ネットショップ

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

自分で作ったアクセサリーや雑貨などを上手に売りたいと考える人は多く、実際にフリマアプリで販売している人もいます。

サービスもたくさんあるので、どこで販売したらいいのか分からない人も多いのでは。ネットでモノを販売する場合、初期費用、ランニングコスト、手数料、そして、集客について考える必要があります。

大手ショッピングモールは集客力があり、認知度と信頼度が高く、システム管理を自分でする必要がないのがメリット。その反面、費用や手数料が高く、他店と同じような製品は価格競争に巻き込まれることもあります。また、販売後の対応や送料等も考慮しないといけないです。

無料のサービスだとBASEやStore.jpが有名です。

メルカリなどのフリマアプリで販売する場合は、掲載する写真を慎重に選択する必要はあるが、手数料も多くとられないのがメリット。そのため、近年爆発的に知名度が上がった。ただ、自分のイメージするホームページがあって、自分が販売したい方法をきちんと持っている人には、あまり面白くないかもしれないです。

それでも、自分専用のホームページを作成するとなるとそれなりの費用がとかなりの時間が必要となることを忘れてはならない。副業としてするのであれば、費用対効果を考え、自分に合った販売形態を選択する必要があります。

関連記事:レディースファッションのネットショップ商品登録で副業する方法

副業ガイド編集部おすすめ記事

あなたにオススメの記事

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業リスト