「複業のトリセツ」著者の染谷昌利さんに聞く!複業するにはどうすればいい? - 副業ガイド|非エンジニアの為の副業情報
有名人の副業

「複業のトリセツ」著者の染谷昌利さんに聞く!複業するにはどうすればいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
染谷昌利
The following two tabs change content below.
副業ガイド編集部

副業ガイド編集部

副業ガイド編集部。 ~あらゆる人に副収入を~をモットーに日々、副業や副収入に関する情報を発信していきます。LINEやTwitterでフォローをお願いいたします。

近年、働き方改革により副業の存在が注目される中、副業で本業並みの収入を得ている人も多くなってきています。

そんな副業も当たり前になりつつある現在ですが、パラレルワーカーとして活躍する染谷昌利さんにお話を伺ってきました。

染谷さんは、書籍「複業のトリセツ」を出版するなど、ブログメディア運営、書籍の執筆・プロデュース、企業や地方自治体のアドバイザーなど、複数の業務に取り組むパラレルワーカーとして活躍されています。

複業(副業・兼業)に興味はあるけどどう行動して良いのかわからない方や、何かを始めたい方などにも、今後の働き方の選択肢を広げるきっかけになるかもしれません。

それでは伺っていきましょう!

複業の選択肢は格差社会への「準備」

インタビュアー
早速ですが「複業のトリセツ」を出版された経緯についてお聞かせください。
染谷さん
もともとDMMオンラインサロンを運営しているのですが、自分の持つノウハウや事例をサロンだけにしまっておくのが勿体ないと思っていました。
そんな時にDMMの担当者から、サロン運営者の次のステップとして著者というブランドを作らないかと提案されたのがきっかけです。

染谷昌利

ギガ盛りブログ飯

※染谷さんが運営されているDMMサロン

インタビュアー
「複業のトリセツ」とありますが、複業はどんな人におすすめですか?
染谷さん
会社で働く人全員ですね。会社も終身雇用を守っていけない時代になってきているのと、日本の人口の減少は明確なので仕事の出来る人と出来ない人の経済格差が激しくなってくると思います。
人口減少社会に突入した場合、複数の仕事が出来る人はいろんなチャンスを掴めます。

複業の定義として

複業

複数の本業を持つこと。と定義しております。

染谷さん
単純作業は機械に置き換わっていくので、そもそも仕事がなくなってしまいます。
そして海外からの労働力の受け入れも増加していくので、どの層と勝負するのか、共存するのかをきちんと考えなくてはいけない。
そういった意味でも、労働者側として全員におすすめしたいですね。

情報発信力を高めることが「複業」に繋がる

染谷昌利

インタビュアー
会社員の時、副業はされていたんですか?
染谷さん
内緒でしていました(笑)。ブログでのGoogle AdSenseというクリック課金型の収益がメインでしたね。でも本当にお小遣い程度の収益でしたが。
インタビュアー
副業するきっかけはなんでしょうか?

染谷さん
最初はお金を稼ごうだなんて思っていなくて、ただ情報発信が楽しかっただけなんです。
でも情報発信を学び、継続するに連れて、発信力が収益につながるということを知りました。
副収入で1ヵ月5千円でも稼げたらいいランチを食べれるとか、家族で出かけるきっかけにもなるとか。

染谷さん
ちょっとでも生活が豊かになったら嬉しくありませんか?
とはいえ、お金メインというよりも、発信する事で起こる出来事や人脈作りなどに意識が向いてました。

染谷さん
僕は2003年ぐらいからブログを中心に情報発信していましたが、2008年にリーマンショックが起きて会社が傾いた事をきっかけに副業に舵をきり、その結果、副業が本業になったんです。

染谷さん
でもネット収益が本業になれば、また会社員同様に収入源が1本しかないので、クリック課金型報酬の収入源だけでなく、アフィリエイトと呼ばれる成果報酬型もやってみようと思い、収益の分散化をおこなうようになりました。

染谷さん
アクセス数や収益のControlが出来るようになってからは、集客に困っている企業向けのお手伝いなどもするようになって、講演の依頼、オンラインサロン、出版というふうに複数の仕事に繋がっていきました。
インタビュアー
すべて繋がっているんですね!
染谷さん
そうですね。選択できる幅を作っておくことで、何かひとつダメになっても安心出来る状況が僕のおすすめするスタイルです。

”副業・複業”の成功の秘訣はいかに「持続」できるか

染谷昌利

インタビュアー
副業と複業、やはりおすすめは複数の仕事を持つことですか?
染谷さん
理想は複業ですがいきなり実現はできないので、最初はメイン(本業)とサブ(副業)でいいと思います。
そこからサブを増やして複数の場所から副収入を得られる状態にしておけば、たとえ本業がなくなっても副業2つで生活ができるようになるのでいいですよね。
現実的に給料を月1万円上げるより、副業をやったほうがアップする額は大きいです。たとえそれが時間給型のアルバイトだったとしてもです。
インタビュアー
副業で失敗する人と,成功する人の違いはなんでしょうか?
染谷さん
続けられるかどうかだと思います。
でも結果を急ぐ人や、ずっとお金だけを求める人は厳しいかなとも思います。
最初のきっかけとして、給料が上がらないからブログをやろうとかは全然ありだと思うんですけど、それだけだと結果的に何をやりたかったんだっけ?となってしまいます。
染谷さん
だからこそ目的が、たとえば人脈構築だったり、誰かが喜んでくれたりとか、お金以外の喜びを見いだせないと持続は難しいと思います。
インタビュアー
稼げるようになるには、どれくらいの期間が必要でしょうか?
染谷さん
まず1年ですね。始めてすぐに稼げるようになる人はまずいません。だから楽しみを持ってないと辛いと思います。
すぐに稼ぎたいならバイトをすればいいし、ブログが続かないのであればクラウドソーシングで自分の得意分野(ライティング代行やデザインなど)確実に収入につながるものなど、自分にあった副業を探すのが一番です。
インタビュアー
どんな基準で副業を決めればよいのでしょうか?

