カラーコーディネーター

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

カラーコーディネーターという仕事は直接あるわけでなく、色彩に関わる知識を生かした仕事、例えば、デザイナーやクリエイター、アパレル、建築・インテリア、イラストレーター、ウェブデザインの仕事をする時には、間接的に役に立ちます。

特にデザイン関係の仕事、印刷、WEB関連の仕事をする場合、カラーコーディネーターの資格があると仕事はやりやすいです。

インテリアや色を考えた配置を決める場合にも役に立つ。3級は比較的簡単なので、実務では2級、特に1級が実務として使えるレベルといえます。
カラーコーディネーターの資格単体ではなく、その他の仕事のサポートの資格としての位置つけになり、単体では副業としてはなかなか成り立たないのが事実。実際にクラウドソーシングサイトで仕事を探しても、単体での仕事の募集はない。カラーコーディネーターの資格があれば優遇など、その他の仕事のプラスアルファとしての存在。

また、カラーコーディネーターの資格と共にインテリアコーディネーターの資格えお取得していると優遇されることとなるが、そのような人は副業として仕事をするよりは、自分で独立して事務所を立ち上げて、本格的に仕事をしたほうが収入となります。

 

関連記事:カラーコーディネーターの副業について!メリットデメリット、取得しておいた方が良い資格などを紹介!

副業ガイド編集部おすすめ記事

あなたにオススメの記事

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業リスト