SEOライターが意識しているコンテンツ作成のためのコツ10選
WEBライター

SEOライターが意識しているコンテンツ作成のためのコツ10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
SEOライティングのコツ10選
The following two tabs change content below.
ショーコ

ショーコ

初心者叩き上げWebライター/主婦として2人の子どもを育てながら、アフィリエイトまるっと素人からスタート。 今はアフィリエイトの実績を活かし、ライターとしてクラウドソーシングや手持ちブログで執筆。また画像・映像編集もやっています。

今回は、SEOライターになりたい方のためのここだけは気をつけた方がいいよっていうポイントを10個紹介します。

検索エンジンで上位表示させるにはどうしたらいいの?

読者が検索したキーワードでトップに表示させて、もっと読者の方を喜んでもらうには、どうしたらいいの?

そう思っていても、ただただ好きに記事を作成していても、たまたま記事が上位表示できた!というような運とまではいいませんが、上位表示できずに、頭を抱えながらブログ運営の難しさを痛感し、終わっていまうことがあります。

ということで、ブロク記事をつくる際のSEO施策を意識するポイントについて10個、ホントならもっと気をつけたいところはあるけど、まずは外せないSEOライティングのコツを解説していきます。

SEOライターとは

SEOライティングのコツ10選

SEOライターを目指す方なら、知っているかもしれませんが、ここではライターさんとお呼びしますが、サイトやブログに記事、コンテンツを作成するライターには、私は2種類のライターさんがいると思います。

その2つの種類が、WebライターさんとSEOライターさんです。

Webライターさんは、メインとしてインターネットでのニュース記事、サテライトサイトやオウドドメインブログの記事執筆を行なわれる方です。Webライターさんは記事作成について徹底した調査がモットーかと思います。だから必要とあれば、取材やインタビューも敢行する、イメージとしては記者に近いかと思います。

記事やコンテンツ作制をするならSEOライラーもWebライターも同じ分野じゃない?と思われるかもしれませんね。私としてはSEOライターは、タグ構造を理解し、検索エンジンとよりフレンドリーな関係を保つ記事を制作することがメインだと思っています。

いかにより良い記事を読者に届けるか?という共通した目的はありますが、より調べ尽くし読者が納得する記事をつくるのがWebライター、その記事をいかに検索エンジンの上位に持っていくかを考え抜き記事をつくるのがSEOライターです。

SEOライティングに求められることは

SEOライティングのコツ10選

SEOライターの主戦場は、クラウドワークスのような外注を受け、コンスタントに記事を作制し、クライアント(依頼主)とコミュニケーションを図り、要望を満たすことかと思います。

もちろん、サイトやブログを平行して運営される方もいますが、まずは職人としてクライアント(依頼主)の自社サイト、会社ブログをより多くの方のために記事・コンテンツを見てもらうことが、必須な仕事の1つです。

 

そのためには、タグ構造の理解はもちろんですが、ターゲットや読者といった顧客の訴求力の高いキーワードを調べ、記事に反映させます。そのためにもクライアントの意図とする狙いを添えるよう、打ち合わせも大事な仕事の1つです。

読者・クライアント相互の求めるニーズに沿って、かつ検索される確率を高めるためにgoogleといった検索エンジンとフレンドリーな関係をつくることがSEOライターに求められるスキルです。

上位表示を狙うコツ

SEOライティングのコツ10選

それでは、ここからは実際にSEOライターとして必要なスキルとして基本的なコツについてお伝えしていきます。

もっと詳しく解説していくと長くなりそうですが、ここでは必ず押さえておきたい厳選した10個のコツを解説していきます。

ライバルチェック

まずは最初にお伝えするのは、ライバルチェックです。

自分のブログ記事でも、依頼を受けた記事でも狙うべきキーワードがあれば、そのキーワードで実際に検索エンジンで調べ、上位1ページ目や2ページ目に表示されているページのタイトルや見出し、どんなことが書かれているか記事内容を確認し、その記事以上の内容が提供できるかを調べます。

「敵を知り己を知れば百戦殆うからず」と宮本武蔵が言っているように、まずは相手を知り、自分の力量で勝てる勝負ができるかを確認することが、記事、コンテンツつくりの第1歩です。

