夜のお仕事

一般OLの副業体験!高収入の風俗嬢でいくら稼いだ?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
副業ガイド編集部

副業ガイド編集部

副業ガイド編集部。 ~あらゆる人に副収入を~をモットーに日々、副業や副収入に関する情報を発信していきます。LINEやTwitterでフォローをお願いいたします。

都内在住、30代女性、本業はガス会社の事務員です。そして副業で風俗のアルバイトをしています。

「風俗」と聞けば、真っ先に男性が食いつきそうな話題だと思われがちですが、実は女性の中でも気になっている方も多いのではないでしょうか。

表向きはOLとして働きながらも、実は副業として風俗をしている「隠れ風俗嬢」も増えてきています。

本業の収入だけでは生活できない、貯金ができない、もっと余裕が欲しい!などなど、お金事情は当人にとっては無視できない問題です。かく言う私も「隠れ風俗嬢」として稼ぎ、以前より安定した生活を手に入れています。

でもやっぱり表立って人には聞きづらい風俗の仕事について、これから風俗の仕事をされる方や、迷っている方にも、私の風俗体験談をお話したいと思います。

自己紹介

私は都内で事務社員として働く30代前半の女性です。声優を目指して高校卒業後に上京し、養成所に通いながらデビューを目指してみたものの、競争率が凄まじくとうとう卒業時の所属オーディションには合格できず養成所を放り出されました。

その後も新たに養成所に通うお金も気力もなくしてしまったのですが、どうしても地元に戻るのことは嫌だった私は就職活動を開始し、なんとか小さなガス会社の事務員として採用されたのでした。

副業で風俗を始めたきっかけ

正社員の仕事になんとかありつき、安定した生活は手に入れたものの、「安定した」とはあくまで最低限の生活が可能なレベルでした。手取りは18万円ほど、ボーナスも少なく、昇給も出世も望めなかったため、今後収入が増える可能性はほぼゼロ。

毎月の給料も家賃、光熱費、食費などに使えばすぐになくなってしまいます。もちろん貯金もできません。

そのため、会社員として今の会社で働いていても収入は頭打ちであることは明白で、「なんとかして収入を増やしたい。もっと余裕のある生活がしたい」と思い、副業を探し始めました。

「楽して稼ぎたい」という考えがあったものの、過去にネットビジネスで騙された経験があったため、得体のしれない仕事は却下し、高収入で確実な収入が得られ、時間に融通がきく風俗のバイトをすることにしました。

デリヘルはラブホでなにかあったら怖いと思ったため、店舗型を選びました。

風俗嬢の仕事で稼ぐための工夫と注意点!

あまり家や職場から近い場所だと知り合いに目撃される可能性があり、面倒ごとを避けるためにも、お店は電車1本で行ける場所を選びました。これなら終電のときに乗り継ぎを考慮する必要はないと考えたからです。

新人のころは、物珍しさからか待っているだけでどんどん指名がつき、それなりの金額を手にすることができましたが、問題は新人の期間が明けた後です。

指名がなくなれば収入が減ることは当たり前なので、より多くのお客様についてもらえるよう工夫をしました。

とにかく出勤する

お店にとって女の子の稼働率は大切なものです。そのため、出勤が多い女の子には積極的にお客様をつけてくれたり、ボーナスが出たりしました。そのため、お店が「出てほしい(特に土日祝)」と言われたときにはなるべく出勤するようにしていました。

写真はなるべく盛らない

私はあまり容姿がいい方ではありません。しかし、写真を盛って「あまりにも違う」と悪口を言われたくないので写真は極力加工しないようにしていました。嘘をつかないということはお客様にとって好印象らしく、リピートしてくれる人も多かったです。

お店選びを工夫する

美人にお客様が集中しやすいことはわかっていたので、働くお店を選ぶ時にキャストの女の子のレベルはチェックしました。この中で自分は中の上かな?と思うお店を選びます。そうすれば、写真をむやみに加工しなくても、お店の中では「かわいい子」というイメージとなり指名が入りやすくなります。

