フリーランス

フリーランスデザイナーになる方法とは?仕事の探し方と成功法も紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
副業ガイド編集部

副業ガイド編集部

副業ガイド編集部。 ~あらゆる人に副収入を~をモットーに日々、副業や副収入に関する情報を発信していきます。LINEやTwitterでフォローをお願いいたします。

フリーランスデザイナーといえば、「興味はあるけど敷居が高い」というイメージではないでしょうか。

実は経験がたとえゼロであっても、丁寧な仕事っぷりで実績と信用を積み上げていけば、誰でもフリーランスデザイナーとして活動できる可能性があります。

しかし残念ながらスキルがあるだけでは厳しいのが現状です。では、一体どうすればいいのでしょうか。

フリーランスデザイナーとして活動するために本当に必要なことについて解説します。

フリーランスデザイナーってどんな仕事?

フリーランスデザイナー

デザイナーといっても働き方によって様々な人がいます。

ファッションデザイナーや、グラフィックデザイナー、CGデザイナーなどデザイナーと名の付く仕事は多くありますが、名前によって全く異なる分野の仕事をすることもあるほど多彩です。

フリーデザイナーになるために経験や資格は特になくても可能ですが、デザインソフトなどをある程度使いこなすスキルは必要です。

ここでは、フリーデザイナーとして活躍している人の中でも多いものをご紹介します。

グラフィックデザイナー

広告や、チラシ、パッケージのデザインやレイアウトを考えます。

スキルがあれば自分で仕事を得て働くこともありますが、広告代理店などで働いていた人が独立し、フリーとなるパターンも多いです。

DTPデザイナー

フリーランスデザイナー

DeskTop Publishing(デスクトップパブリッシング)の略で、別名「机上出版」や「卓上出版」ともいわれ、紙媒体の原稿をPC上で作成する人のことです。

一般的にPhotoshop、Illustrator、InDesignなどのソフトのスキルが活かせます。

WEBデザイナー

ウェブサイトのレイアウトやページ作成が主な仕事ですが、サイトの運営、管理まで任されることもあり、Photoshop、Dreamweaverなどの制作スキルや、HTML・CSSなどのコーディングスキルが活かせます。

また、ウェブマーケティングの知識があるといいでしょう。

イラストレーター

主に挿絵などのイラストやロゴの制作などを行います。グラフィックデザイナーと兼業して行うことも可能です。

もちろん、自分の好きなイラストを描くだけではなく、クライアントと相談し、イメージに沿うように作品を仕上げていきます。

フリーランスデザイナーの年収・案件単価

フリーランスデザイナー

フリーランスデザイナーは、果たしてその程度稼げるものなのでしょうか。

そもそも会社員を含むデザイナーとして働く人たちのほとんどが30代であり、平均収入は30%が300万円代から400万円代、それ以外はピンキリで、副業として100万円程度の人もいたり、人気や実績を得てくれば1,000万円以上稼ぐ人もいます。

