Youtube

生ライブ配信で稼ぐ方法!趣味感覚で出来て副業にピッタリ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
副業ガイド編集部

副業ガイド編集部

副業ガイド編集部。 ~あらゆる人に副収入を~をモットーに日々、副業や副収入に関する情報を発信していきます。LINEやTwitterでフォローをお願いいたします。

去年から日本でもじわじわと人気が上昇している「ライバー」。自分の得意なことや好きなことを配信してお金を稼げるという点では他の動画配信サイトと変わりませんが、ライバーにはYouTuberやニコ生にはない大きな特徴があるのです。

トップクラスの人気ライバーともなると、月収1憶円ともいわれている巨大マーケットですが、果たしてどのような仕組みになっているのでしょうか。

ここでは、ライバーをこれから始めようと思っている人、興味のある人へライバーとは何か?ということから、人気ライバーの具体的な収入例までをくわしく解説します。

ライブ配信(ライバー)とは?

副業生ライブ配信

YouTuberに続く新しい画像配信サービスとして「ライバー」に今注目が集まっています。

ライバーとは簡単に言うと、素人でも初心者でもすぐにライブ配信ができるサービスです。

歌やダンスなど自分の得意分野をWEBで生配信することによってファンを獲得し、投げ銭や再生回数によって集めたポイントをお金に変えることができます。

配信や視聴が無料でできるものもあるため、誰でも参加しやすいのが特徴です。

ライブ配信とYoutuberの違い

副業生ライブ配信

動画を配信するという点においては、Youtuberとなにが違うの?と疑問に思うかもしれませんね。

Youtuberとライバーの違いは、Youtuberが録画した画像を配信するのに対し、ライバーは動画のライブ配信(生配信)を行うことです。

そのため、好きなライバーのパフォーマンスをリアルタイムで見ることができます。

「ライブストリーミング」というスマホで簡単に配信者の動画をいつでもどこでも見ることができるため、配信者がまるで目の前にいるかのような一体感を味わえるのも魅力のひとつです。

さらにYoutuberとの違いは収入源にもあります。Youtuberは再生回数や広告収入によって収益を出していますが、ライバーには「投げ銭」スタイルで気に入ったライバーをリアルタイムで応援できます。

よく、チャットレディなどにも会話中にポイント(お金)としてアメやチョコを投げることができますが、同じようなものを考えてもらえるとイメージしやすいでしょう。

Youtuberが小学生のなりたい職業として人気が出る時代、ライバーもYoutuberに続く人気職となる可能性は十分考えられます。

ライブ配信ってどんな人がやってるの?

Youtuberで人気の人がいるように、人気ライバーという人はいます。17liveで有名なのがライバーを始めて8ヵ月で人気公式ライバーの仲間入りを果たした「maaami(まあみ)」さん。

副業生ライブ配信引用:公式17Live(youtube)

彼女は「フリースタイルライブMV」というスマホを音楽に合わせて動かしながらライブ配信を行う独自のスタイルを築き上げ、一躍人気者となりました。

もともとアパレルで働いていたそうですが、ライバーを始めてからは収入がアパレル時代の倍以上に。投げ銭で1時間で5万円も稼ぐことがあるそうです。

また、ライバーを対象としたオーディションやイベントも開催されており、イブ配信アプリ「Live.me(ライブミー)」を扱うキングソフト株式会社が開催したオーディションに合格した人気ライバーすけすけ。さんは、芸能プロダクションに所属し、日本コロンビアからのCDメジャーデビューと舞台出演が決定しています。

いかにライバーが注目されているかがわかりますね!トップライバーとして活躍している人は、モデルや歌手、芸能人の卵が多い印象ですが、初心者未経験者からトップライバーになった人も多くいます。

同じく17liveで2018年5月からスタートし、たった2か月で17liveランキングで1位になった公式ライバーの「まんまるとまと」さん。

自分の事があまり好きではなかったからこそ、自分に自信を持つことや、影響力を持つために17liveをはじめたというまんまるとまとさん。

ライブというぶっつけ本番状況では、自身の器量も関わってくるものですが、それ以上に見えない部分での努力も、ライバーで稼ぐためには必要なのかもしれません。

副業生ライブ配信

引用:公式17Live(youtube)

ライブ配信はどのプラットフォームでやるの?