タイトルとキーワードの文字数

タイトルは多くのサイトでも書かれているように、タイトルの一番左にキーワードを配置します。

例えば、東京都の定食ランチを紹介する記事を作成するとしたら、「東京の定食ランチでタクシー運転手も隠しておきたい隠れ家的食堂5選」のような感じですね。

そしてタイトルの文字数は〇〇が良いです。

下記のLINE@登録で「タイトルは何文字がいい?」が読めます。(LINE@登録後、メッセージで「タイトル文字数」と入力送信すると、副業ガイドからの返信メッセージで質問回答が読めるようになります)

タイトルは読者に最初に読んでもらう、ライティング(文章)でありメッセージです。読者と記事をつなげるタイトルですので、一番左にキワードを配置しながら、読者が訪問してくれそうな、ターゲットの潜在意識や願望を刺激するキャッチコピーのタイトルを考えてみましょう。

見出しにキーワードを入れる

SEOライティングのコツ10選

3つ目は、見出しです。

見出しにはタイトルと同じようにキーワードを含めていきます。タイトルに入れたから良いでしょ?と思われるかもしれませんが、やはりgoogleなどの検索エンジンにアピールするためにも見出しにもキーワードを含めていきましょう。

そして、見出しは読者に対して、記事の内容がわかりやすくイメージできる内容を短くしたものを考えましょう。一番良いのは見出しを読めば記事内容がわかる。そして、見出しの概要を読めば、もっと理解できるというのが良い見出しの付け方です。

文字数は5,000文字~6,000文字を狙う

4つ目は、文字数です。

私もいろんな記事で最適な文字数をさまざまな方法で確認し、また実証実験も行いながら、ニッチなキーワードによっては文字数が少なくても上位表示が望めますが、文字数は4,000文字以上あると安心です。

さらに5,000文字あるとより良いですが、ライバルが強者すぎると、その分文字数は増えます。ですが、とある統計情報では、ブログ記事では6,000文字以上になると読者が最後まで読まない傾向が強いというデータもあります。

ですので、記事ではキーワードを絞りながら5,000文字〜6,000文字を目指すことをオススメします。

あれやこれやと代名詞は少なくする

SEOライティングのコツ10選

SEOライティングでの基本的な考え方になりますが、「あれ」「それ」「これ」と代名詞は可能な範囲使わないようにします。

なぜかとい言いますと、SEOに特化した記事をつくる際には、記事全体にキーワードを散りばめる必要あります。そんな時キーワードの代わりに代名詞を使ってしまいがちですが、読者のみがあなたの記事を読まれるのであれば代名詞を使っても大丈夫です。

ですが、SEOライティングでは読者もそうですがgoogleさんにも読んでもらう必要があります。

googleさんは、代名詞をキーワードとしては判断してくれません。それにキーワードの内包率を考えて文章を書く 有益な文章を作るためには読みやすさもポイントとなり、そのためにはキーワードの内包率が重要です。 キーワードがゼロだと検索エンジンにヒットしないので意味がありませんが、キーワードの割合が高すぎても読みにくいです。

サブキーワードの指定もある場合は、文章に違和感がないように工夫して盛り込んでいくことが大切になります。 無理にキーワードを入れてしまうと不自然になるので、ここはライターの腕の見せどころでしょう。 読んでもらうためにはタイトルも重要なので、よい意味でタイトルで釣るように工夫してください。

もちろんタイトルに負けない記事内容にする必要があるため、よいタイトルをつけたなら高品質の記事が求められます。 SEO対策の効果を高めるためにも、キーワードの内包率とタイトルにはこだわりましょう。

自己主張は控えめに

SEOライティングでは、テキストでのタグ構造を理解してgoogleさんにわかりやすく提示する必要があります。

そこで1つ注意しておきたいのが、strongタグという文字を太字にするタグです。

記事のキーワードや見て欲しい部分を強調したいがために、googleさんに、strongタグを使い、「ここ見て!ここ見て!」「ここ読んで!」とあまりにも自己主張を強くしすぎるのは、SEO的に逆効果になることがあります。

