働き方

ダブルワークと副業の違いは何?ダブルワークでおすすめの職種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
副業ガイド編集部

副業ガイド編集部

副業ガイド編集部。 ~あらゆる人に副収入を~をモットーに日々、副業や副収入に関する情報を発信していきます。LINEやTwitterでフォローをお願いいたします。

厚生労働省推奨の「働き方改革」の影響により、本業以外でも副業や兼業で働く人も増えつつあります。

また各種メディアでも「ダブルワーク」という言葉も使われるようになりましたが、実際にどんな意味なのか正確に理解している人も少なくないと思います。

ここではダブルワーク・副業・兼業の意味の違いや、ダブルワークのメリットやデメリットを紹介していきます。

また、ダブルワークでのおすすめの職種や、気になる税金のことなどを解説していきます。

ダブルワーク・副業・兼業の違い

ダブルワーク

ダブルワークとは2つの仕事をかけ持ちしながら働くことを指します。

2つの職種から収入を得ており、時間のかけ方、収入も同等の場合に使われます。

また正社員×正社員というダブルワークは存在しないため、パートやアルバイトなどの非正規雇用の仕事を掛け持ちをしている際に使われます。

副業

副業とは、本業以外に、空いた時間で本業以外の仕事をしている働き方の事を指します。

正社員がプライベート時間を使ってお小遣い稼ぎをする際に用いられます。

そのため本業にかける時間も収入にも差があり、あくまで本業あっての副業となります。

兼業

兼業とは、複数の仕事を掛け持ち、そのどれも同等の労力を割く働き方を指します。

そのためダブルワークと同義語として使われます。

ダブルワークの代表的な職種

「現在の給料では不満」「将来が心配……」などの理由から、ダブルワークを考える人が増えています。

ではまず、ダブルワークに最適な職種にはどのようなものがあるのか見ておきましょう。

基本的にフルタイムでのダブルワークというのは不可能であるため、時給制、日雇いなど時間に融通の利く職種を選ぶことがほとんどです。

飲食関係

ファミレスや居酒屋、キャバクラなどはシフト制になっているため、一日数時間からや土日のみなど自分の都合に合わせて働きやすい職種です。

しかし、キャバクラなどを選ぶ場合、本業にばれたときにトラブルになる可能性がありますので、お店選びは重要となってきます

コンビニやスーパー

レジ打ちや品出し、在庫管理などがメインとなってきます。

短時間、短期間でも働くことができ、シフト制となっているところがほとんどのため、予定を立てて働きやすいのがポイントです。

日雇い派遣

土日のみや短期間で集中してしっかり働きたいのであれば、日雇いもしくは短期バイトがおすすめです。

様々仕事があるため、好きな仕事を選べることや興味のある分野にお試し感覚でチャレンジするのもいいでしょう。

また、短い付き合いなので、人間関係に悩むこともありません。

投資

不動産投資や株、FXで稼ぐ方法です。隙間時間で作業ができますので、時間があまりない人におすすめですが、知識が必要であることと、財産を失う可能性があるなどのリスクがあることを忘れてはなりません。

クラウドソーシングなど

ポイントサイトやアンケートサイトなどでコツコツを稼ぐ方法もありますが、自分の知識を生かしてロゴ作成やライティング、アプリ作成などを行うことで報酬を得る方法です。

自身の得意分野をうまく開拓し、継続案件などをゲットできれば長期的に安定した収入を見込め、本業にすることだって夢ではありません。

アフィリエイト

初心者でも始めやすいダブルワークのひとつです。自分のブロクなどで商品やサービスを紹介し、購入されればそれに応じた報酬が発生します。

放置しているだけで稼げるイメージではありますが、自分のブロクが多くの人の目に留まるように売り込むなど、地道な作業や工夫を継続してやる必要があるため、短時間で確実に稼ぎたい人には不向きであるといえるでしょう。

関連記事:趣味を副業にできる!?趣味や特技で稼げる副業紹介!

