スナック経営

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

カウンターで女性が接客している飲食店をいい、店の責任者はママと呼ばれています。

呼び名は、アルコールと軽食(スナック)を提供するというのが由来となっている。カウンターで客同士がコミュニケーションをとったり、カラオケをしたりして楽しみ、その補助としてアルコールやちょっとした料理が出されれます。

スナックをする場合、水商売の経験が特に必要というわけではないです。

人との対話力が必要で、その場を盛り上げる雰囲気を作ることが重要となる。また、常連客を作ることも重要で、人脈が大切となる。副業としてもできるが、夜遅くまで客を接待することを考えると、本業とバランスをとるのは至難の業です。

副業でするよりは、本業でする人が多いのが現実である。現在の法律では、スナックで接待することと深夜まで営業することを両立することが不可能となってます。接待するには風俗営業1号許可を取得する必要があり、24時までに客に帰ってもらわないといけなくなります。

逆に深夜0時以降酒を提供する場合は、深夜酒類提供飲食店営業開始届と提出する必要があり。風俗1号許可を取得できない。自分がどういったモノを売りにしたいのか、店のコンセプトなどをきちんと決めてから始めたほうが賢明です。

関連記事:スナック経営の副業について!収入やメリット・デメリット、仕事の内容や問題点などを徹底解説!

副業ガイド編集部おすすめ記事

あなたにオススメの記事

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業リスト