■17 Live(イチナナライブ)

17Live

ライバーとして最も有名なアプリは台湾発ライブ配信アプリ『17 Live(イチナナライブ)』です。

2017年9月に日本に上陸し、瞬く間に人気となり、リリース後248日で1,000万ダウンロードを達成しました。これは、ライブ配信アプリとしては世界最速となり、登録者は3,000万人ともいわれています。

17 Liveで配信を行っているライバーは“17ライバー”と呼ばれ、一般人はもちろんのこと俳優、歌手、タレントなども多く利用しています。

また、17 Liveから人気が出たことによりメジャーとなった人も少なくありません。

17 Liveでは、「ギフト」と呼ばれるポイントをライバーに贈ることができ、獲得したギフトのポイントの一部がライバーの収入となり、稼げる額はファンや視聴者の数によって異なります。

ユーザーやライバーが一体となって気になるライバーを人気ライバーへと育て上げる一体感を楽しめるのも魅力のひとつです。なんだか、AKBの総選挙にも似ていますね。

17liveには、一般枠と公式枠の2種類あります。公式ライバーの方がトップページに表示されやすく、優遇もされやすいです。ただしその分、ルールや縛りはあると思われます。

もしライバーとして本格的に活動したいなら公式ライバーに応募することをおすすめします。

■Live.me

Live.me

Live.meは、10代を中心に人気のあるライブ配信アプリです。Live.meの魅力は、配信するのも見るのも無料でできるということ!

ニコ生などは有料チャンネルでないと見られないものもあるため、画期的なのではないでしょうか。

Live.meでは配信者のことを「ライバー」と呼び、こちらもギフトとなる「ダイヤ(投げ銭)」を獲得することによってお金を得ることができます。

また、誰がダイヤを投げたのかが画面上に表示さるため、ダイバーからのリアルな反応が期待できます。

ダイヤは10円から投げることができますので、気軽に応援できるのも魅力のひとつですね!

ライブ配信で必要なものは?

副業生ライブ配信

基本的にライブ配信はスマホがあればできます。ですが手に持った状態で撮影すると手振れや、ふとした時に自分の顔や体が画面から外れてしまう事もあります。

そうしたブレを防ぐにも、スマホを固定する三脚はおすすめです。

三脚で画面を固定する事で、視聴者と同じ目線で撮影する事ができ、自分だけでなく視聴者側への配慮にもなります。

配信する側、配信を見る側、双方にとってライブを楽しめる環境作りが大切で、結果的にフォロワーアップにもつながります。

ライブ配信は儲かるのか?

副業生ライブ配信

ライバーは自分の都合のよいときにライブ配信ができるため、副業としてもぴったりです。

肝心の収入はどの程度なのでしょうか。ライブ配信者の収入元は主に、以下になります。

  • 視聴者からのギフトによって獲得したポイント
  • 視聴回数に応じた報酬
  • イベントなどの賞金

2017年12月15日放送の「有吉ジャポン」によると、maaami(まあみ)さんは1時間の配信で14万円を稼いでいました。

ユーザーの90%中国の人であり、中国の裕福層からのポイントがかなりもらえるそうですね。また、台湾のライバー・小雪さんは月収一億円と紹介されています。

このように、中国圏という巨大なマーケットを狙ったビジネスであるということが、大きな収入を得られる秘密のようですね。

誰も思いつかないようなイベントを考えればまだまだ稼ぐ余地はありそうですね。

また、顔出しをせずにカラオケで歌う動画で月収10万円ほど稼いでいるライバーもいるようです。このことから、自身の特技をライブで見せるだけでも、クオリティーによって収入を得ることは可能です。

日本国内のライバーでも月収1000万以上稼いでいる人も存在しているので、自身の売り出し方を思考すれば実現できるかもしれませんね。

副業ガイド編集部おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

副業リスト