レザークラフト

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

素材は皮革を使用し、革製品を作ったりする。革工芸、革手芸、皮革工芸、革細工などと呼ばれたりもする。レザークラフトをレザクラと短縮して呼ぶ人もいる。

実際に作業をする人も、革職人、レザークラフター、レザークラフトマン、革作家と色々な呼び名がある。材料は、国内で知名度の高い栃木レザー、クロムなめし革、白なめし革、コンビなめし革が使われます。種類は、牛、馬、羊、豚、ヤギ、鹿、ヘビ、ワニ、トカゲ、ゾウ、カバ、ダチョウ、エイ、サメ、カエルなどさまざまな種類があります。

革と一緒に金具やコンチョなどのパーツや装飾をし、染色、カービングなどでレザクラフトを楽しむことができます。

革を使うことで、唯一無二の製品を作ることができるので、趣味や副業でする人が多い。現在は、製品を販売する場所さえ見つければ、どこにいても販売できる時代なので、自分がどういうところでどういうモノを売りたいかマーケティング視点で考えてみることも必要です。

また、革製品は使えば使うほど、味がでてくるモノなので、諦めずに気長に販売してみるほうがいいです。

商品が売れうるようになってくれば、副業として充分成り立つ仕事である。性別や年齢に制限もないので、興味のある方は試してみるとよいです。

 

関連記事:レザークラフトの副業について!収入やメリット・デメリット、仕事の内容や取り組み方を徹底解説!

The following two tabs change content below.
副業ガイド編集部

副業ガイド編集部

副業ガイド編集部。 ~あらゆる人に副収入を~をモットーに日々、副業や副収入に関する情報を発信していきます。LINEやTwitterでフォローをお願いいたします。

副業ガイド編集部おすすめ記事

あなたにオススメの記事

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業リスト