主婦の副業

土日で副業!ウエディング動画撮影の営業体験!好きを仕事にする喜び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
土日で副業!ウエディング動画撮影の営業体験!好きを仕事にする喜び
The following two tabs change content below.
副業ガイド編集部

副業ガイド編集部

副業ガイド編集部。 ~あらゆる人に副収入を~をモットーに日々、副業や副収入に関する情報を発信していきます。LINEやTwitterでフォローをお願いいたします。

私は人と話すことや女性のキレイに関わることが好きで、アパレル関係で10年間勤め、その傍ら副業でウエディングの撮影関係の仕事をしていました。

「ウエディング関係でも副業ってあるの?」と思った方いませんか?

ウエディング関係の稼ぎ時は土日。この土日だけでも柔軟に動ける人であれば、ウエディングの副業は可能です。

具体的には、新郎新婦さんと披露宴の写真や動画の打ち合わせをしてご契約をいただくという仕事です。新郎新婦さんには専任のプランナーさんが付きますが、動画撮影や装花などは外部に依頼しているところが多いのです。

そこで登場するのが私たち。たった1時間だけの打ち合わせですが、新郎新婦さんの幸せな未来のスタートとなるべき日のお手伝いができることにとてもやりがいのある仕事内容なんです。

これから語る副業体験談は、人と関わる仕事が好きな人や女性の幸せやキレイを応援したい人に向けてご紹介したいと思います。

披露宴の撮影関係の副業を始めたいと思ったきっかけ

ウエディングの副業

その時結婚していた私は、主人の友人が撮影会社の経営をしていたので、披露宴の撮影の営業してくれる人を探していると聞きました。

本業のアパレルの方は不定期でしたが土日はどちらかが休みだったので、土日のうち1日だけならと言うことで受けることにしました。

また、私は女性がキレイになるという美容に関することが好きで、ウエディングの仕事には興味がありました。週1なら無理のない程度で楽しめると感じたのです。

関連記事:日本伝統文化の着物を着よう!着付け講師の副業を紹介!

ウエディングの副業をしてよかったこと

ウエディングの副業

このウエディングの撮影の仕事でよかったことは、やはり新郎新婦さんとの会話でした。

仕事内容の最終目的は、披露宴でのヒストリー動画、アルバム、エンドロール動画などのご注文をいただくことなのですが、やはり結婚式を楽しみにしている新郎新婦さんとの会話はとても弾み、こちらまで笑顔になります。1時間の会話はあっという間でした。

楽しみながら商品を提案できるというのはとても気持ちのいいものです。新郎新婦さんが結婚式に望むことは、「ゲストの方に喜んでもらえること」。

そのために、披露宴での写真や動画の演出は必要だと感じている新郎新婦さんが多く、必ずどれかは注文いただけていました。

私が所属していた会社では、時給プラス注文がもらえればその10%がインセンティブで支給されるシステムになっていたので、週一のシフトでも稼ぐことができたのが良かったと思っています。

本業と副業をするにあたって、気をつけていたこと

ウエディングの副業

副業をすることで必然的に休みは減ります。なので、私は副業をするなら自分の興味があること、好きなことをするのがいいと決めていました。

それでないと続けられないと思ったからです。また、アパレルでも接客をしていましたが、完全に客層は違いますし、新郎新婦さんとはその1回きりで終わってしまうということです。

その1回の接客はとても貴重で有意義なものにしなければなりません。そんな中で気をつけていたこととは・・・

  • 丁寧な話し方
  • メイクはナチュラルにすること
  • 親しみやすい雰囲気を作ること
  • 私語や談話はほどほどに

などに気をつけていました。

本業は私服でしたが、ウエディングの仕事に関してはスーツだったので特に身だしなみには注意しました。

また、私は結婚していたので、打ち合わせの中で自分の結婚式の時はどうだったかというアドバイスなども含めていましたが、その話に花が咲きすぎて営業の話ができなかったということもありました。

なので、私語や談話はできるだけ時間を決めて取り組むことが大事な仕事です。

ウエディングの副業をして辛かったと思ったこと

ウエディングの副業

ウエディング業界の稼ぎどきは土日です。

土日のうちどちらかがシフトで入ってしまうとゆっくり週末を過ごせないということがデメリットとして出てきます。本業の方で持ち帰りの仕事があった時は辛かったです。

また、新郎新婦さんとの打ち合わせは1回限りなので、どうやって心を掴むことができるかがポイントになってきます。

接客の技術が問われる職業だと感じ、最初のうちはなかなか注文を取れなかったのが辛かったことです。

関連記事:結婚相談所の開業は注目を浴びる人気の副業!収益化までの流れを徹底解説

ウエディングの撮影営業で月収はどれくらい稼げたか

ウエディングの副業

この副業を受けた一つに、給与の面があります。

時給は1,500円となり、注文が取れるとその注文代金の5%がインセンティブとしてプラスされることになっています。

例えば、

  • ヒストリームービー 100,000円
  • エンドロール(写真バージョン) 150,000円
  • エンドロール(動画バージョン) 200,000円

という金額設定になっているので、ヒストリームービーを注文された場合は、5,000円が支給されます。

時間は打ち合わせと事務所での処理を含め、だいたい2時間程度。

ヒストリームービーのみのご注文だった際の1日の給料は時給3,000円プラス5,000円となるので合計8,000円となります。

商品の種類はまだたくさんあるので、金額が大きいものをご注文していただけるとその分報酬も高くなります。

1日2時間程度でこの報酬額であれば、とても満足だと感じました。

ウエディングの撮影営業のやりがいとは

ウエディングの副業

ウエディングの撮影営業のやりがいは、やはり一生に一度の結婚式のお手伝いができるということです。

私たち営業チームがいて、実際に撮影するチームに新郎新婦さんから依頼された細かい依頼などを伝えるので失敗は許されません。

その責任が重大であるからこそ、常に緊張感を抱いて仕事に取り組まなければならず、仕事に対して責任感が強く、かつ丁寧にこなせる人が向いていると感じました。

新郎新婦さんに、「ゲストの人に感動してもらえてよかった」「注文してよかった」とプランナーさんを通して聞いたときは、嬉しかったです。

まとめ

ウエディングの副業

ウエディングの撮影営業の仕事は、新郎新婦さんと幸せな時間を共有できること、一生に一度の思い出のお手伝いをできることにはとても素敵な仕事だと思いましたが、その分責任がある仕事でもあると感じます。

これを本業にするとなると、「注文を取らなければならない」「失敗は許されない」ということがストレスに感じると思い、副業で週1、2で働くのが良いと感じました。

こちらの記事もおすすめ:私の副業体験談!結婚式の司会者で稼ぐ方法とは?

副業ガイド編集部おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

副業リスト