フリーランスは時給や月給と言う概念はなく、成果が収入に直結するため、たくさん働いたり大きな仕事をするほど年収もアップします。

また、イラストなどはカラーかモノクロによって単価も違っています。

しかし、クライアントの予算によって上下することもあり不安定さもあります。

フリーランスには残業代という感覚はありません。そのため、いかに効率よく業務をこなすかが収入アップのカギとなってきます。

フリーランスデザイナーになる方法

フリーランスデザイナー

フリーランスデザイナーになりたい!と考えた場合、まずはなにから始めればよいのでしょうか。

先ほども書きましたが、なるためには特別な資格も経験や資金も必要ありません。

しかし、最低限デザイナーとして様々なツールを使いこなせなければならず、スキルがあることが大前提です。

フリーランスとして活動するにあたり届け出を出したり、申告の必要など、特に何か特別なことをしなければならないということはありません。

フリーランスとして仕事を獲得し、収入を得ていれば、すでにフリーランスと名乗ることも可能です。

副業で行う程度であればそれでもよいのですが、もしフリーランスを本業としていく場合は、開業届を出し、個人事業として行ったほうが節税などのメリットがあります。

関連記事:田舎暮らしの30代のフリーランスのデザイナーが稼ぐ収入のリアル

フリーランスデザイナーの仕事の見つけ方

フリーランスデザイナー

フリーランスはまず仕事がなければ生活できません。それでは、フリーランスデザイナーはどのようにして仕事を得ていけばよいのでしょうか。

ポートフォリオの作成

簡単に言うと、自分の今まで作ったものをカタログのようにまとめ、クライアントにスキルをアピールするためのものです。

最初は実績もあまりないと思いますので、WEBページを作成したり、サンプルロゴを作成するとアピール材料になります。

クラウドソーシングを利用する

コネやツテがあまりない人はクラウドソーシングサイトに登録するのもおすすめです。

クラウドソーシングとは仕事がしたい人と仕事を依頼したい企業や個人を結び付けるためのサイトです。

仕事内容も駆け出しからプロ向まで幅広いジャンルがあるため、まず実績を積みたいという人は覗いてみましょう。

大手クラウドソーシングサイトといえば、「クラウドワークス」「ランサーズ」などがあります。

イラスト制作、キャラクターデザイン、 印刷物、DTP、Web制作、Webデザインなど多種多様の案件があるので、得意な仕事を選べます。

例)ランサーズ:募集項目一部フリーランスデザイナー

友人、知人の紹介

フリーランスになる前にデザイナー事務所などにいた人であれば、取引先などのツテを頼るのもテです。

また、SNSなどをやっている人がいれば、自分の作品を宣伝してもらえば、口コミで仕事が舞い込んでくるかもしれません。

スキルを販売サイトを利用する

自分のスキルを販売しアピールすることのできるサイトがあります。

有名どころは「coconala」。個人のスキルや知識をワンコイン(500円)から売買することができます。

このようなサイトを利用することも、自分の作品をアピールする場としてよいでしょう。

フリーランスデザイナー

ネットの求人サイトを利用する

業務委託や請負というかたちで求人サイトで募集がされています。

クライアントと直接打ち合わせをしなければならないなど、自宅で仕事がしたい人にとっては手間だと感じる部分もありますが、その分しっかりとした仕事に取り組むことができます。

Web・ゲーム業界のデザイナーやクリエイターに特化した案件を探すなら、「レバテッククリエイター」もおすすめです。

レバテッククリエイターはレバテック株式会社が運営するWeb・ゲーム業界のデザイナーやクリエイターに特化した求人・案件サービスです。

フリーランスデザイナー

フリーランスデザイナーとして成功するには?

フリーランスデザイナー

フリーランスとして働くからには成功したいというのが本音ですよね。

ここでは、スキル面以外でフリーランスデザイナーとして成功するためのポイントのご紹介です。

最初はコツコツと

実績がない最初のうちから大きな仕事が舞い込んでくる可能性はほぼないと考えたほうがよいでしょう。

最初のうちは「何故こんな単価の仕事をしなければならないんだ」と不満になるかもしれません。

あまりに安すぎる場合は論外ですが、ある程度は我慢しましょう。それが実績となり、信用を得るための材料となります。

納期を守る

フリーランスデザイナー

社会人としては当然かもしれませんが、請け負った仕事の納期は必ず守るようにしましょう。

「出来上がり次第~」と言われた場合でも、なるべく遅くならないように納品しましょう。

報連相はしっかりと

フリーランスは相手の顔が見えないため、「働いている」という感覚が薄れるかもしれません。

しかし、PCの向こうには間違いなく人間がいます。

そのため、仕事で迷ったことや内容の相談などは積極的に行い、クライアントの希望に沿った成果物を提供することは、長い付き合いを考えるのであれば必須です。

横への繋がりが収入アップにも繋がる

フリーランスデザイナー

フリーランスデザイナーとして働くにはスキルがあることはもちろんのこと、クライアント意向にマッチした作品を提供すること、デザイナーの人柄も非常に重要です。

大切なのは「このデザイナーにこれからも仕事を頼みたいな」と思ってもらえるようなデザイナーになることです。

こちらの記事もおすすめ:在宅デザイナーをするのに欠かせない必要な道具とは?

こちらの記事もおすすめ:パラレルキャリアの見つけ方とコツ 複業・副業との違いや注意点

副業ガイド編集部おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

副業リスト