インタビュー記事

“SNSデザイナー”のとみこさんへSNSの魅力や活用法についてインタビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
とみこさん
The following two tabs change content below.
副業ガイド編集部

副業ガイド編集部

副業ガイド編集部。 ~あらゆる人に副収入を~をモットーに日々、副業や副収入に関する情報を発信していきます。LINEやTwitterでフォローをお願いいたします。

みなさんには、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSでお気に入りの投稿者さんはいますか?

または、情報収集としてよくチェックするwebメディアはありますか?

現在では、上記であげたコンテンツツール以外にも、さまざまな情報発信ツールが存在し、ビジネスからプライベートまで自由に活用されています。

ですが、SNSによる情報発信や集客へのアプローチって、思っている以上に難しい部分もありますよね。

そこで今回は、1万人のフォロワー数を持つWebメディア「cocorone」の編集長であると同時に、フリーランスのSNSデザイナーとして活躍するとみこさんにインタビューしてきました。

SNSの魅力や、活用法など、メディアを通して多くのユーザーから支持される理由など、会話を通して参考に出来る部分もあるかもしれません。

【とみこさんのご紹介】

インスタメディア「cocorone」の編集長であると同時に、フリーランスの“SNSデザイナー”として活躍。
企業メディアのSNS運用やコンサル、施策立案なども担当し、noteによるPR記事執筆など活動は多岐に渡る。
SNSの累計フォロワーは現在約4万人。

cocorone

SNSデザイナーになったきっかけ

インタビュアー
とみこさんがフリーランスで”SNSデザイナー”になったきっかけを聞かせてください。

とみこさん
私はもともと6年半ほどスターバックスの定員をしていたのですが、ある時一人当たりの影響力が小さいことに気がついたんです。

とみこさん
当時は接客を通して人と関われることが楽しかったんですけど、それだけでは目の前のお客さんにしか日々の癒し時間を届けられないと感じました。

とみこさん
そこで、webメディアを通して発信した方がもっといろんな人に情報を届けることが出来るんじゃないかという思いからweb業界に入り、改めて記事の執筆や発信の楽しさを感じたことが最初のきっかけです。

SNSの魅力は自分の「好き」を自由に発信できること

インタビュアー
SNSデザイナーとして意識していること、コンセプトなどはありますか?
とみこさん
コンセプトは特に作っていないのですが、当初から“親しみやすさ“は大切にしています。
例えば、初期の頃のSNSでは「今日のご飯はセブンのグラタンです」とか言っていましたね(笑)。
インタビュアー
確かになんか親しみやすさを感じますね!(笑)
ではSNSを使う時はどんな時ですか?
とみこさん
基本ずっと触っていますね。
TwitterとInstagramは朝朝チェックして、スマホをお風呂に持ち込む時もあります。もはや生活の一部ですね(笑)。
インタビュアー
SNSのどんなところが好きですか?もともと見るのも好きでしたか?
とみこさん
見るのも好きですね!うーん…なんで好きなんだろ(笑)。
インタビュアー
理由って案外なかったりもしますよね(笑)。
とみこさん
もしかしたら、子供の頃からなんですが、「自分の好きを人に伝えたがり」なのかもしれません。
とみこさん
例えば、このコスメすごくいいとか、昨日読んだ本がめちゃくちゃ面白かったとか、好きなものを人に話すことが好きだったんですよね。
とみこさん
だからみんなが自分の好きを自分のペースで好きなように発信できるのが、SNSの魅力の一つなのかなって思います。
インタビュアー
ずばりとみこさんにとってSNSとは?
とみこさん
私の中では「好きで繋がる優しい世界」というイメージです。

SNSの良さを生かす活用法

インタビュアー
SNSの発信で工夫や意識してることはありますか?
とみこさん
コメントやいいねをしてくれた人には、出来るだけいいねを返したり、細かく対応するようにしています。
インタビュアー
InstagramとTwitterどちらを多く使っていますか?
とみこさん
Twitterですね。
Instagramはどちらかと言うとビジュアルの世界ですが、Twitterはテキストや、投稿者のキャラクター性にフォロワーがつくことが多いと思います。
とみこさん
それとTwitterはリアルタイム性があって、拡散に強い。
ニュースやトレンドも拾いやすいことから、写真以外でも戦えるいいプラットフォームだと思います。

フリーランスになって変化したことは?