引かれものに注意

とにかく少しでもお金を稼ぎたかった私は、雑費など給料から引かれるものがないかをチェックしました。特に送迎代、罰金、ペナルティについては念入りに確認しました。

風俗嬢の良し悪しエピソード

良かったこと

副業をしてよかったことは、自分のペースで稼ぎたいだけ稼げるということです。風俗の仕事は稼ぎたければ出勤すれば良いですし、休みたければ休めます。

私の場合は給料日前などのお金が少なくなってきたあたりに集中的に出勤して稼いでいました。また、お客様によってはプレゼントをくれる人もいます。

プレゼントもコンビニスイーツからブランドものまで様々ですが、ブランド物は気に入らなければ売って収入に変えていました。

また、お客様によってはエッチなことが目的ではなく、ただ単に話したいだけという人もます。

悩みや愚痴を聞いてあげるのですが、このような人にはこちらも癒されます。もちろんお客様ですので、お店の中だけの付き合いではあるものの、上京して知り合いがほぼゼロだった私にとっては癒しのひと時となりました。

悪かったこと

悪かったことは、交際を申込んでくる人がいることですね。

幸い大きな事件などにはならなかったのですが、出身地の大まかな住所(〇〇県△△市といったざっくりしたものでした)と苗字(偽名)だけを話してしまったことがあり、そこから推測されてしまったのか、実家を突き止められそうになったことがあります。

幸い私の苗字が偽名だった事と、実家の周辺でその苗字が多かったため特定には至りませんでしたが、「ここかここかここでしょ?」と地図を見せられた時はゾッとしました。

「まあ、どれかひとつかもねー」とごまかしたものの、本当の苗字を話さなくてよかったと心底思いました。

それ以来、プライベートな質問には答えないようにしています。

風俗嬢でいくら稼げたのか?

風俗の求人などを見ると「日給3万円以上」とか「月給100万円以上も可」とか書いてありますが、あれは「そういう女の子も稀にいるよ(過去にいたよ)」ということを書いているだけであって、当然全員がそのような待遇で働いているわけではありません。

それでも私の場合は、平日に3日程度と土日に3時間から10時間程度働き、新人時代は月40万円ほど、新人期間開けは20万円から35万円ほどの収入を稼いでいました。

新人期間より収入が減っているのは指名が減ったためでもあります。周りに副業で風俗嬢として働いている人がおり、収入の話をすることがありますが、私は大体平均的な収入でした。

風俗の仕事に向くのはどんなタイプ?

風俗のバイトは正直変な人(本名、住所などのプライベートを探ってくる)も多いので、押しに弱い女の子や気の弱い子はおすすめできません。

プライベートがバレたら面倒なことになる可能性大です。ヒントを出すのもやめてたほうが無難です。

求人などに「未経験者歓迎」とか「初めてでも大丈夫」なんてことが書いてあることがありますが、人見知りだったり、お客様の言うことを軽く流せない女の子はやめておいたほうがいいです。

そして、内向的で会話下手な性格の女の子もあまり稼げません。

では、どんな性格の女の子なら向いているか……。

下記のLINE@登録で「風俗の仕事に向いているのは、どんな性格の女の子?」が読めます。(メッセージで「夜のお仕事」と入力後、返信で記事が届きます)

また、風俗の仕事は思っているより体力が必要です。昼間は本業、夜は副業として風俗で働いているとどうしても疲れが出てしまう日もあります。

それでも通常通りお客さんを相手にしなければならないので、中々のハードワークです。

それに風俗の仕事は完全歩合制のため、日々の体調管理がそのまま収入面にも直結します。自身の基礎体力をつけることや、健康面への配慮は必要です。

風俗に関わらず、すべての仕事にメリット&デメリットは存在します。

ですからもし、デメリットを差し置いても風俗の仕事に興味があり、仕事として割り切れること、そして風俗をする理由が明確であるなら挑戦してみても良いと思います。

関連記事:エロブログで累計1000万円稼げるようになるまでの軌跡

関連記事:男性向け有料noteで月額〇〇円の稼ぎ方を公開!

この記事どうだった? 参考になった 参考にならなかった
参考になった×1
参考にならなかった×0

副業ガイド編集部おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

副業リスト