翻訳

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

大きく3つに分けられ、実務翻訳、出版翻訳、映像翻訳がある。実名翻訳は、産業翻訳と言われることがあり、企業活動に関する文書全般、マニュアル、特許、医薬関連の文書の翻訳が主である。

海外で出版された書籍・雑誌の翻訳を行うのが出版翻訳で、映像と外国語音声を日本人むけに吹き替える台詞や字幕を作成することを映像出版という。副業として翻訳をする場合、パソコンがあればどこでも仕事ができ、自分自身のスキルアップになる。ただ、募集されている内容は翻訳経験○○年以上と掲載されているものが多いので、応募しても採用されるのは難しい。

クラウドソーシングサイトで翻訳サービスに登録することで翻訳の仕事を受ける確率が上がるが、試験を受験する必要があります。
収入の目安は1,000円から10万円と幅があります。勤務時間帯や勤務する曜日などは自分に合わせて比較的自由に決めれます。

翻訳の経験を積みたいという人には適しているので、経歴のためにも登録することは重要である。

まずは、現役翻訳者より低い単価で請け負い、高評価を得て次の仕事に繋げるのが先決である。最短でスキルが上達するには、とにかく実践ありきなので、少しでも多くの仕事をしてみることが重要となります。

 

関連記事:翻訳や添削の自宅でできる英語での副業

副業ガイド編集部おすすめ記事

あなたにオススメの記事

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業リスト