライティングに回せば、少なくとも1時間あたり1500〜2000文字は書けるわけです。そのため、シンプルにどちらが稼げるのか比較をすれば、明らかに割がいいのがライティングだと思います。

この時間効率を考えた結果、今後はライティングをメインにしていこうと考えているところです。

この記事どうだった? 参考になった 参考にならなかった
参考になった×0
参考にならなかった×0

副業ガイド編集部おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る