ダブルワークのメリット・デメリット

◎メリット

ダブルワークのメリットは、なんといっても収入が増えることでしょう。

職種によっては一日1時間から働けるものもるため、自分の都合や体力に合わせて稼ぐことができます。

また、本業以外の人間関係を築くことによって気分転換になることもありますし、新たな出会いが期待できるかもしれませんね。

私も本業の他に配送センターでの荷物の仕分け作業(深夜)をやっていた時期がありますが、本業が座りっぱなしであったため、よい運動になりました。

このように、本業ではできないことをダブルワークで補えれば一石二鳥ですね。

◎デメリット

デメリットは、ダブルワークをやりすぎて本業に影響が出てしまう可能性があることです。夜に体力が必要な仕事をしていると、翌日に疲れなどが本業に支障をきたすかもしれません。

また、ダブルワークでキャバクラや風俗を選ぶ場合は、会社にバレないよう注意が必要です。もしバレてしまった場合、自身のイメージダウンにつながる恐れがあります。

ダブルワークは会社により可否が異なる

ダブルワークについては会社によって扱いが異なります。企業によっては、本業に影響が出るとの理由でダブルワークを禁止しているところもあるほどです。

しかし、これはあくまで会社の規則であって法的に罰せられるということではありませんので安心してくださいね。

とはいえ、社員がダブルワークをすることによって知らない間に会社にダメージを与える可能性もゼロではありません。

例えば、自分のスキルを生かそうと同業者で働いた場合などがこれにあたります。

自分ではよかれと思ってダブルワーク先で使ったノウハウが、実は本業にとって要となるものであった場合、最悪は同業者に自社の技術やノウハウをタダで提供してしまうことになりかねません。

また、無意識に「うちの会社では…」なんて内部情報を何気なく話してしまうかもしれませんね。

これは立派な情報漏洩となり、本業の会社に多大なる大ダメージを与えることになってしまいます。

このようなトラブルを防ぐために、ダブルワークを禁止する企業が多いのです。「本業と全然関係ない業種ならOKなのでは?」と考えることもあるでしょう。

しかし、ダブルワークによって本業が疎かになってしまえば本末転倒です。ダブルワークをする時は、本業との線引きをしっかりと行いましょう。

ダブルワークの確定申告

ダブルワークをしている場合に、気になってくるのが確定申告です。

一般的なサラリーマンの場合、本業である会社から年末調整の対象となる給料をもらっており、副業による収入が20万円を超えない場合は確定申告は不要です。

ただし、年収が2,000万円を超えており、年末調整が不要な人はダブルワークの収入が20万円以下であっても確定申告が必要となります。

20万円というラインはあくまで年末調整をした一般的なサラリーマンに認められているものであり、自営業などの場合は、その他規定はあるものの確定申告は必要と考えてもらってかまいません。

なんとなく「めんどう」と感じたり、「バレないのでは?」と思うこともあるかもしれませんね。

しかし、ダブルワーク先は、「うちの会社はこの労働者にいくら払っています」ということ申告しています。

そのため、ダブルワークでの収入を隠すのはほぼ不可能であると考えたほうがよいでしょう。特に、マイナンバーの導入により個人の収入が把握されやすくなっています。

税務署が無申告であることを知った場合は、過去5年まで遡っての所得税を請求される可能性がありますので、確定申告は忘れずに行いましょう。

ダブルワークで働き方の可能性を広げよう

ダブルワークではお金はもちろんのこと、新しい人間関係であったり、役立つスキルが働きながら手に入るなど、本業だけでは得られなかった新しい発見がたくさんあります。

本業との兼ね合いをうまくとることができれば、かなり自由度が高く、可能性のある働き方といえるのではないでしょうか。

この先、ダブルワーク、副業も当たり前の時代になるかもしれません。

やっておけば良かったと後悔しないよう、まずは今の自分に出来ることから初めてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめ:サラリーマンにおすすめ稼げる副業!2018年度最新版!

こちらの記事もおすすめ:パラレルキャリアの見つけ方とコツ 複業・副業との違いや注意点

この記事どうだった? 参考になった 参考にならなかった
参考になった×0
参考にならなかった×0

副業ガイド編集部おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る