LINEスタンプ

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

2000年の9月4日に設立されたLINE株式会社が提供するコミュニーションツールLINE。

チャットする時に文字ではなく、その会話に合った画像を送ることで簡単に相手に用件や身持ちを伝えることができる機能です。

かわいいモノやユーモアのあるモノが多く、LINEを象徴する機能で、瞬く間に人気となった。相手のリアクションとして文字でなく、スタンプひとつですぐに応えることが可能で、面倒な文字入力から解放され、大変便利なツールである。最初はLINEが無料で提供するスタンプであったが、企業の宣伝や告知が目的であったため、使用期間が決まっていました。

スタンプショップで有料で販売されているスタンプを使用することで、使用期限がなく使用できるメリットがある。LINEスタンプを販売する場合、まずLINE Creators Marketに登録し、スタンプを審査

例えば、スタンプ1セットの価格が120円の場合、収益分配率は35パーセントなので収益は42円となり、そこからさらに源泉徴収が引かれることとなります。

LINEから認められた公式スタンプの場合は、収益分配率は下がるものの公式からのプッシュで大量に販売ができます。

2014年から販売が開始され、副業としてはかなりの収益となると話題であったが、種類が7万を超え、現在では販売してもなかなか売れないのが現実。市場が飽和状態であり、副業としてするよりは、趣味で自分の好きなスタンプを作れるツールと考えるほうが向いてます。

関連記事:LINEスタンプの作り方〜素人でも出来た製作とマーケティング〜

副業ガイド編集部おすすめ記事

あなたにオススメの記事

  • twitterTweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket

副業リスト