インタビュアー
会社員からフリーランスになって価値観や仕事観など変わった部分はありますか?
とみこさん
フリーランスになって、改めて会社員っていいなと思うことがあります。
よく「フリーランスは好きな事で生きていく」と言われていますが、全然そんなことないなって。
とみこさん
会社員だと自分の担当領域で好きなことを出来ることも多いと思うんですが、フリーランスだと営業や打合せ、経費計上など自分が苦手なところもすべて自分でやらなきゃいけません。
とみこさん
もちろん好きな事に触れる時間も多いのですが、苦手なことに向き合う時間も増えたなって思いますね。
インタビュアー
確かにすべて自分でこなす必要があるのは、フリーランスの難しさでもありますよね。
とみこさん
もともと私がフリーランスになったきっかけは、家庭と仕事を両立させるためにはフリーランスの方がやりやすいんじゃないかと思ったからなんです。
とみこさん
でもこの先、子供が生まれたら、もしかしたら会社員の方がいろんな制度やサポートも受けやすいのでいいのかなとも思ったりもします。

フリーランスになるための事前準備や仕事の獲得方法は?

インタビュアー
それではフリーランスとして、仕事を獲得していくコツ・方法などありますか?
とみこさん
私の場合、仕事の依頼がくるようになったのは、noteをやり始めてからなんです。
とみこさん
noteにツイッターの活用術や趣味のカフェ歩きのメモ等を公開していて、それを見たメディアさんがうちでSNS運営をやりませんか?って声をかけていただいて。
とみこさん
だからnoteがポートフォリオの代わりになっていたのかなと思います。
なのでもしweb業界でフリーランスとしてやっていくのであれば、SNSの活用は必要だと思います。
インタビュアー
とみこさんの仕事を選ぶポイントなどはありますか?
とみこさん
元々スタバ時代から人の生活を良くしたい、楽しい気持ちにしたい、そんな手伝いが出来たらいいなって思っていました。
とみこさん
なので身の周りにあるライフスタイルを良くしたいというのが仕事選びの基準になっています。
インタビュアー
将来フリーランスとして独立したい場合、心構えや準備した方が良いことなどありますか?
とみこさん
事前にクレジットカードを作っておくことですね(笑)。
自営業になると社会的な信用がなくなるので審査が厳しくなるんですよ。
とみこさん
だから収入の安定が保障されている会社員のうちに作っておくことをおすすめします。
とみこさん
あとはSNSを使って慣れておくことでしょうか。
例えばミエルカさんなどの有料ツールを導入している会社もあるので、会社に在籍しているうちに触って慣れておくことも大事かなと思います。
インタビュアー
それでは最後に、今後やってみたい事や目標などはありますか?
とみこさん
今まではSNSやメディア運営をやってきたので、これからはモノ作りなどもやってみたいと思い、今cocoroneで商品開発やECに向けて動いています。
インタビュアー
例えば、雑貨とかですか?
とみこさん
そうですね!なるべくいろんな人が手に取れるものを作ってみたいなって思っています。
とみこさん
あとは、noteの方でもコミュニティーを作っているので、そこももう少し大きくして将来的にはイベントなどもやってみたいなと思っています。
インタビュアー
ありがとうございました!

最後に

今回の取材を通して一番に感じたことは、とみこさんの温かい人柄かもしれません。

少し緊張しながらも、常に笑顔でゆっくりと話す姿勢は、SNSやメディアを通して感じられるとみこさんのイメージそのものだと感じました。

また、TwitterやInstagramなどのSNSやメディアを通して発信される情報の中にも、「誰かの日常に笑顔を届けたい」という思いが感じ取れるからこそ、多くのユーザーから支持される理由のひとつなのだと実感しました。

もし、SNS活用やメディア運営の方向性などで悩まれている方がいれば、少しだけユーザーとの距離感や、ユーザー目線を取り入れてみるのも良いのかもしれません。

副業ガイド編集部おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

副業リスト