動画編集

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

動画は文字や画像と比べ情報量が圧倒的に多いので、マーケティングツールとしても使われ、動画市場は右肩上がり。世の中に浸透したYoutubeは、Youtuberと動画編集の直接契約ができれば月20から30万稼ぐことも可能な副業です。

ウェディングムービーは、一本一万円が相場で、企業の商品紹介だと高いが作成時の自由度は低い。テレビCMは放映して終了だが、ネット動画はどういった人が見て、サイトにきているのかというデーだが取れるのがメリットです。

また、そのデータを見て広告を改善していけるのが最大のメリット。パソコンと編集ソフトさえあればいつでもどこでもでき、カット作業やテロップであれば隙間時間で簡単にできる。

動画編集の経験がない人は不安に思うかしれないが、一度やってしまうとそうでもないことに気付くはず。アウトソーシングサイトでも、動画編集の仕事が増加しているので、仕事はたくさんあります。

動画編集は仕入れも原価もなく、在庫もないので定期的に仕事をくれるクライアントさえ見つければビジネスとしては充分成り立つのである。動画マーケティングの能力もつければ、副業としてではなく本業にも活かせるとても魅力のある仕事です。

 

関連記事:動画編集の代行とはどんな仕事?給料・仕事内容・必要なスキル・受注の仕方について

副業ガイド編集部おすすめ記事

あなたにオススメの記事

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業リスト