働き方

プロボノ活動とは?スキルアップしながら社会貢献にも繋がる?!

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

プロボノとは、自分のスキルや経験、資格などを活かして行う社会貢献のことです。

ボランティアと何が違うの?と思うかもしれませんが、実はプロボノにはプロボノにしかないメリットがたくさんあります。

プロボノとは何か、何のために行うのかに加え、メリットについても見ていきましょう。

プロボノ活動とは?

プロボノ活動

プロボノという言葉が気になっている人もいるのではないでしょうか。

プロボノとは、ラテン語の「pro bono publice」 の略で、自分の得意な専門分野や、知識、経験を生かして社会に貢献することをいいます。

もともとは、アメリカやイギリスなどの海外の法律関連の仕事をする人たちが、低所得者などを対象に無償で法律相談などを行っていたことが始まりだといわれており、日本でも2010年ごろから行われるようになってきました。

具体的には、会計士、弁護士、税理士、ライター、デザイナー、金融、コンサルタントなど様々なスキルをもった人たちがプロボノワーカーとして活動しています。

海外の弁護士はプロボノを行うことを推奨されているほどで、日本でもその影響を受けてプロボノを積極的に取り入れる団体が増加。

特に第二東京弁護士会では会員に対して年間10時間のプロボノ活動を行うことを義務付けるほどです。

そこまでして行っているプロボノという活動には、いったいどのようなメリットがあるのでしょうか。

プロボノとボランティアの違い

プロボノ活動

「無償で働く?ボランティアとは違うの?」と感じたかもしれません。ボランティアもプロボノも無償で能力を提供するという意味では同じと考えてかまいません。

しかし、誰でも気軽に参加可能なボランティア活動と違って、プロボノは専門的な能力や職業を活かして活動するというところに違いがあります。

自分の市場価値が分かる

多くのNPO(非営利組織)では、人手は不足しています。そのため、プロボノは自分の能力ひとつでそのような団体に飛び込み、活動を行います。

もちろん、一般企業であれば当たり前のように存在する「資金力」「人員」「サポート」「会社のネームバリューやブランド」は一切通用しません。

そのため、いわゆる後ろ盾のない状態で活動することになるため、自身の本当の実力が浮き彫りになると同時に、自分の市場価値が図れるというメリットもあります。

自分に足りないものがわかる

自分の実力がわかるというこは、同時に「自分に足りないものもわかる」ということになります。

そのため、「不足しているスキル」「さらに伸ばすべきスキル」が浮き彫りになり、自分のスキルアップに大きく繋がります。

また、様々なフィールドで活躍する人たちと繋がることによって、今まで見えてこなかった面白いアイディアが浮かぶかもしれません。さらに人脈を広げるチャンスでもあります。

定年後も働き続けるために

定年後の生活が不安な人も多いことでしょう。プロボノでスキルを磨いておけば、定年後の活躍の場を見つけやすくなるかもしれません。

また、思わぬ人脈が築け、誘いがあるかもしれませんね。老後のリスクヘッジとして活用するのもいいでしょう。

プロボノの活動にはどんなものがある?

プロボノ活動

社会貢献をしながらスキルアップが期待できるプロボノという活動ですが、具体的にはどのような活動があるのでしょうか。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトチームのリーダーとして、プロジェクトのスケジュール管理、メンバーの管理をし、プロジェクトが円滑に進むよう統括します。

スポーツインストラクター

様々なスポーツを子供たちと一緒に楽しみ、それによってスポーツの楽しさ、運動の楽しさを教えます。

デザイナー

地域のショーイベントや、お祭りのロゴ、チラシ、WEBページなどのデザインを行います。

あなたのセンスと技術でイベントをより一層盛り上げましょう!仕事によっては在宅でできるものもあります。

農家に技術を伝授する

プロボノ活動

野菜を作っている非営利法人などで野菜作りのノウハウを伝授します。

農業、農産加工のスキル、ノウハウを活かすことができます。

コピーライター

読み手の立場に立った分かりやすい文章の作成を行います。

フリーライター経験がある人、出版社、雑誌編集などのスキルが行かせます。

情報アーキテクト

新しく作成するホームページのコンセプトを決め、AIやWEBサイトの運営、構築、フレーム作りなどを行います。

ウェブディレクターなどの経験を活かせます。

こちらの記事もおすすめ:パラレルキャリアの見つけ方とコツ 複業・副業との違いや注意点

プロボノワーカーの募集はどこで探す?

プロボノ活動

プロボノを始めるのはどうすればよいのでしょうか。

一番手ごろで身近な方法は、インターネットでNPO法人などが運営するプロボノワーカーを募集しているマッチングサイトを探して登録することです。

スキルを登録することによって、自分になにができるのかを改めて見直すきっかにもなります。

また、サイトによってはプロボノワーカー同士の交流の場や説明会などを開催しているところもありますので、プロボノについての理解をより一層深めることができます。

また、説明会への参加がプロボノワーカーとして働くための必須条件となっているところもあります。

プロボノ活動

引用:認定NPO法人サービスグラント

サイトなどで行っている募集で、自分のスキルに合うと感じたものに立候補というかたちで応募します。

立候補者の中から、プロジェクトメンバー候補者を選び、双方の同意を得て参加が決定します。

プロボノは継続して活動を行っていくものはもちろんのこと、1日からお試しのような感覚でできるプロジェクトから短期のもの、育休中のママを対象としたものまで、募集のジャンルは多岐に渡ります。

プロボノ活動はスキルアップ&社会貢献に繋がる

プロボノ活動

自分のスキルを活かしたいと考えるのであれば、ボランティアよりもプロボノがおすすめです。

自身のスキルアップを図りながら、社会貢献までできたら、一石二鳥ですよね。

最初は法律関係の職種から始まったプロボノですが、現在は様々なジャンルの募集があります。

ボランティアの一歩先へ、参加してみませんか。

関連記事:サラリーマンにおすすめ稼げる副業!2018年度最新版!

関連記事:時間管理が上手くなるコツとおすすめ時間管理アプリを紹介!

The following two tabs change content below.
副業ガイド編集部
副業ガイド編集部
副業ガイド編集部。~あらゆる人に副収入を~をモットーに日々、副業や副収入に関する情報を発信していきます。LINEやTwitterでフォローをお願いいたします。
  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業ガイド編集部おすすめ記事

あなたにオススメの記事

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業リスト