メタディスクリプションは記入すべし

SEOライティングのコツ10選

メタディスクリプションは、記事編集画面の下部に記入欄がありますよね。

メタディスクリプションについても、キーワードは必ず書くようにしましょう。文字数も100文字〜120文字は必要です。

ここではキーワードも入れるようにしますが、ここでもキーワードを乱用しすぎてしまい、文章が不自然になってしまうのは避けるようにしましょう。

キーワードの利用は1語のみにおさえ、読者に記事内容を素直に伝える文章が好ましいです。

オリジナリティあふれる文章にする

文章作成術やライティング技術で、元記事を引用し、語彙や言葉の言い回しで文章を書き換えるリライトという技術があります。

もちろんリライト技術も立派な技術ですが、それではどこにでもよくある記事になってしまいまし、リライト率が弱いと検索エンジンからはコピー記事と判断されるため、いかに参考にする元記事にあなたの視点やフィルターを通して、文章をつくるかがポイントです。

SEOライティングでは、コピペ記事と判断されることが一番避けたい問題です。ですので、記事を作成されれば必ずコピーチェックを行うようにしましょう。

コピーチェックは、CopyContentDetectorという無料のツールがありますので、気軽にチェックしてみましょう。

SEOライティングのコツ10選

出典:CopyContentDetector

画像は代替テキストを

記事を彩りをそえるのがイラストや写真などの画像です。

ブログ運営で画像を利用をしながら、ついつい手抜きをされがちなのがalt属性の追加です。

alt属性というのは、記事内に利用している画像にテキスト情報を入れ、googleさんのような検索エンジンにどんな画像を使っていますと説明する部分です。

alt属性をつける方法は、画像の設定で【代替テキスト】を入れることで、alt属性を付け加えることができます。

細かい部分ではありますが、神は細部に宿ると思いながら、記事を作られてみてくださいね。

SEOライティングのコツ10選

文章は3度チェックする

最後は、記事の最終チェックです。

googleさんとフレンドリーになってもらうためのSEOライティングですが、やはり人が読むものです、ブログ記事って。

ですので、記事の表記や読みやすさに問題がないかをチェックすることが必要です。

いろんな記事でも、目視とEnnoのような誤字脱字ツールを使っての、ダブルチェックが推奨されています。

SEOライティングのコツ10選

出典:Enno

でも私は、トリプルチェックが良いと考えています。目視とツール、そして記事がインデックスされたあとの検索順位のチェックです。

実際に公開されたあとに、自分の記事が上位に表示されているか、記事作成に問題がなかったかを確認します。

最初の慣れないうちは、効果測定と改善を習慣として続けることが、SEOライティング技術を磨く一番の近道だと思います。

Googeleさんは見ている

SEOライティングのコツ10選

ここまでSEOライティングのコツについてお伝えしました。

googleさんとフレンドリーになるためにもSEOライティングは必須な技術ですが、もちろんそれだけではありません。

googleはSEOライティングだけではなく、いろんな角度で良い記事かどうかを判断しています。

SEOライティングだけでは測れない部分が、PV数や直帰率といった読者の動向です。読者の動向はgoogleアナリティクスでチェックすることができます。

ここでは内容を割愛しますが、googleアナリティクスの使い方もぜひSEOライティングとして学んでくださいね。

まとめ

SEOライティングのコツ10選

今回は、SEOライターが意識しているコンテンツ作成のためのコツや基本的に押さえておきたい10のポイントについてお伝えしました。

SEOライティングは、1記事書いて終わりではありません。クライアントから受ける外注でも自分で運営するブログでも、常に技術を磨いてレベルアップするためにも、記事やコンテンツを作りつづけることが大切です。

コツをつかむまではSEOライティングは難しいかと思うかもしれませんし、ちょっと面倒だなっと思うかもしれませんが、まずは今回の記事で紹介した10のポイントのうち、1つでも2つでも記事に反映し、少しづつ慣れていってくださいね。

では、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ:収入を増やす副業を一挙に紹介!専業主婦もできる在宅ワークはこちら

こちらの記事もおすすめ:初心者でも複業Webライターで月収5万円を稼ぐ方法!

下記のLINE@登録で「タイトルは何文字がいい?」が読めます。(LINE@登録後、メッセージで「タイトル文字数」と入力送信すると、副業ガイドからの返信メッセージで質問回答が読めるようになります)

この記事どうだった? 参考になった 参考にならなかった
参考になった×0
参考にならなかった×0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る