染谷さん
僕はもともと人事経験者なんですけど、最初にやったのが学生向けの就職対策ブログでした。
自分の持つノウハウを惜しみなく出し、就職に関係する広告を貼るなどして収益化していました。

染谷さん
自分は何が出来るのかをきちんと棚卸しすることが大切です。
デザインが得意なのであればデザインの仕事。
文章書くのが好きならライター。
自分の特性を生かした形を選ぶのがいいと思います。

インタビュアー
最初は得意なこと、好きな事がいいんですね!

染谷さん
そうですね。ただ、好きなことでも、今までやってなかったことを始めると生活リズムが崩れるんですよね。ブログを書くにしても、依頼された原稿を書くにしても、イラストを描くにしてもです。

染谷さん
人って慣れた方向に戻ろうとするから、「今日くらいは書かなくていいか」って楽な日常に戻りたくなります。
結果につなげるためには、その日常を変える必要があります。
だからいかに目的意識を持ってやれるかも重要です。

インタビュアー
副業の持続は、目的意識が大切ということですね!
染谷さん
それと将来どうしたいか、あとはやるかやらないかだけだと思います。
インタビュアー
意外とそこが難しかったりしますよね。。
染谷さん
生活も今のままではないし、会社だって一瞬でなくなる、消費税も上がることが決まっている、そうすると景気も後退しますよね。
景気が後退して生活が苦しくなった状態で始めるのと、今から準備しておくのとどっちが楽ですか?という意味も含めて本の帯を「準備できてる?」と使っています。

情報発信はリスクなく有利な条件を引き寄せる

染谷昌利

インタビュアー
今後の日本経済も様々な格差が起こると「複業のトリセツ」に記載されていますが、そこに対応する為にはどんな知識、勉強をしたらいいですか?

染谷さん
特に情報発信力を身につけることをお薦めしています。
例えばツイッターで多くのフォロワーがいる人が、「この〇〇は、面白かった」って言えば、そこから興味を持って購入する人が出てくる。

染谷さん
伝える力を身に着け、発信力さえあればいくらでもお金に換える事はできるし、全くリスクもないんですよ。
発信力を練習するサーバー代や本の購入くらいのお金はかかるけど、それが将来なにかしらに繋がるなら、絶対に損ではないです。

インタビュアー
今後注目している副業・複業はありますか?

染谷さん
一貫してネットでの情報発信・ビジネスですね。ネットの情報発信の良いところって距離間が関係ないことや、在庫を持たなくてもいい、やるかやらないかだけなので、リスクが無い割にリターンが大きいんです。

染谷さん
やっていれば次第にノウハウも溜まっていくので、ライターなら単価を上げても依頼が来て収入も増える。
アフィリエイトも同じで、売れる人ほど単価が上がります。
発信力次第で有利な条件を自然と引っ張ってこれるんです。

インタビュアー
染谷さんのようにアフィリエイトを始めるなら、どのジャンルがおすすめですか?

染谷さん
好き・得意なジャンルから攻めるのか、それとも儲けるためにやるのかで変わります。
儲けを狙うなら美容やサプリ、ダイエットなどのライフタイムバリューが高くなるジャンルは広告単価が高くなる傾向があります。

染谷さん
一生需要があって効率的なんですが、ライバルが多いので勝ち残ることが大変です。
逆に好きな事を書く方が結果として長く継続できる人もいるので、どっちを狙うかですね。

インタビュアー
最後に、今後の目標はなんでしょうか?
染谷さん
僕のテーマとして、やってあげるじゃなくて自分で出来る人を増やしたいんです。
複業のトリセツもいいきっかけで、知識や経験を増やせる環境を作っていきたいなと。
それが結果的にセミナー、サロン、書籍なのかもしれない。
発信がひとつの手段になればいいです。

 

自分の特性に合った副業・複業を持続させる事で、新しい人脈に繋がり、それがまた新しい仕事を生むということ。

今後の経済状況によっては副業も、もはや必須となる日がくるのかもしれませんが、その時の為に出来る準備があるかないかで私たちの生活が変わるのは確かです。

副業・複業することへのリスクを考えるよりも、まずはやってみる事が何よりも重要であり、成功させるための一歩なのかもしれません。

 

染谷昌利さんのイベントのお知らせ

今回インタビューに答えていただいた、染谷昌利氏さんのイベントを開催いたします。

「収入を増やしたい、趣味を生かしたい、他の仕事に興味がある」
「複業(副業・兼業)に興味はあるけど、どのように行動したら良いのかわからない」

そんな悩みを抱える人に必見!
複業の考え方から始め方、複業を成功させるためのノウハウなどを学べる交流会です!

複業を考える人の交流会を11月29日(木)19時半より東京都千代田区神田錦町1-17-1 神田髙木ビル7階で行います。

イベントはこちらから

この記事どうだった? 参考になった 参考にならなかった
参考になった×0
参考にならなかった×0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る